大腸癌(がん)は早期発見で完治できる

大腸癌の初期症状には、どのような症状があるのか。そして早期発見について調べてみました。

view554

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸癌とは?

  • 大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸ががんのできやすいところです。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    症状が出る前に検診などで早期発見が可能な癌です。早期に発見できれば完全に治る可能性が高くなります。

  • 大腸癌の特徴

  • 発生のメカニズム

     

    大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生し、腺腫という良性腫瘍の一部ががん化して発生する場合と正常な粘膜から発生するものがあります。進行はゆっくりで、粘膜の表面から発生し、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行すると、とくにリンパ節や肝臓や肺など別の臓器に転移する危険性があります。

  • 早期発見するために

  • 大腸がんの発見には、便に血液が混じっているかどうかを検査する便潜血検査の有効性が確立しており、症状が出る前に検診などで早期発見が可能です。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    定期健診では、必ず便の検査を受けるようにしましょう。

  • 大腸癌の精密検査

  • 大腸の病気が心配な方は便検査でなく最初から精密検査をすべきです。専門医なら大腸の内視鏡検査を勧めるでしょう。
    出典 :大腸がん検査、便潜血について、大腸癌、直腸癌、大腸検査、大腸ポリープ、血便、総合サイト
     

    大腸癌の疑いを持ったら精密検査をしましょう。

  • 大腸癌の初期症状

  • 1.便通状態が良くない。2.トイレに入っている時間が長くなった。3.時々下腹部がチクチクと痛む。4.今までになかった違和感がお腹にある。5.疲れやすくなった。6.食欲があまりなくなった。
    以上のような、いつもと違う症状が続くのであれば大腸がんの初期症状かもしれないの で一度病院で診察してもらう方が安心です。
    出典 :大腸がんの初期症状を覚えておこう。
     

    大腸がんの症状としては血便、下痢や便秘、便が細くなるなどと言われていますが、実際には自覚ない場合が多いと言われています。

  • 大腸癌の自覚症状

  • 進行症状

     

    腫瘍が大きくなると食べたものが大腸を通過できないという状態が起こってきます。
    症状としては、便秘、腹部の膨満、腹痛などの症状です。さらに進行すると、がん性腹膜炎によって、嘔吐や激しい腹痛などがおこり、腸閉塞を引き起こします。

  • 大腸癌の治療

  • 癌を完全に治す(根治する)ための治療の原則は癌を残すことなく,きれいに切除することです。大腸癌の治療には内視鏡治療,手術治療,化学療法(抗癌剤による治療),放射線療法などの方法がありますが,中心となるのは手術治療です。癌を残すことなく切除する手術を根治手術といいます。
    出典 :JSCCR | 大腸癌研究会
     

    癌の進行状態により治療法が変わってきます。

  • ステージ0~Ⅲ

     

    ★転移の可能性が低いと判断される場合には、癌だけを完全に切除します。内視鏡的に切除する方法が代表的です。肛門に近い直腸癌に対しては、肛門から癌を直接観察しながら切除することもできます。
    ★癌が大腸の壁により深く浸潤した場合は手術が原則です。周囲に存在するリンパ節に転移を起こすことがあるため、リンパ節を摘出し、その内部にがんが存在しているかどうかを検査します。
    ★転移が存在する場合や再発した場合には、手術だけでなく、化学療法、放射線療法、緩和医療など症状や年齢といった患者さんの背景も考慮して、最も適した治療法を選択します。

  • 大腸癌の予防

  • 肉食を減らし食物繊維を できるだけ食べるようにするとポリープが大きくなることや癌化することが予防できるといわれています。 また、腸内環境を常に整えておくことも大切です。腸内細菌叢が乱れることにより体の免疫力は低下し、がんやポリープの発生・増大を助長すると言われているのです。大腸憩室をお持ちの方や 便秘・下痢を繰り返すような症状の方、ストレスをため込むような方は要注意です。
    出典 :大腸ポリープ・大腸癌(がん).com - 7.大腸ポリープ ・ 大腸癌(がん)の予防法