PTSDは他人事じゃない! 知っておきたい、地震PTSD症状まとめ

阪神大震災後、情緒不安定になってしまう人が多く見られました。
それ以降、PTSDという病気がよく知られるものとなったのです。
地震などの自然災害が引き金になるPTSDについてまとめてみました。

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 地震PTSDを発症するきっかけは?

  • 地震の体験、あるいは目撃

     

    大きな揺れを体感することはもちろん、その後に起こる悲鳴や泣き声、大きな音などがPTSDを引き起こす要因になります。

  • 慣れない避難所での生活

     

    続く余震や、家族の安否が不明な状態が続くこと、またはプライバシーの保護がまったくといっていいほど難しい中での生活が大きなストレスになってしまいます。

  • 被災による心情面への影響

     

    ・一緒に居た家族を助けられなかった
    ・生活の基盤を失ってしまったという喪失感
    ・同情されることへのストレス
    ・周囲の人に対して援助が足りないという周りへの怒り

    このような気持ちが大きなストレスとなってしまうことでPTSDを引き起こしてしまいます。

  • 災害に遭遇したというショックだけではなく、その後の避難生活という慣れない環境に置かれることで大きなストレスを感じてしまい、PTSDの原因となってしまうのです。

  • 地震PTSDの症状は?

  • PTSDの症状は身体面に現れるものと精神面(心)に現れるものの2つに大きくわけることができます。

  • フラッシュバック

     

    PTSDの症状としてもっとも最たるものがフラッシュバックです。
    日常において突然PTSDの原因となったトラウマを受けた出来事を思い出し、パニック状態に陥ってしまいます。

  • 離人感、失感情

     

    自分の周りのことにまったく興味や関心が湧かなくなってしまい、自分の殻に閉じこもってしまいます。
    感情表現も乏しくなってしまいます。

  • 悪夢を見る、睡眠障害

     

    脳がトラウマを癒そうとして悪夢を見てしまうことがあります。
    夢の中で叫んでしまったり、寝汗をかいてしまったりすることがあるため眠ることが怖いと感じるようになり、不眠障害に悩むことがあります。

  • 対人恐怖症や引きこもり

     

    人を信用できなくなり、人と接することが怖くなってしまいます。
    上手に人付き合いができないことで自分を更に責めてしまい、自信をなくしてしまうことになり外出することを避けるようになってしまうのです。

  • これらの症状がPTSDにおいて代表的な症状です。
    しかし、PTSDを発症したときに現れる症状はその人の性格やどのような体験をしたのかによって違ってくるため、人それぞれです。
    ここに挙げた症状はほんの一例にすぎないのだ、ということを知っておきましょう。

  • もしかしてPTSD?と思ったら・・・

  • PTSDを発症した人が回復するためには、つらい思いを自分だけで抱え込もうとせず、人に話を聞いてもらうことが大切となる。家族や友人など身近な人に話せない場合は、自治体や支援団体などが設けている電話相談窓口の利用が望ましい。避難所などでは、救護班の中にカウンセラーのスタッフがいることもある。
    ほかの精神疾患である不安障害やうつ病を合併している可能性もあるので、精神科や心療内科で専門医に診てもらうのも良いだろう。
    出典 :地震などの自然災害によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • そして、悪夢をみたり、うなされたり、寝付けなくなったりしている。何度もその光景がよみがえりパニックになっている。そんなときはトラウマ治療のできる専門家へ相談するようにそっと背中を押してあげてください
    出典 :震災時のPTSDを防ぐために、3つのこと。 | 依存やトラウマのカウンセリング-埼玉・立川・八王子
  • 地震PTSDは被災した人全員が発症するものではありません。
    また、発症したとしても被災後すぐに発症する人ばかりではありません。

    地震PTSDに見られる症状が頻繁に起きていたり、継続しているようであれば受診をすることをおススメします。
    大切なのは「放置しないこと」です。
    放置してしまえば、辛い状態が続くだけではなく回復が遅れる原因になります。