体温を上げるツボで体ポカポカ!低体温をやっつけよう!

今、話題になっている「低体温」をあなたは知っていますか?
本来、私達人間の体温の平均は36.5℃くらいであり、これは体内の酵素が最も活性化され、働いてくれる温度です。低体温だと酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気になりやすいとの事。あなたの生理不順は低体温が原因かも?!

view6721

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 低体温とは

  • 「低体温」というのは病名ではありません。医学的に厳密な定義があるわけではありませんが、一般的に36度未満の体温のことを「低体温」と呼んでいます。人間の身体は本来、常に36度~37度くらいを保てるようになっています。体温が下がりすぎている場合は、毛穴を閉じたり皮膚の表面の血管を細くしたりして熱が逃げるのを防ぎ、エネルギーを燃やして熱を作ろうとします。
    何らかの原因で体温が35度台になってしまうと、低体温ということになります。女性の場合、基礎体温をつけてみると普段の体温がどのくらいなのかが把握しやすくなります。
    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|低体温について
  •  

    低体温になると、一般的に血行が悪くなり、免疫力が低下し、疲労やアレルギー、生活習慣病などの多くの病気にかかりやすい状態になるといわれています。また婦人科疾患は低体温や冷えが関係するといわれています。
    健康な人の基礎体温は約36.5℃。細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つと言われています。 低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、この場合、新陳代謝が悪くなり、体温が下がり、基礎代謝が低下するため、体調を崩す原因になることも考えられます。

  • 低体温の怖さ

     

    体温が低下すると、新陳代謝が低くなるとともに、臓器の働きも鈍くなります。心臓や肝臓、腎臓などの働きが不活発になって、様々な不調が起きてくるのです。また、身体の免疫力も低下して、病気にかかりやすくなります。

     人間は、理想体温から5℃上昇し41℃~42℃になっても生きられますが、5℃低下すると死んでしまいます。つまり、体温が低いということは、生命にとってそれだけ危険な状態なのです。
       
     さらに、体温が下がると精神的な活動も低下します。うつっぽくなったり、集中力が低下したり、ボーッとして眠くなるなど、心の面にもトラブルが起こりやすくなるのです。

     低体温(35℃)だと、自律神経失調症、生理不順などを招き、若い方が低体温のまま更年期に入ると更年期障害は重くなります。また新陳代謝が低いため、肌の細胞の入れ替わりが遅く、汚れたコラーゲンを長く留めることになり、肌はくすみやすくなります。

     通常は風邪等のウイルスに感染すると、体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、低体温では内臓の温度が上がりにくく抵抗力が弱まり、風邪が治りにくくなったり、病気を引き起こしやすくなるのです。

  • 低体温は悪循環・・・。あなたは低体温ではないですか?

     

     冷え症は女性に多く、実際に手足の冷えや、下腹部冷えなど自覚症状を感じやすいものです。
     一方「低体温」は、自覚していない人が多いようです。特に女性の場合には、排卵前の低温期が非常に低いケースもあるなど、わかりにくいようです。
     一般的に「冷え性」はからだの表面の一部が冷たくなり、自覚しやすいのですが、「低体温」は体の内部の全体的な「冷え」で自覚しにくいのが特徴です。
    「自分は冷えていない」と思っていても・・・・こんな症状ありませんか?

      ★肩こり、頭痛、腰痛、生理痛
      ★アレルギー症状
      ★生理不順、不妊症
      ★むくみがあり、便秘がちで、肥満傾向がある
      ★なんとなく落ち込みがちで、やる気がない

    こんな症状がある方は低体温気味かも知れません。
    わきの下の平均体温が36.2度以下の方は要注意です。

  • 【低体温の症状】

    ほとんど自覚症状が無い人の方が多いでしょう。気づきやすい症状としては、手足が冷えやすい、常に指先が冷たいといった「冷え性」の症状です。
    低体温になると、身体の中の「酵素」という物質がうまく働かなくなるので、消化が悪くなったり疲れやすかったり、免疫力が落ちたりします。常に身体が冷えていて風邪を引きやすい人は、低体温のせいで抵抗力が落ちている可能性もあるので要注意です。
    また、低体温になると血行も悪くなるのでむくみや腰の重さ、月経痛や月経不順などの症状を引き起こすこともあります。
    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|低体温について
  • 低体温の症状

     

    低体温(35℃)だと、更年期障害、新陳代謝の低下による肌のくすみ、自律神経失調症、生理不順などを招くことが考えられます。

    低体温・冷えは万病の元ともいわれ、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現れてきます。

    また、かぜ等のウイルスに感染すると、通常は体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、低体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が弱まり、かぜが治りにくくなります。

  • なるほど・・・低体温は万病の元ですね。生理不順の方、低体温ではないですか?思い当たったら対処していきましょう!

