【おばあちゃんの知恵袋】風邪をひいたらまずこれ!【豆知識】

昔からおばあちゃんに言われていた、風邪をひいたときの知恵をご紹介していきますね!

view967

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おばあちゃんの知恵袋にはヒントがいっぱい!!

  • 昔からの民間療法や化学的に裏付されているようなことまで、おばあちゃんって何でも知ってますよね。

  •  

    いとしのおばあちゃん。大好き。おばあちゃんはみんな好きです。

  • たまご酒

  • ・卵白(Lサイズ)…1個(全卵でもOK)
    ・日本酒…20cc
    ・黒酢…大さじ1
    ・しょうが汁…小さじ1
    ・ハチミツ…大さじ1
    ・牛乳…400cc

    ①1.卵白をボールに入れ、泡立て器でよくほぐし、黒酢としょうが汁を入れます。
    ②鍋に牛乳を入れ、日本酒とハチミツを混ぜます。 ③2を70度になるまで加熱します。
    ④1に少しずつ3を混ぜていきます。
    ⑤できあがりです。
    ※お子様が飲む時は、日本酒(20cc)はあらかじめ電子レンジなどで沸騰させて、アルコール分をとばしてからご使用下さい。
    出典 :おばあちゃんの家庭の医学の知恵袋・裏技
     

    たまご酒とか小さいときに飲んだ気がします。

  • しょうが蕩

  •  

    しょうがオイシイですよね。

  • 生姜を生で食べると、体内の白血球数が増えます。

    白血球は体内に侵入した風邪のウィルスや細菌と戦い身体を守ってくれる免疫細胞なので、生の生姜には免疫力を高める効果があります。

    これに対し、炒めたり、煮たり、茹でたり、生姜に熱を加えて食べると血行が良くなるという効果が得られます。
    出典 :風邪に効く生姜湯の作り方:健康家族ネット
     

    しょうがにこんな効果が!!!!

  • にんにくうがい

  •  

    にんにくは元気が出そうですもんね。

  • ●にんにくうがい
    スライスした生にんにく2、3枚をコップにいれ、
    その中に水を入れてうがいをします。
    ピリッとした辛さが喉を刺激して、
    菌を殺してくれます。
    喉の痛みもスッキリします。
    出典 :おばあちゃんの知恵袋-救急箱
  • にんにくでうがい!?ちょっとびっくり。

  • 長ネギを首に巻く

  •  

    きっとおばあちゃんにやってもらってるんでしょうね。

  • ねぎのぬるぬるした部分にのどの炎症を抑える成分があるといわれています。
    それを利用して、ねぎの白い部分を5cmほどの長さに切り、縦に2つに割って内側に軽く塩を振ります。
    振ってから閉じたら布に包み、ねぎの入った部分をのどに当てて後ろで縛って固定します。
    出典 :おばあちゃんの家庭の医学の知恵袋・裏技
     

    においが少々気になります。

  • 私、これやりました!!!小学生のときに。

  • 焼き梅干し茶

  •  

    梅干しを焼くってやったことない。

  • のどが痛く、寒気がするときなどは、梅干しを2~3個焼き網にのせ、弱火で焦げないようによく焼いて、熱いお茶を注いで飲むと、汗が出やすくなって、症状が早く治ります。
    焼き網がない時は、オーブントースターやグリルで焼いてもよいでしょう。
    梅干しの数は、塩分の濃さによって加減してください。
    出典 :風邪かな?と 思ったら < おばあちゃんの知恵袋 | 健康かけいぼ
  • 梅干しは体によさそうですよね。

  • さっそくおばあちゃんの知恵、試してみましょう!!