肌の水分量を上げるための基礎知識・知ってましたか?水分量を増やす3つの要素とは!?

肌の水分量を上げると言っても、肌の水分量を決定するのは何でしょうか?
実は、肌の水分量を決定する要素は、医学的に明らかになっています。
その要素は3つ。
見てみましょう。

view297

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌の水分量を上げる三要素

  • 皮膚の保湿、水分量を決める要素は「皮脂」、アミノ酸などの「天然保湿因子」、角質細胞間の脂の膜「角質細胞間脂質」の三つです。
    出典 :日本臨床皮膚科医会-皮膚の日
     

    ずばり、この3つです。
    少し難しい言葉が出てきたのでひとつひとつ解説します。

  • 皮脂

  • 皮脂(ひし、英: Sebum)は、皮脂腺から分泌される脂肪などを含むエマルション様の液体である。成分はグリセリン脂肪酸エステルである。
    出典 :皮脂 - Wikipedia
  • 皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂(油分)と
    汗腺から出る汗(水分)によって構成された天然のクリームです。
    出典 :皮脂膜の重要性(肌乾燥を防ぐ保湿対策)
  • この皮脂膜は、外界の刺激から肌を保護すると共に、 肌表面の水分蒸散を防ぐという重要な役割を果たしています。しかし、30歳をピークに、皮脂分泌が低下してしまい、肌表面を保護する皮脂膜も減少することから、様々な肌トラブルが起こってしまいます。
    出典 :三大特徴①|ジュテーム化粧品
  • 皮脂が不足して皮膚が乾燥している場合は、皮脂を補うつもりで保湿クリームなどを使用するのが望ましく、バランスの取れた食事(緑黄色野菜や魚を多く)や十分な睡眠やストレス解消などにより過剰な皮脂分泌を抑えるのが大切です。
    出典 :宮の森スキンケア診療室(基礎知識)
  • 天然保湿因子(NMF)

  • 天然保湿因子 [natural moisturizing factor]

     皮膚に元来備わっている保湿成分の総称.自然保湿因子ともいい,NMFと略記される.
    出典 :天然保湿因子|化粧品用語集:SCCJ 日本化粧品技術者会
  • NMFは、Natural Moisturizing Factor のことで、天然保湿因子と言ったりします。

    新陳代謝の過程でタンパク質が分解されて放出したアミノ酸が主な成分で、
    その他にPCA・乳酸塩・ミネラル・糖類などから構成されていています。

    出典 :細胞間脂質とNMF成分について(肌乾燥を防ぐ保湿対策)
  • NMFの減少には、お肌のターンオーバーが大きく関係します。加齢や睡眠不足、過労などが原因でお肌の生まれ変わる周期が乱れると、古い角質がはがれ落ちずにたまってNMFが肌表面までたどりつけなかったり、NMF自体がつくられなくなり、乾燥しやすくなります。
    出典 :デルメッド|きれいの皮膚学 第6回 NMF(天然保湿因子)とは?
     

    ターンオーバーのケアをしましょう。

  • 角質細胞間脂質とラメラ構造

  • 表皮における角質層(Stratum corneum)  Mikael Häggström, based on work by Wbensmith

     

    悪者にされがちな角質層は肌の水分量を上げるために必要な器官です。

  • 細胞間脂質は角質層の細胞と細胞の隙間を埋める役割をしており、水-脂質-水-脂質-水…と規則正しく交互にサンドイッチのような層を成している。この薄い結晶の面構造が人体におけるラメラ構造(ラメラストラクチャー=液晶構造)である。
    出典 :ラメラ構造 - Wikipedia
  • ラメラ構造は脂質と水分がサンドイッチ状に積み重なったミルフィーユのような構造をしています。
    出典 :ラフィノースが肌の奥の隠れ乾燥を改善する|研究開発/製造|FANCL ファンケル
     

    少しイメージしやすくなりました。

  • ラメラ構造が乱れるとお肌が乾燥したり、刺激に弱い敏感肌になってしまいます。

    つまり、健康なお肌を保つには『角質層』を整えることが大切なのです。
    出典 :スキンケア革命 ラメラ美容法|ラメラ公式サイト
  • しかし、この大切なラメラ構造は、加齢や外的刺激などにより構造が崩れ、本来のバリアや保湿の機能が果たせなくなってしまうと、乾燥や気になる年齢肌・アトピーなどのさまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。
    出典 :株式会社ビューティ・ミッション|リポコラージュ|セルベスト公式
     

    加齢は避けられませんが、機械的刺激には注意しましょう。

  • 洗顔で角質を傷つけると、ラメラ構造も乱れ、潤いを失う原因
       になってしまいます。
    出典 :秋のスキンケア
     

    洗顔は手と泡で優しくね。