  • 低体温の人にあらわれる、特徴的なサイン

  • ■体温が 36.2度以下になっている
    ■手足はほてっているのにお腹が冷たい
    ■目の下にクマができやすい
    ■手のひら、顔、鼻の頭が赤い
    ■はぐきの色が濃い、唇が紫っぽい
    ■生理不順・不正出血がある
    ■肩こり・頭痛・腰痛・生理痛があり、便秘がち

    色が白くて筋肉が柔らかい、なんとなくいつも気分が落ち込みがちで、やる気がわかないという人も体の内部が冷えている可能性があります。
    出典 :低体温に注意!冷えが不妊の原因に | ラルーン
  • 「自分は冷えていない」と思っていても・・・・こんな症状ありませんか?

    ★肩こり、頭痛、腰痛、生理痛
    ★アレルギー症状
    ★生理不順、不妊症
    ★むくみがあり、便秘がちで、肥満傾向がある
    ★なんとなく落ち込みがちで、やる気がない

    こんな症状がある方は低体温気味かも知れません。わきの下の平均体温が36.2度以下の方は要注意です。

    冷え症は女性に多く、実際に手足の冷えや、下腹部冷えなど自覚症状を感じやすいものです。一方「低体温」は、自覚していない人が多いようです。特に女性の場合には、排卵前の低温期が非常に低いケースもあるなど、わかりにくいようです。
     一般的に「冷え性」はからだの表面の一部が冷たくなり、自覚しやすいのですが、「低体温」は体の内部の全体的な「冷え」で自覚しにくいのが特徴です。
    出典 :「低体温」について
     

    思い当たることが多くて驚きませんか?!

  • 低体温の原因となる生活習慣の例

  • 冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ

     

    冷たい食べ物や甘い食べ物は
    身体を冷やしてしまい、低体温の原因となります。

  • ダイエット

     

    食べない系ダイエットをすることで、ミネラル・ビタミンのバランスが崩れています。

  • 運動不足

     

    運動不足になると、血液を送る筋力を刺激しない状態が続き、
    筋力が低下し、低体温になりやすくなります。

  • 過度のストレスによる血行不良

     

    最近では、過度のストレスがかかることで血行不良が起こることがあり、
    これも低体温の一因としてあげられます。

  • 冷暖房などが整っている住環境

     

    身体の体温を調節する機能が鈍くなることが
    低体温の原因だと考えられます。

  • 代謝に関係するホルモンの中で「甲状腺ホルモン」が足りなくなると、低体温になることがあります。冷え・疲れやすさ・むくみ・血圧の低下などがある人は、一度甲状腺機能を調べてもらった方がいいでしょう。

    明らかな病的原因がない場合、低体温の原因のほとんどは生活習慣によるものです。
    痩せすぎ・運動不足・薄着・バランスの悪い食事・身体を冷やす食べ物のとりすぎ・喫煙・シャワーのみの入浴・夏場の冷房のあたりすぎなど、日常生活の中で身体を冷やしたり血行を悪くしたりすることを繰り返していないかチェックしてみてください。
    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|低体温について
  •  低体温の原因は生活習慣にあると考えられます。
     特に、食生活の乱れが低体温の主な原因です。例えば、加工精製食品の取りすぎの傾向により、タンパク質・脂肪・糖分の過剰摂取の反面、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。
     
    また無理なダイエットをすると、更にミネラル・ビタミンは不足してしまいます。この食生活の乱れや無理なダイエットによるミネラル・ビタミンの不足が、低体温、生理不順、貧血などを引き起こす重要な原因になっています。
    出典 :「低体温」について
  • 低体温改善方法

  • ホルモン異常などの明らかな原因がある場合は、その治療をする必要があります。

    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|低体温について
     

    毎日の生活習慣を見直して低体温から脱出しましょう!

  • ■特に病気が無い場合は、生活習慣の見直しが大事です。
    ■適切な体重を保てるよう必要最低限のカロリーは摂る。
    ■1回30分以上の運動を週2~3回以上する。
    ■腰周りや足の裏を冷やす服装は避ける。
    ■インスタント食品・嗜好品や甘いものを控える。
    ■タバコを吸わない。
    ■入浴は30分以上湯船につかる。
    ■暑い時期には冷房はできるだけ使わず、定期的に汗をかく機会をつくる。などなど。

    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|低体温について
     

    毎日の生活習慣を見直しましょう!

