【外斜視の治し方】外斜視を治療するトレーニングのまとめ

【外斜視の治し方】外斜視を気にしていますか?あまりパッと見ただけではわかりにくい軽い外斜視であれば、トレーニングをすることで治していくことができると聞いたことがありますが・・。実際はどうなのでしょうか??真実が気になりますので、色々と調べながらまとめてみることにしましたので、ご覧ください。

view44903

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 外斜視だとどんな不都合があるのだろう?

  • 外斜視の治し方を説明する前に、外斜視であった場合にはどういった感じで見えているのかを知る必要があると思いました。一般的に認識されている場合としては、他者から外斜視の方の眼球を見ると、一方は前を向いていても、もう一方が違った方向に向いてしまっているという認識です。しかし、見え方についてはあまり知識がないです。外斜視の方は、目が捉える映像ではなんら変わりないようです。ただし、映像として映ったものを脳で融像する能力が弱くなってしまっているため、いろいろとお困りにあることがあるみたいですね。

  •  

    写真を並べたところで、あまり違いがわからないくらい微妙な差であっても、外斜視としての苦労をされている方も多くいらっしゃるようです。

  • 1.弱視
    2.両眼視機能異常
      片目ずつ異なったところを見ているために遠近感がわからない。
    3.外見上の問題、眼精疲労
    出典 :専門外来/斜視、弱視|近畿大学医学部 眼科学教室
     

    融像の力が弱いために弱視であり、それらをかばう事で目を酷使して疲労されています。また、遠近感などの感覚的な認識に苦労されているみたいです。外見を気にされている場合も少なくないはずです。

  • 外斜視の治療法にはどんなものがあるの?

  • 両眼視機能の検査

     

    これらを使って、両眼視ができているか検査をします。

  • 外斜視の状態では、まっすぐ向いている目でしか物を見ていませんので、外斜視になる頻度の多い方の目の視力の発達が妨げられ、弱視となることもあります。その場合、視力の良い方の目を眼帯で覆い、弱視の目を積極的に使って視力を伸ばす治療をまず行います。
    出典 :小児間欠性外斜視 どう治療
     

    使われていない方の目を意識して使っていこうとすることで、弱視であった片側の目の視力を良くしていく治療法のようですね。視力が回復していくことで外斜視を治していこうという方針はとても画期的で素晴らしいですね!!

  • 外斜視の頻度が少なく角度も小さく、立体視も良好なうちは、経過観察や、光を曲げるプリズムを加えた特殊な眼鏡をかけて治療することもありますが、外斜視の頻度、角度や立体視が悪化したら、手術が必要になります。手術は眼球に付いている筋肉の位置や長さを変えて、筋肉の力を弱めたり強めたりします。
    出典 :小児間欠性外斜視 どう治療
     

    最終的には手術という方法で治療するのが一番なのかもしれませんが、目に関することですので、出来ればトレーニングなど、自然に治していけるような方法で改善できるのが一番いいですね。症状が軽い場合や、頻度が少ない場合であれば、トレーニングなどで治療する場合もあるそうです。

  • 外斜視のトレーニング方法にはどんなものがあるの?

  • 手に持ったペンを顔の前 20cm くらいのところに持ってきて、左右の視界の端から端へゆっくりと往復させるというものです。

    両目で見ようと、集中&意識して目を動かすことが大事なんだそうで、これを1回3分、1日に3セットやっています。

    また、激しく動く画面(ゲームとか)を片目で見ることも訓練になるんだそうです。言ってみれば 「見ていない」 方の目は休んでいるようなものらしいので、休まずに見る訓練って事なんでしょうかねぇ?

    自力で片目を閉じているのは辛いので、眼帯を使ったりメガネに布を挟むのがいいみたです。
    出典 :軽い外斜視は訓練で症状が改善するらしい - 知らないことがあってもへっちゃらさ
     

    著者の娘さんが「軽い外斜視」で、症状は軽いのだけれど、「軽い外斜視は訓練で改善することが多い」と教えてもらいトレーニングをがんばっていらっしゃるのだそうです。

  • 1年くらいこういう訓練を頑張ると、割りと高い確率で症状が改善するというお話でした。

    ただし、あくまで “改善” でしかないので、良くなったように見えても疲れてたりすると、また斜視の症状が出たりするんだそうです。
    出典 :軽い外斜視は訓練で症状が改善するらしい - 知らないことがあってもへっちゃらさ
     

    すぐに改善するようなものではないですが、根気よく続けていく事で症状が軽くなっていると感じる方が多くいらっしゃる未定です。また、改善した場合であっても、体調にも左右されやすいですから、外斜視の状態と相談しながら自分に合ったトレーニングを継続して行っていく努力は必要です。

  • ほかにも「Yahoo!知恵袋」では、こんなトレーニング方法も紹介されていますので、少し紹介していきたいと思います。少しでも外斜視で悩まれている方のお役に立てればと思います。

  • 指や鉛筆、ボールペンなどに焦点を合わせ、見つめながら
    目から30㎝位離した所からゆっくり目の中心まで動かします。
    寄り目になったらそのまま5~10秒保ちます。
    また30cm位のもとの位置にもどし…を数回繰り返します。
    私は目の筋肉の腹筋もどき…なんて言ってますが^^;
    初めは疲れるので少ない回数からした方がいいでしょう。
    出典 :外斜視を自分のトレーニングで治せると聞いたのですが、具体的にどんな方法でしょ... - Yahoo!知恵袋
  • この方法は病院で教えてもらったのですが治るとは言われませんでした。
    目の筋肉がつく事によってましになる…って感じでした。
    治すという事であれば手術しかないらしいです。(手術も完璧ではないみたいですが…)
    質問者さんは軽い様なので寄り目の練習で治るではないのですが良くなるかもしれません。
    試してみて下さいね。
    眼鏡はかけていても悪化はしないと思いますが…もし気になる様なら1度斜視外来のある
    眼科で診てもらうと状態の把握ができていいかもしれません。
    出典 :外斜視を自分のトレーニングで治せると聞いたのですが、具体的にどんな方法でしょ... - Yahoo!知恵袋
  • いろいろな方法があるみたいなんですが、どれも「完治」を目指せるかというと、なかなか難しいものですので、完璧を求めるというわけにはいかないようです。あくまでも改善させるためのトレーニングなのです。

  • 眼科医でトレーニングする

  • 病院では、「視能訓練士」という国家資格を持った医療技術者のもと「視能訓練法」という訓練法で斜視の治療を行っているところもあるようです。大きな総合病院ではいろいろな専門外来がありますので、自分の悩みに合った専門医などを調べてみるといいかもしれませんね。

  •  

    病院では、適切な様々な器具を使用した訓練法で治療してくれます。

    眼科医で適切な検査をした後に、訓練士などの指示に従ってトレーニングするのが最善のようです。

    我流のトレーニングなども、眼科医で問い合わせてみてから始めてみてはどうでしょう。