あなたが食べてる「じゃがいも」・・・お肌にとって“天使”?“悪魔”?

フライドポテトって美味しい~~~♪
やめられな~~~い♪
止まらな~~~い♪
止めないで~~♪
じゃがいも最高~~!

はい。止めませんが…じゃがいもって食べ方によっては、
「美肌」の味方にも、「敵」にもなるって知ってました?

view939

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • じゃがいも最高♪

     



    じゃがいも料理って色々ありますが、
    どれも美味しいですよね!
    でも、「高GI食品」だって言われるのを聞くのですが…
    それって何か良くないの?お肌にも?

  • GI値ってなんですか?

  •  

    食事をすると、摂取したものは体内で「糖」になり血液中を流れます。つまり食事により「血糖値が上昇」するのです。作られた糖は私たちのカラダを動かすエネルギーとなりますが、急激に増えると「インシュリン」というホルモンが血糖値を下げようとします。インシュリンには脂肪を作り脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因ともなってしまいます。そこで目安となるのが「GI値」です。GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられるのです。


    引用)http://club.panasonic.jp/diet/calorie_control/gi/

  • 高GI値だって言われる「じゃがいも」も、血糖値を上げやすくて、脂肪を溜めやすくしてしまうってこと?でもそれと肌との関係って?

  • ■加熱すると炭水化物に!そして高GI食品に…!

  • じゃがいもは加熱すると炭水化物に変わってしまい、単品で食事の一番最初に食べると高GI食品なので、血糖値が上がりすぎて、お肌の糖化や頭痛などを引き起こす恐れがあります。一部の美容家の間では美肌にはNGとしている方々も!
    出典 :食べる順番に気をつけて!天使にも悪魔にもなるじゃがいも | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    お肌の“糖化”…それってなんだかコワイんですけど…。

  •  




    ちょっと待って!
    肌の“糖化”って…なに?

  • ◆コラーゲンが硬くなる!

  •  



    じゃ、高GI値のじゃがいもは食べない方が…良いの?

  • ご飯やパンと同じく炭水化物として、食べる順番を変えてしまえば、温野菜なのにビタミンCが摂取できる美味しい美肌食となります。
    出典 :食べる順番に気をつけて!天使にも悪魔にもなるじゃがいも | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    なるほど!ここで食べる順番を考えれば良いわけだ!

  • 食べる順番も大事。まずは、酢、食物繊維、乳製品から低インシュリンダイエットでは、食べる順序もとっても重要。というのも、一緒に食べるものによって、同じ食品でもGI値が異なるからです。間違ってもごはんやパン、麺類などGI値の高い炭水化物を最初に食べないようにしましょう。おすすめは、酢、食物繊維、乳製品。これらの食品には、消化吸収のスピードを遅らせて、血糖値が急激に上がるのを防ぐ働きがあります。パンを食べる前にサラダを食べたり、牛乳を1杯飲んだり、ごはんのときは酢の物や、野菜のおひたしを前菜にする、お酒を飲む前はチーズや野菜スティックを食べる。このようなことを習慣づけましょう。
    出典 :あの食材のGI値は?〔低インシュリンダイエット3〕 - gooダイエット
     

    加熱した「じゃがいも」を炭水化物として食事の最後の方で食べれば、ビタミンCも摂れて太らず、お肌にも良いってことに♪

  • ジャガイモを冷やすことで(調理後に冷めただけでも効果あり)でんぷんの一部がレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)に変化して、食物繊維と似た働きをするので食後血糖値の上昇を抑えると共に便秘の解消など腸内環境を改善する効果もあります。
    出典 :ジャガイモのダイエット効果|健康・ダイエットを考える研究ドクター
     

    冷やしたものを食べるのも良さそうですね。