運動する時は、スポーツブラをつけないと垂れバストになるって知ってた?

バストのサイズに関係なく、運動する時は必ずスポーツブラをつけましょう。

view403

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バストは垂れる!

  • アシックスが、週に1回以上スポーツやトレーニングをしている20代~40代前半の女性600人を対象に行ったアンケートによると、「運動時の衝撃により胸やお尻は下垂する」ことを知っていたのは、20代~30代で約39%、40代では約49%。
    出典 :走るとき、スポーツブラ着けてますか? - Business Media 誠
     

    運動によってバストが垂れるのは、皆さんも知るところ。

  • 「スポーツをするとき、スポーツブラをどれくらいの頻度で着用しますか?」という問いに対し、「大体着ている」は34.5%、「着ていない」は48.5%。着用率は約5割という結果になった。非着用者の約8割は普段着けている下着でスポーツを行っており、着けない理由は「必要性を感じない」が約5割だった。
    出典 :走るとき、スポーツブラ着けてますか? - Business Media 誠
     

    スポーツブラをつけていますか?

  • 大切なのはクーパー靭帯

  •  

    胸にはクーパー靱帯というコラーゲン繊維の束があり、これが乳腺を皮膚や筋肉につなぎ止め、バストの下垂を防ぐ釣りケーブルのような役割を果たしている。クーパー靱帯が切れたり伸びきってしまったりすると、バストが垂れてしまう……ということになる(このほか、バストを覆う皮膚が衰えてもバストは垂れるそう)。
    出典:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1210/02/news004.html

  • 「クーパー靱帯は、一度切れたら二度ともとに戻らないと言われているんです」と話すのは、アシックス プロダクトマーケティング統括部の米田恵子さん。「激しい運動をしなければ大丈夫、と思われがちですが、実はウォーキングくらいの軽度の運動でも、胸は揺れています。ランニングなどの激しい運動であれば、さらに揺れることになります。
    出典 :走るとき、スポーツブラ着けてますか? - Business Media 誠
     

    ちょっとくらいなら大丈夫、なんて思っていませんか?

  • バストの大小は関係ない!

  • 胸が大きい場合、走ったり跳ねたりすると胸が動いているのは見ていてもよく分かる。でも、胸が小さい人であれば大丈夫なのではないだろうか?「運動をするとき、女性の胸は上下左右に8の字を描くように揺れています。胸のどの範囲がどれくらいの比率で揺れるか、それは胸の大小関係なく同じです。胸が小さい人も、スポーツをするときはちゃんとスポーツブラを着けたほうが良いです」
    出典 :走るとき、スポーツブラ着けてますか? - Business Media 誠
     

    クーパー靭帯は伸びきれてしまうと戻らないので大変です。日頃からの対策が重要です。

  •  

    ジョギングをすると、平均で9cmほど乳房が上下に揺れてクーパー靭帯を伸ばします。
    出典:http://www.yasereru.com/sport/5_04.html

  • 大切なのは、自分に合ったブラをつけること

  • スポーツブラは下着のブラジャーと違い、胸全体を覆い、
    スポーツ時に起こる乳房の上下運動を抑えます。

    運動時は必ず、このスポーツブラを付けること必須です。
    出典 :ダイエット方法の専門家-クーパー靭帯が垂れない鍵!
     

    スポーツブラは、その名の通りスポーツをする時は必須のアイテムです。

  • スポーツブラやナイト用ブラは、
    必ず自分に合った物を選ぶために、
    通販で買わずに試着出来る
    ショップで購入しましょう。
    出典 :ダイエット方法の専門家-クーパー靭帯が垂れない鍵!
     

    どんなに高機能なスポーツブラでも、サイズが合ってなければバストが揺れてしまい、垂れます。

  • スポーツブラはどのくらいで買い替え?

  • スポーツブラやナイト用ブラは
    生地が伸びてきたと感じたら
    買い換えるのがベスト。
    出典 :ダイエット方法の専門家-クーパー靭帯が垂れない鍵!
     

    ここら辺は自分の感覚で。

  • 最近では、各メーカーからお洒落なスポーツブラもたくさん販売されています。お気に入りのものを探して、バストが垂れるのを防ぎましょう。