  • 冬に旬を迎える食べ物や発酵食品は身体を温める作用があるので、積極的に食べましょう。
    また、岩盤浴やホットヨガなどを行うのもお勧めです。自宅で手軽にできるのは、足浴やアロマバスです。
    レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のアロマは血行をよくする作用があります。ジンジャーなどのハーブティーと組み合わせてリラックスタイムを作ってもいいですね。

    どうしても低体温が改善しない場合は、病院で身体を温める作用のある漢方薬を処方してもらう方法もあります。婦人科または漢方専門医に相談してみてもいいでしょう。
    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|低体温について
  • 冷たい食べ物や甘い食べ物をたくさん採りすぎないようにしましょう!

     

    糖分には身体を冷やす作用があり、低体温の原因となるので、できるだけ避け温かい飲み物を飲んだり、温かい食べ物を食べたりして身体の中から体温を上げる意識をしてみましょう!

  • 旬の野菜や果物を摂取しましょう

     

    旬の野菜や果物を摂取すると低体温改善の効果が得られると言われています! 食べない系のダイエットは避け、バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給を補給しましょう!必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。

  • 適度な運動をすることで、低体温を改善しましょう。

     

    運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛えましょう!。ウォーキングやスクワット・スロートレーニングなど、身体に負担がかからない程度で毎日続けられる運動がオススメです。

  • 半身浴

     

    少なめに溜めたお風呂にゆっくり半身浴すると効果的です。発汗作用を促し、 代謝を上げやすい身体を作ります。これも毎日続けることで、汗をかきやすく体温の上がりやすい体質への改善につながります。

  • お酒の飲みすぎに気をつけ、タバコを控えましょう!

     

    タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。お酒の採りずぎも、体温を下げ、また肝機能の低下から低体温につながる場合もあるため、節度を保った喫煙・飲酒を心がけましょう!

  • 体温を上げるツボで低体温改善!

  • 三陰交(さんいんこう)

     

    内側のくるぶしから、指3~4本くらいの高さの部分にあるツボです。
    低体温のみならず、生理不順や不妊症にも効果がありますので、
    ご存知の方も多いのでは?
    親指で、深いところまでグーっと力強くと押し込んでください!

  • 体温を上げるツボ

     

    三陰交(さんいんこう)

  • 湧泉(ゆうせん)

     

    足の指を曲げてみてください。
    その時、土踏まずより少し指寄りの、くぼみの中にあるツボです。
    全身の血液の循環を促進する効果が期待できますので、身体中ポカポカ◎
    親指で痛くなるまで押し続けてみてください!

  • 体温を上げるツボ

     

    湧泉(ゆうせん)

  • 気端(きたん)

     

    足の指先にあるツボ。
    指先をつまむようなイメージで揉んでみてください。

  • 行間(こうかん)

     

    足の親指と人差し指、付け根部分にあるツボです。
    2本の指間を押し広げ、グーっと押してみましょう。

  • 体温を上げるツボ

     

    血海(けっかい)

  • 体温を上げるツボ

     

    八風(はっぷう)

  • 体温を上げるツボ

  • 低体温にはツボマッサージが効くらしい!…と分かっていても、
    自分でツボ押しをする場合には、
    「1日何回くらい押したらいいの?」
    「1回に何分くらい?」…といった疑問が生じます。

    その人の体質や当日の体調にもよりますが、
    基本的に1日に何回刺激してもかまわないのだそう!

    また、1回当たりの時間にも制限はないようです。
    出典 :低体温に効くツボ
  • 問題は刺激の強度!
    あざができるほどの強い刺激はNGです。

    押してみて、
    「痛いけど気持ち良いな」と感じられる程度がベストです。

    ちなみに、時間帯としては、就寝前と起床後がより効果的!
    特に、低体温の人は体温が上がりきらないまま出かけているケースが多いもの。
    起き掛けのツボ押しで血行を促し、元気に1日をスタートさせましょう。

    出典 :低体温に効くツボ
  • ※入浴前後は、血行が良くなっているために、ツボ刺激で気分が悪くなる場合があります。
    疲れが溜まっているときや、満腹時など同様。体調と相談しながら行いましょう!
    出典 :低体温に効くツボ
  • ”ながら”でできるツボ押し、生活に取り入れて、低体温から脱出しましょう!