みんなで昼寝をしよう!!昼寝には凄い効果があった!!気になるまとめ☆☆

大人も昼寝をすることで体に良い効果が得られるって知ってましたか???
気になる昼寝の効果について情報をまとめてみました!!
明日から是非実践してみましょう!!

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大人も昼寝すると良いの???

  • 昼食後、睡魔に襲われた経験はありませんか?何とか目を覚まそうとしてコーヒーやお茶などカフェイン入り飲料を飲む方も多いのではないでしょうか。
    仕事や家事、勉強の妨げになると考えられている睡眠欲ですが、睡魔の誘いのままに寝てしまうことで、疲れた午後に元気や活力を取り戻せることは御存知でしょうか。
    出典 :お昼寝のススメ!短時間睡眠が与える効果とは? | 美容ブログ [女性の美学]
  • 昼寝との格闘よりも昼寝してしまうのがおすすめです!!

     

    眠気を感じた時は、排除しようと長時間格闘するよりも、数十分でもお昼寝したほうが午後の仕事や勉強がはかどるのではないでしょうか。「でもそんな時間が無い」と言う方へ、まずはお昼寝の効果をご紹介しましょう。

  • 「1時間の昼寝は、夜の睡眠の3時間分にあたる」と言われています。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    そんな凄い効果があるの!!と驚いてしまう人も多いはず!!
    是非実践してみましょう!!

  • 適当なお昼寝時間はどのくらい?

  • お昼寝の効果がわかっても1時間~2時間程度も仕事や勉強を止めることは出来ないと思われるかもしれませんが、実際に必要な時間は20分程度と言われています。
    ポイントは目覚まし時計などで起きる時間をセットし、20分経過したら必ず起きることです。
    出典 :お昼寝のススメ!短時間睡眠が与える効果とは? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    頑張って20分で起きるくせをつけるようにしましょう!!

  • 昼寝の効果はどんな物があるの???

  • •記憶力や学習能力の向上
    •集中力の復活
    •疲労回復
    •ストレス解消
    •精神安定
    •性格の活発化
    •心臓病やアルツハイマー病のリスクの低下
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    思いもよらぬ効果があるので驚いてしまう人も多いはず!!

  • 昼寝をする時間帯はいつが良いの???

     

    昼寝をとる時は、「午後3時までの時間帯に行うこと」が大切になります。
    午後3時以降の睡眠は、あなたの体内リズムが乱れる原因にもなり、昼夜逆転の生活を招いてしまう可能性もあるからです。

  • 昼寝前にカフェインをとるのもおすすめです!!

     

    意外だと思う人も多いかと思いますがこれが意外に効果があるのです!!

  • 昼寝をする直前に「カフェインをとることで、目覚めた後に頭をスッキリさせること」ができます。
    カフェインには、脳を興奮させ、集中力を促進する効果があります。そして、その効果が現れるまでには、カフェインを摂取してから30分程度の時間がかかります。
    そのため、昼寝をする前に、コーヒーや紅茶などでカフェインを摂取しておくことによって、目覚めた後にすぐに頭をスッキリさせ、集中して活動にはいっていくことができるようになります。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    眠くなったらまずカフェインを摂るのがおすすめです!!

  • 昼寝にはリラックスが必要です!!

     

    リラックスした状態になることで、限られた時間の中でも質の高い睡眠を得ることができます。
    昼寝の効果を上げるためには、「体をリラックスした状態にして、休息を与えてあげること」が大切になります。

  • •ベルトを外す
    •ネクタイを外す
    •時計を外す
    •靴をぬぐ
    •光のある場所ではアイマスクを利用する
    •音がある場所で耳栓を利用する
    これらの工夫を行うことで、体をリラックスさせ、昼寝の効果を上昇させることができます。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    色々と工夫して心身共にリラックスさせてあげましょう!!

  • 目が覚めたら脳に刺激を与えましょう!!

     

    昼寝から目覚めた後に、「脳に刺激を与えることで、全開の集中力で活動に戻っていくこと」ができるようになります。

  • •光を浴びる
    •眠気覚ましのツボを押す
    •冷たい水で顔を洗う
    •近くにいる人と会話をする
    上記の行動を実践することで、脳に刺激を与え、昼寝をする前以上の集中力を取り戻すことができます。昼寝のメリットを得ながら活動を行うためにも、是非実践するようにしてみて下さい。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    より良い目覚めの為に是非実践してみましょう!!