夏場はメイクがぼろぼろ【小ワザ集】もう崩れない!?

夏場のメイクはドロドロになりそうですよね
そんな時に使える小ワザです
必見です

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏場の暑さによって

  • やってきちゃいました…崩れの季節。ニューヨークでは真夏の太陽が照りつけ、日本ではものすごい湿気。ホント、こんなに暑いと、一歩外に出たらどんなお化粧でも溶けちゃって、アウトオブコントロール、ドロドロ状態ですよね。かといって屋内でじっとしているわけにもいかず…。困っていませんか~?
    出典 :夏のメイク崩れに勝つ! - Fashion×Passion from NY - Asahi Shimbun Digital[and]
  • ビーチで美しくいるためのメイクアップ術

     

    夏の楽園、ビーチでは常に美しくいたいもの。けれど、ビーチには海水や太陽の日差しなどメイクの天敵がいっぱい。メイク崩れを簡単に防ぎ、太陽の下でセクシー&美しさを保つために、今日はメイクアップ・テクニックについて解説します。

  • アンケートによる小ワザ集

  •  ●第1位/「小まめに汗を拭く」……32.9%
     ○第2位/「テカリを紙でオフ」……32.6%
     ●第3位/「夏用の下地やファンデを使う」……16.0%
     ○第4位/「ウォータープルーフのコスメを使う」……12.8%
     ●第4位/「乾燥しないようにミストで潤す」……12.8%
     ○第6位/「メイク前にしっかり保湿をする」……10.2%
     ●第7位/「ルースパウダーを小まめにはたく」……9.6%
     ○第8位/「テカリ防止化粧品を使用する」……7.0%
     ●第8位/「よれたところはふきとってやり直す」……7.0%
     ○第10位/「メイク前に顔まわりを冷やす」……2.9%
    出典 :秘訣は汗&テカリOFF! 「夏にやっているメイクを美しく保つ小ワザ」 - Peachy - ライブドアニュース
  • 簡単な“直せるファンデ探し”とは?

     ファンデを塗ったあと、クリームで部分的に完全に拭き取って、そこにもう一度ファンデを塗ってみてください。塗り直した場所の色が違って浮き出たり、拭き取った境い目が消えないものはNG。色がなじんで自然に見えたらバッチリです。顔でテストしても良いですが、腕に塗っても簡単に分かります。こんなファンデを見つけたら、あなたのサマーライフ、変わりますよ!
    出典 :夏のメイク崩れに勝つ! - Fashion×Passion from NY - Asahi Shimbun Digital[and]
     

    ためになる!

  • 流れるほどに汗をかいてしまうと、メイクは大打撃。こすらないようにハンカチなどでトントンとふき取りましょう。あまりに汗がひどいときは、首筋を冷やしてみて。顔の汗がすーっとひきますよ
    出典 :夏のメイクを美しく保つ小ワザ - モデルプレス
     

    ハンカチは必須

  • マスカラは控えめに

    マスカラはもちろんウォータープルーフ!いつものばっちりメイクは我慢して、マスカラは上睫毛のみに軽めに塗るのがビーチ美人でいるための秘訣です。
    出典 :ビーチで美しくいるためのメイクアップ術 7つのテクニック | 女子力アップCafe Googirl
     

    ドロドロはいやですよね

  • 「秋冬用のファンデーションがまだ残っているから…」と、5~6月になっても続けて使っている人もいると思いますが、秋冬用というだけに、油分が多めの処方が多いです。逆に春夏用のものは、多孔質のパウダーが含まれているなど、皮脂を取り込み、テカリを押さえるように処方されています。スポンジやパフを水で濡らして使うタイプのものは、肌にのせたあと水分が蒸発することで肌に密着させる、というしくみになっています。イメージは、障子を張るときに水を吹きかけ、乾いてくるにつれてパリッとなるのと同じです。
    出典 :梅雨でも化粧崩れしないスキンケア法 [肌の悩み・対処法] All About
  • メイクを美しく保つには、崩れすぎる前にケアするのが大事。小まめにお手入れして、サマーシーズンも毎日美顔で過ごしましょう
    出典 :秘訣は汗&テカリOFF! 「夏にやっているメイクを美しく保つ小ワザ」 - Peachy - ライブドアニュース
  • 頰紅


     パウダータイプの頰紅は、汗や皮脂で色が濃くなるものがあります。特に色鮮やかでマットなものに多いのですが、このタイプは色むらの原因に……。夏は特に注意が必要です。パウダーチーク派の方には、ファンデ同様、色変化が目立たないものがお薦めです。どうしても鮮やかな色が好きな方は、色変化しない(色むらにならない)練りチークをベースに使うのがお勧め。必要ならその上にパウダーを。パウダーチークをさらにつけたいこだわりさんは、使っても軽めがいいと思います。
    出典 :夏のメイク崩れに勝つ! - Fashion×Passion from NY - Asahi Shimbun Digital[and]
  • リップグロスはNG

    ビーチでセクシーに過ごしたいならばリップグロスは避けた方が無難。色つきのリップバームでリップカラーを演出するのが賢い選択。リップバームはSPF15以上のものを選んで。

    汗にも強いクリームチーク

    チークはパウダーよりももちのいいクリームチークを選ぶのがベスト。汗をかいても崩れにくく暑い日には最適です。またビーチシーンにはアプリコットなどの明るめの色がよく映えます。
    出典 :ビーチで美しくいるためのメイクアップ術 7つのテクニック | 女子力アップCafe Googirl
  •  

    ファンデーションを、次シーズンに持ち越さない!

    ファンデーションは、その時季その時季で切り替えることをおすすめします。使い切れたら一番いいけれど、残ってしまったらあきらめて潔く「さようなら~」します。化粧崩れだけの問題だけでなく、来シーズンまで放置することでの衛生面からもおすすめできません。

  • 参考にしてくださいね~