不眠症を解消?ストレスの多いあなたへ。

ストレスの多い現代社会、不眠症に悩まされる方はいらっしゃいませんか?
眠れない日が続くと体調にも異常をきたしますし、精神状態も更に悪くなり悪循環です。
不眠症の解消を目指して治療していきましょう。

view408

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症の症状

  • ただ眠れないだけではありません

     

    不眠症にはいくつか種類があります。

  • 入眠障害
    入眠障害は、布団に入っても中々寝付くことが出来ないというパターンの不眠症です。 この症状に悩まされている不眠症患者は最も多く、「早く眠らないと明日に差し障る」と考えてしまうことで、より深刻な不眠症になってしまうことが多いようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • 中途覚醒
    眠りについたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう症状が中途覚醒です。 生活リズムの乱や、飲酒、ストレスが原因となることもあるようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • 熟眠障害
    充分な時間眠りについているはずなのに、朝起きてみるとどうもすっきりしない。体が疲れたままの状態にある。そんな症状が熟眠障害に分類されます。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • 早朝覚醒
    朝早く目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない症状が、早朝覚醒に該当します。
    身体は疲れているのに早起きしてしまって、もう一度眠ることが出来ないといった場合は、早朝覚醒を疑ったほうがいいのかもしれません。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • 疲れが溜まっていて日中も眠たく感じる、早くに目が覚めてしまい、そこから目が冴えてしまった。そんな何気ない症状も不眠症かもしれないという事ですね。

  • 不眠症の原因は?

  • 体調不良からなる不眠
    時差ボケなどの環境による不眠
    ストレスからくる心理的不眠
    うつ病が原因での不眠
    アルコールや薬による不眠
    出典 :不眠症の原因は5つ|不眠症人口は実に20%を超える
  • 就寝時間中になっても脳を興奮させてしまっている状態の原因には、次のようなものがあります。

    日中の過度のストレスを落ち着かせることなく寝床に入った時
    生活リズムが不規則で体内リズムが混乱してしまっている時
    就寝前に強い光や音の刺激を受けている時
    カフェインの入っている飲料を就寝前に飲んでいた時
    就寝4時間前以降に食べ物を食べた時
    一日中部屋の中にいて体内リズムが整っていない時
    就寝前も頭や身体を使って刺激を与えていた時
    鬱病などを患わっていて、不安やストレスを強く感じている時
    睡眠薬を内服していて急に辞めた時
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • ストレスによる不眠、不安のよる不眠はとても多いようです。皆さんは大丈夫ですか?

  • 解消方法

  • おかしいと思ったら病院へ

     

    不眠症への不安から余計にストレスが掛かってしまいます。これは…と思ったらお医者さんを頼りましょう。

  • 不眠症治療のベースは、生活リズムを整えることと、毎日の食事と運動を工夫することが一番です。体内時計を調整するには、朝に太陽の光を浴びること、決まった時間に寝起きすることが大切。
    出典 :不眠症治療と改善ルーム
  • 運動に関しては、とくに時間帯に注意し、寝る前にはけっして激しいエクササイズをしない注意が必要です。運動の時間帯さえ気をつければ、日中の肉体的疲労が大きいほど睡眠物質が作られるため、夜の眠りが深くなります。
    出典 :不眠症治療と改善ルーム
  • 患者さんそれぞれの症状や不眠のタイプなどによって、効果の長さでお薬を選択したり、複数のお薬を組み合わせたりして使い分けられています。医師の指示に従い、正しく使えば、不眠が解消し、快適な日常生活を送ることもできます。
    出典 :不眠症の治療とは? |お薬を使う治療(薬物療法) | 体内時計.jp
  • 不眠症のお薬を怖がる方も多いですが、お医者さんと相談してきちんと診てもらえば、自分の症状に合った適切なお薬を出してもらう事が有ります。安易に市販薬で済ませるよりずっと安全かもしれませんよ。