質の良い睡眠を求めるには?

日本人の5人に1人が不眠に悩んでいるそうです。寝つけない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、充分な睡眠感がない、日中猛烈に眠くなる、といった不眠の症状・・・質の高い睡眠を摂る方法とは?

view338

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 太古の昔から人は、日の出とともに起き日没とともに眠るという生活を送ってきました。忙しい現代、不眠はあきらめなければいけない症状なのでしょうか? 

  • 短時間睡眠でも「質のいい睡眠」があれば、脳もカラダも充分に元気回復することが可能です。

  • 【睡眠用BGM】 究極に眠れる癒しの音楽 【α波】 - YouTube

  • ここで不眠の原因や質のいい睡眠のためのポイントを知って、「快適&熟睡!短時間睡眠」を!

  • 「不眠」とは「睡眠障害」です。

    ・寝つき・・・なかなか寝つけない
    ・睡眠中・・・夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅い
    ・目覚め・・・朝早く目覚めてしまう、起床時に疲れがとれていない、熟睡感がない
    ・日 中・・・激しい睡魔に襲われる

  • 欧米では「不眠は病気」ととらえ、専門家に診断してもらうことが普通ですが、日本では生活習慣のひとつとして我慢しているケースが多いのが特徴です。

  • 【睡眠用BGM】快適な眠りを誘うヒーリング系音楽【α波】 - YouTube

  • 多くの現代人が不眠に悩むのは、大きく乱れてしまった人間の生活リズムに原因があります。

  • 人間のカラダと脳は朝起きて夜寝るように作られていて、何万年もそのように機能してきました。それは、地球上の1日の単位24時間と、人間の体内時計(1日25時間)との1時間のズレを修正するために備わった大事な仕組みでした。

  • 人の生活は劇的に変化し、夜、太陽のない時間でも起きて活動するようになりました。残業、飲み会、テレビ、ゲーム、メール等、本来眠っているはずの時間に脳は覚醒したままになり、うまく眠ることができなくなってしまったのです。

  • 眠りたいのに眠れない人を眠りに誘う睡眠音楽【安眠・快眠・不眠症】 - YouTube

  • 睡眠の最大の目的は「脳の休息」です。起きている間、常に働き続けている脳は、睡眠の間だけ休むことができます。その間に脳は休息し日中蓄積した情報整理の為の作業をします。「質のいい睡眠」とは、脳が十分休息できる睡眠ということです。