髪の広がりを抑えたい!【ヘアケア術】

髪の広がりやうねりが気になる人は多いかもしれません
少しまとめてみました

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うねると

  •  

    ジメジメとした梅雨の季節、湿気を含んだ髪が広がってどうにもまとまらない! という悩みを持つ人も多いのでは。 せっかく朝キレイにセットしても、外に出たとたん髪が爆発…では、気分も滅入ってしまいますよね。

  •  

    髪がボワっと広がりやすくなる梅雨、ヘアスタイリングが決まらず、とても悩ましい季節です。「どうしようもない」とあきらめている方もいると思いますが、髪が広がる原因を理解し、きちんと対処すれば防ぐことができます。今回は、梅雨時期の髪の悩みとその対処法についてご紹介します。

  • 湿気で髪が広がるのはなぜ!?

  • 湿度が高いと髪が広がるのは、髪の水分バランスが偏っているから。そしてその原因は髪のダメージ、つまりキューティクルの痛みです。

    髪表面のキューティクルがはがれていると、そこから水分をどんどん吸収し、髪の内部にためこんでいきます。

    水分量の多い部分は膨張しますが、その場所が髪1本1本でことなるため、髪がうねり、全体が広がることになってしまうのです。
    出典 :湿気で広がる髪、何とかしたい! 髪のうねりを改善する方法とは[1/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
  •  


    髪が広がる仕組み
    (1)キューティクルがはがれている部分(薄いグレー)から水分が中に入り込む 
    (2)水分を含んだ部分だけ膨張してうねりが起きる

    もしも、髪全体に均等に水分が吸収されれば、うねりは起きず、髪が広がることはありません。ということは、キューティクルのはがれた部分を作らないことが重要になってきます。

  • 髪のうねりを防ぐお手入れのコツ

  • 湿気で髪がうねるのを防ぐための、手軽な方法がブラッシングです。 ブラッシングをすることによって髪と髪の間に空気が入り込み、湿気をためにくくするのです。さらに、偏った髪の水分をバランスよく広げる効果も。

    ブラッシングをするときには、髪への摩擦に注意。ブラシは目の粗いものを使い、ゆっくりと力を入れずにとかすようにしましょう。

    「ドライヤーの熱は髪にダメージになるから」と髪を洗ったあと自然乾燥で済ませるのはNG。
    出典 :湿気で広がる髪、何とかしたい! 髪のうねりを改善する方法とは[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
  • UV対策はお早めに!

  • 冬→春→梅雨時期にかけては、気候の変化が激しく、髪にとってたいへん過酷な状況です。冬は湿度が10~20%の日が続き、髪は乾燥した状態が続きます。やがて春を経て、梅雨になると湿度は一気に上がり、日によっては80~100%になることも。加えて梅雨入り前の5~6月は、1年のうちで最も紫外線が強い時期でもあります。髪に紫外線があたることによってキューティクルは酸化し、もろくなり、はがれやすい状態になっているのです。

    「UV対策は夏になってから」と考える方が多いかもしれませんが、実は、初春から対策しておくことが大切なのです。早い時期から、UVカット効果のあるコンディショナーやトリートメントを利用するようにしましょう。
    出典 :髪の広がり抑えたい!梅雨に勝つヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About
  • 梅雨時期のヘアケアのコツ

  • では、梅雨時期の髪の広がりは、どのように対処すればよいのでしょうか。理想的な対処法は、ドライヤーを使って、髪の余分な水分を飛ばし、髪の中の水分量を適正な12~13%に維持することです。しかし、これは常にドライヤーを持ち歩き、こまめにブローしなければならないため、現実的ではありません。また、ドライヤーの熱で乾かし過ぎてしまい、かえって髪にダメージを与えることにもつながってしまいます。
    出典 :2/2 髪の広がり抑えたい!梅雨に勝つヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About
  • 雨でもサラサラヘアをキープするスタイリング法

  • スタイリングのときには、オイル系のトリートメントやスタイリング剤を使うと、髪の表面をコーティングして、水分の吸収を防いでくれます。

    スタイリング剤は、髪の内側にもつけるのがポイント。髪の広がりをおさえようと、ついつい目につく表面ばかりつけてしまいがちですが、髪全体にきちんとなじませるようにしましょう。

    ワックスを使うときは、少量を髪の内側につけるとまとまりがよくなりますよ。
    出典 :湿気で広がる髪、何とかしたい! 髪のうねりを改善する方法とは[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
  • ブローは冷風で

  • ちなみに、この時期、ドライヤーを使う場合は、温風ではなく冷風を使うと髪のダメージを防ぐことができます。スタイリングだけでなく、シャンプー後のブローの時にもお試しください。髪のツヤがアップしますよ。
    出典 :2/2 髪の広がり抑えたい!梅雨に勝つヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About