様々な要因が影響?子供の睡眠障害とは?

高齢者の睡眠障害についてはよく知られていますが、現在では子供の睡眠障害も問題になっています。

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供の睡眠障害を見分ける肢

  • 1. 就寝時に問題がありませんか(眠れない、脚に不快感があり寝つきが悪い等)?
    2. 昼間の眠気がありませんか(授業中の居眠り、集中力の低下)?
    3. 夜中、早朝に目が覚めてしまいませんか?
    4. 規則正しい睡眠、睡眠時間をとっていますか?
    5. 「いびき」をかきませんか?
    出典 :小児の睡眠障害 専門医師が教えます! / 睡眠医学の部屋
     

    お子さんに該当するものがあったら注意しましょう。

  • 主な子供の睡眠障害

  • 睡眠時無呼吸症候群

    代表的な子どもの睡眠障害に、睡眠時無呼吸症候群があります。子どもの睡眠時無呼吸症候群の主な原因は、アデノイド、扁桃肥大です。3~6歳の児童に最も多く、肥満よりむしろやせ型の子供に多いのが特徴です。
    出典 :睡眠不足や睡眠障害、子どもへの大きな影響|e-ヘルスネット[情報提供]
     

    普通無呼吸症候群は肥満型の方がなりやすのですが、子供の場合は違うのですね。

  •  

    アデノイド、扁桃肥大が原因の場合は、一番効果的な治療法は手術のようです。

  • 睡眠時遊行症

    睡眠時遊行症は、女の子よりも男の子に多く見られます。4~6歳ごろから始まり、7~14歳ぐらいで自然になくなります。5~12歳児の調査では、一度は夢遊したことがある子どもが約15%いて、しばしば夢遊する子どもは3~6%います。また、睡眠時遊行症の子どもの1~2割で、家族にも同じような症状が見られます。
    出典 :子どもに特徴的な睡眠障害のいろいろ [不眠・睡眠障害] All About
     

    いわゆる夢遊病です。

  •  

    通常は成長するにつれて治っていきますので、治療は原則必要ありません。

  • 睡眠中に突然叫びだし、何事もなかったかのように眠る~夜驚症~

    夜驚症は、熟睡している子供が突然叫び声を上げたり、布団から起き上がったりする睡眠障害です。突然の叫び声に親はとてもびっくりするものですが、子供は記憶がなく、何も覚えていません。
    出典 :子供に多く見られる睡眠障害のまとめ | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    約3%程度のお子さんにこの夜驚症の症状がみられるようです。

  •  

    基本はほっといても問題ありません。どうしても気になるのならば、お子さんの睡眠時間を増やせば、治ることがあるようです。またストレスが原因になっていることもありますので、その時は親御さんがケアしてあげましょう。

  • 夜尿症

    小児期によく見られる睡眠障害の1つで、就寝中知らず知らずのうちに排尿してしまうケースです。おねしょとの違いは年齢にあり、幼児期の夜尿を「おねしょ」というのに対して、6~7歳以後の夜尿を「夜尿症」といいます。
    出典 :【子供に多い睡眠障害】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    年齢で「おねしょ」と「夜尿症」が区別されるのですね。

  •  

    夜尿症は夜間の尿量が多かったり、膀胱容量が小さかったりすることが主な原因とされており、決して育児法や子供の性格に問題があるのではありません。基本はほっといて大丈夫ですが、どうしても治したい場合は専門薬があるそうです。

  • 悪夢障害

    悪夢を見ると、子どもは泣いたり怖がったりして目を覚まします。起き方だけみると夜驚症に似ていますが、悪夢障害では目覚めは比較的スッキリしていて、悪夢の内容をはっきり思い出せます。
    出典 :子どもに特徴的な睡眠障害のいろいろ [不眠・睡眠障害] All About
     

    レム睡眠があまりとれていないと悪夢を見易くなるそうです。

  •  

    薬の作用によっても悪夢を見る割合が増加するという研究結果もあるそうです。

  • 精神的な疾患が原因で子供の睡眠障害が発症する場合もあります。子供の場合、統合失調症やてんかんなどの症状として不眠症などの睡眠障害が発症する場合があります。
    出典 :よく眠らせてあげたい子供の睡眠障害を招く要因について | iGotit
     

    睡眠障害が一種のシグナルになるのですね。

  •  

    こういう場合は精神科などで専門医の治療を受けさせましょう。

  • 一般的な改善法は?

  • 睡眠不足がある場合、生活リズムが乱れている場合は、十分な睡眠時間の
    確保を行い、決まった時間に眠り、起床するように生活指導しましょう。
    その際、睡眠日誌を記録すると有用です。
    出典 :睡眠障害 注意すべき症状は? 岐阜駅 睡眠科 | 子どものいびき専門サイト
     

    しつけの一環として指導してみましょう。

  • ストレスを取り除く

    子どもは日中感じたストレスを抱えたまま眠ると、睡眠障害を起こしやすくなります。
    学校や塾、家庭内でストレスを感じていることはないか、よく観察してあげてください。

    また、引越しなどの環境の変化によってストレスを感じている場合もあります。
    出来るだけ早く環境に慣れるようにサポートしてあげましょう。
    出典 :実は怖い子どもの睡眠障害!症状と対策を検証する | 睡眠障害ナビ
     

    現代では大人よりも子供の方がストレスを感じやすくなっているという意見もあります。出来る限り親御さんがストレス解消のサポートをしてあげましょう。