夏には夏のスキンケア!注意点をしっかり覚えておく事

夏には夏のスキンケアの注意点があるのです
その点をしっかりと把握しておく事で
お肌の調子はグっと良くなるはずです

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏の特徴

  • 夏のスキンケアの重要性

    地球温暖化の影響もあり、ここ数年猛暑が続いています。高温多湿の夏は、汗や皮脂の分泌量も増やすため、不快な思いをすることが少なくありません。さらに、夏は肌に降り注ぐ紫外線量もピークに達するうえ、冷房による乾燥肌の悩みもつきものです。

    「汗で流れるから」「湿度が高いから乾燥しない」と夏場のスキンケアを怠っていると、秋になって肌トラブルが表面化することも少なくありません。いろいろな意味で肌に注意が必要な時期といえるでしょう。
    出典 :夏のスキンケア - スキンケアの森
  •  

    特に、紫外線はやっかいです

    シミ・くすみの原因にもなります
    しっかりとスキンケアを行い
    肌の状態をきちんとした状態にして
    夏を迎えたい所です

  • 注意するべき点 その1

  • 何度も洗顔をしたくなりますが、 1日に何度も洗顔をすると、皮脂膜や角質の表面の層がお肌から剥がれ落ちてしまいます。 それに過剰な洗顔はお肌を乾燥させ、角質を硬くさせます。 1日の洗顔は2から3回までににしておきましょう。
    出典 :夏のスキンケアの注意点
  •  

    夏場はどうしても汗をかきます

    汗をかくとべた付きます
    しかし、何度も顔を洗うのは間違いです

  • その2

  • さっぱり系でスキンケアをすませたくなる人も 多くなるかと思いますが、それでは保湿が足りません。 それに日焼けをしてしまったら、保湿よりも冷やす方が良いという考えはは間違いです。 日焼けは肌の炎症になるので、日焼け直後のほてった肌を、クールダウンさせる事は決して間違いではありません。 ただ、ほてりがおさまった肌は乾燥し、その上かなりのダメージを受けているため必ず保湿ケアが必要になってきます。 紫外線でダメージを受けて、さらに肌を乾燥させてしまうと、ダブルのダメージを肌に与える事になってしまいます。
    出典 :夏のスキンケアの注意点
  • 紫外線量がピークを迎える夏は、スキンケアも美白重視になりがちです。しかし、同様に重視しなくてはならないのが保湿ケア。自宅やオフィスはもちろん、商業施設や電車の中など、夏はどこへ行っても冷房が効いています。冷房はたしかに涼しく快適な空間を作ってくれますが、肌から水分を奪ってしまうことも忘れてはいけません
    出典 :夏のスキンケア - スキンケアの森
  •  

    スキンケアだけを重視するのもダメです

    しっかりとした睡眠も必要です
    夏で夜市なんて良くありますが
    朝まで遊んでいては
    肌は黙っていません

  • その3

  • お風呂から上がったら暑くても、すぐに保湿をするようにしましょう。 入浴中は、肌に必要な成分が流されることでバリア機能が下がり、お肌から水分が奪われ乾燥状態になってしまいます。 入浴後30分程経つと、さらに肌は乾燥していきます。 入浴後はタオルで水分を優しく押えるように拭き取り、顔の汗を早くひかせるために、 首の後ろを冷やし、そして出来るだけ早く保湿するようにしましょう。
    出典 :夏のスキンケアの注意点
  • ここで注意したいのが、スプレータイプ化粧水の使用。こまめに肌に水分を与えると、肌にとっては「呼び水」になってしまい、さらに乾燥を招く結果になってしまいます。ですから、夏の乾燥対策としては美容液を持ち歩き、乾燥が気になる部分にこまめに塗ることをおすすめします。
    出典 :夏のスキンケア - スキンケアの森
  •  

    さっぱり
    疲れた

    でも
    お肌は待ってはくれません
    美肌を作るのは努力がいります

  • その4

  • 化粧品を冷蔵庫に入れて冷やしている方もいらっしゃるかもしれませんが、 化粧品は高温だけでなく低温でも劣化する場合があります。 それと使う度に冷蔵庫から出し、また冷蔵庫に戻しと繰り返す事で劣化する事もあります。 通常は化粧品は冷暗所に保存ですが、もしも冷蔵庫に入れたい場合は、 必ず冷蔵庫に入れてもいいか、メーカーに確認するようにしましょう。
    出典 :夏のスキンケアの注意点
  •  

    劣化した化粧品は肌に悪いです

    腐った食べ物を食べるとお腹を壊す原理と
    同じです
    気を付けましょう