体温を上げるツボで体ポカポカ!低体温をやっつけよう!

view7490

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 今、話題になっている「低体温」をあなたは知っていますか?
    本来、私達人間の体温の平均は36.5℃くらいであり、これは体内の酵素が最も活性化され、働いてくれる温度です。低体温だと酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気になりやすいとの事。あなたの生理不順は低体温が原因かも?!

  • 低体温とは

  •  
  •  
     

    低体温になると、一般的に血行が悪くなり、免疫力が低下し、疲労やアレルギー、生活習慣病などの多くの病気にかかりやすい状態になるといわれています。また婦人科疾患は低体温や冷えが関係するといわれています。
    健康な人の基礎体温は約36.5℃。細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つと言われています。 低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、この場合、新陳代謝が悪くなり、体温が下がり、基礎代謝が低下するため、体調を崩す原因になることも考えられます。

  • 低体温の怖さ

     
     

    体温が低下すると、新陳代謝が低くなるとともに、臓器の働きも鈍くなります。心臓や肝臓、腎臓などの働きが不活発になって、様々な不調が起きてくるのです。また、身体の免疫力も低下して、病気にかかりやすくなります。

     人間は、理想体温から5℃上昇し41℃~42℃になっても生きられますが、5℃低下すると死んでしまいます。つまり、体温が低いということは、生命にとってそれだけ危険な状態なのです。
       
     さらに、体温が下がると精神的な活動も低下します。うつっぽくなったり、集中力が低下したり、ボーッとして眠くなるなど、心の面にもトラブルが起こりやすくなるのです。

     低体温(35℃)だと、自律神経失調症、生理不順などを招き、若い方が低体温のまま更年期に入ると更年期障害は重くなります。また新陳代謝が低いため、肌の細胞の入れ替わりが遅く、汚れたコラーゲンを長く留めることになり、肌はくすみやすくなります。

     通常は風邪等のウイルスに感染すると、体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、低体温では内臓の温度が上がりにくく抵抗力が弱まり、風邪が治りにくくなったり、病気を引き起こしやすくなるのです。

  • 低体温は悪循環・・・。あなたは低体温ではないですか?

     
     

     冷え症は女性に多く、実際に手足の冷えや、下腹部冷えなど自覚症状を感じやすいものです。
     一方「低体温」は、自覚していない人が多いようです。特に女性の場合には、排卵前の低温期が非常に低いケースもあるなど、わかりにくいようです。
     一般的に「冷え性」はからだの表面の一部が冷たくなり、自覚しやすいのですが、「低体温」は体の内部の全体的な「冷え」で自覚しにくいのが特徴です。
    「自分は冷えていない」と思っていても・・・・こんな症状ありませんか?

      ★肩こり、頭痛、腰痛、生理痛
      ★アレルギー症状
      ★生理不順、不妊症
      ★むくみがあり、便秘がちで、肥満傾向がある
      ★なんとなく落ち込みがちで、やる気がない

    こんな症状がある方は低体温気味かも知れません。
    わきの下の平均体温が36.2度以下の方は要注意です。

  •  
  • 低体温の症状

     
     

    低体温(35℃)だと、更年期障害、新陳代謝の低下による肌のくすみ、自律神経失調症、生理不順などを招くことが考えられます。

    低体温・冷えは万病の元ともいわれ、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現れてきます。

    また、かぜ等のウイルスに感染すると、通常は体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、低体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が弱まり、かぜが治りにくくなります。

  • なるほど・・・低体温は万病の元ですね。生理不順の方、低体温ではないですか?思い当たったら対処していきましょう!

  • 低体温の人にあらわれる、特徴的なサイン

  •  
  •  
     

    思い当たることが多くて驚きませんか?!

  • 低体温の原因となる生活習慣の例

  • 冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ

     
     

    冷たい食べ物や甘い食べ物は
    身体を冷やしてしまい、低体温の原因となります。

  • ダイエット

     
     

    食べない系ダイエットをすることで、ミネラル・ビタミンのバランスが崩れています。

  • 運動不足

     
     

    運動不足になると、血液を送る筋力を刺激しない状態が続き、
    筋力が低下し、低体温になりやすくなります。

  • 過度のストレスによる血行不良

     
     

    最近では、過度のストレスがかかることで血行不良が起こることがあり、
    これも低体温の一因としてあげられます。

  • 冷暖房などが整っている住環境

     
     

    身体の体温を調節する機能が鈍くなることが
    低体温の原因だと考えられます。

  •  
  •  
  • 低体温改善方法

  •  
     

    毎日の生活習慣を見直して低体温から脱出しましょう!

  •  
     

    毎日の生活習慣を見直しましょう!

  •  
  • 冷たい食べ物や甘い食べ物をたくさん採りすぎないようにしましょう!

     
     

    糖分には身体を冷やす作用があり、低体温の原因となるので、できるだけ避け温かい飲み物を飲んだり、温かい食べ物を食べたりして身体の中から体温を上げる意識をしてみましょう!

  • 旬の野菜や果物を摂取しましょう

     
     

    旬の野菜や果物を摂取すると低体温改善の効果が得られると言われています! 食べない系のダイエットは避け、バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給を補給しましょう!必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。

  • 適度な運動をすることで、低体温を改善しましょう。

     
     

    運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛えましょう!。ウォーキングやスクワット・スロートレーニングなど、身体に負担がかからない程度で毎日続けられる運動がオススメです。

  • 半身浴

     
     

    少なめに溜めたお風呂にゆっくり半身浴すると効果的です。発汗作用を促し、 代謝を上げやすい身体を作ります。これも毎日続けることで、汗をかきやすく体温の上がりやすい体質への改善につながります。

  • お酒の飲みすぎに気をつけ、タバコを控えましょう!

     
     

    タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。お酒の採りずぎも、体温を下げ、また肝機能の低下から低体温につながる場合もあるため、節度を保った喫煙・飲酒を心がけましょう!

  • 体温を上げるツボで低体温改善!

  • 三陰交(さんいんこう)

     
     

    内側のくるぶしから、指3~4本くらいの高さの部分にあるツボです。
    低体温のみならず、生理不順や不妊症にも効果がありますので、
    ご存知の方も多いのでは?
    親指で、深いところまでグーっと力強くと押し込んでください!

  • 体温を上げるツボ

     

    三陰交(さんいんこう)

  • 湧泉(ゆうせん)

     
     

    足の指を曲げてみてください。
    その時、土踏まずより少し指寄りの、くぼみの中にあるツボです。
    全身の血液の循環を促進する効果が期待できますので、身体中ポカポカ◎
    親指で痛くなるまで押し続けてみてください!

  • 体温を上げるツボ

     

    湧泉(ゆうせん)

  • 気端(きたん)

     
     

    足の指先にあるツボ。
    指先をつまむようなイメージで揉んでみてください。

  • 行間(こうかん)

     
     

    足の親指と人差し指、付け根部分にあるツボです。
    2本の指間を押し広げ、グーっと押してみましょう。

  • 体温を上げるツボ

     

    血海(けっかい)

  • 体温を上げるツボ

     

    八風(はっぷう)

  • 体温を上げるツボ

  •  
  •  
  •  
  • ”ながら”でできるツボ押し、生活に取り入れて、低体温から脱出しましょう!