目を整形したい~!!どんな整形方法があるの??痛みは??気になるまとめ☆☆

近年美容整形を受ける人が多いようです!!
美容整形の中でも1番人気の目!!
気になる整形手術の内容やそのメリット・デメリットについて色々と情報をまとめてみました~!!

view1396

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目・二重の整形!!

  • 二重まぶたの整形治療には大きく分けて2種類があります。
    切開法は、まぶたを切開して一重の原因となっているまぶたの下層の脂肪を取り出すもので、確実に二重になり適応範囲も広いと言う点が特徴です。
    もう一つは埋没法と呼ばれる方法で、メスを使わずに手軽に治療が受けられ、気に入らない場合には元にも戻せるという特徴があります。
    それぞれの特徴を知った上で医師に相談して自分に合った治療を選択するようにしましょう。
    出典 :目・二重の整形のおすすめ病院ランキング | 口コミ広場
     

    目を二重にしたいと思ってる人が沢山居るようです!!

  • 二重まぶた・埋没法の特徴

     

    痛みや腫れが少なく、短時間かつ低料金。二重の『埋没法』は、美容整形の中でも最も安全で、手軽に目の印象を華やかに洗練されたものへと導いてくれます。

  • 手術は、髪の毛より細い特殊な糸を使って、まぶたの裏側から二重まぶたのヒダを作りたい線にそって2ヶ所留めるだけ。施術時間は、両目合わせてわずか10分程度で終了します。麻酔をするので術中の痛みは少なく、メスを使わないので術後の腫れもわずか。手術当日から、洗顔もシャワーもOKです。
    縫い留めてあるだけなので、万が一仕上がりが気に入らない場合は、元に戻すこともできるので安心です。 会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の施術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の施術をする、柔軟な対応もできます。
    出典 :二重まぶた・埋没法 : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック
     

    短時間で出来るし料金も安めなのでおすすめの手術です!!

  • 目頭切開の特徴

     

    大人っぽい美しい目の比率は、目→目と目の間→目の横幅の比率が、1対1対1といわれています。目が多少離れていても可愛らしい印象になりますが、離れ過ぎているとアンバランスな印象に。目を中央に寄せながら、切れ長の大きな目にするのが、『目頭切開』です。

  • 手術は、目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を切開することで、目の横幅を広げるというもの。これによって、ひと回り大きな切れ長の目になると同時にアイラインの幅も広がり、黒目がはっきりと強調されます。
    会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の手術をする、柔軟な対応もできます
    出典 :目頭切開 : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・大阪)
     

    芸能人のようなぱっちりの瞳が希望ならこの方法がおすすめです!!
    ですが少し料金が高めです!!

  • 二重まぶた・全切開法の特徴

     

    理想的な二重まぶたを手に入れることはもちろんのこと、腫れぼったい目の原因となる目の上の脂肪も取り払うことができるのが、『全切開法』です。非常にまぶたが腫れぼったく、ミニ切開では充分に腫れぼったさを解消できない人に向いています

  • 二重にしようとするヒダの予定線を切開し、余分な脂肪を排除して内部処理を行った後、縫い合わせます。施術時間は30分程度。術後、一重に戻ってしまう心配はありません。
    当院では従来の手法と違って元に戻ることはなく、半永久的に維持できます。無愛想に見られがちだった腫れぼったい目も、すっきりと優しい印象に生まれ変わり、はっきりとした二重のラインで、目をいっそう大きく輝かせることができます。
    会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の手術をする、柔軟な対応もできます。
    出典 :二重まぶた・全切開法 : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・大阪)
     

    はれぼったいまぶたで悩んでる人におすすめの手術です!!
    これでお悩みを解決出来るはず!!

  • 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)の特徴

     

    埋没法で何回も糸が取れてしまった方や、全切開法だと腫れがおさまるまでのダウンタイムが長過ぎるという方におススメなのが『ミニ切開法』。

  • 手術は、二重にしようとするヒダの予定線を1~2cm程度切開し、内部処理を行った後、縫い合わせる方法です。手術時間は約20分。術後、一重に戻ってしまう心配はありません。当院では従来の手法と違って元に戻ることはなく、半永久的に維持できます。
    会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の手術をする、柔軟な対応もできます。
    出典 :二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・大阪)
     

    手術時間も短いので忙しい人にもおすすめです!!

  • 二重の整形手術を受ける場合のデメリットはあるの???

  • 二重埋没法のデメリット
    埋没法は手軽で安全ですが全くデメリットがないというわけではありません。事前に二重まぶた埋没法のデメリットを把握して対策を考えておくことでリスクを軽減することが可能です。

    手軽な二重まぶた埋没法ですが基本的には、まぶたの奥の部分に脂肪が少なく二重が作りやすい人に向いています。反面まぶたの厚い人や特に腫れぼったいまぶたでは、うまく二重にならないことがあります。つまり二重埋没法には仕上がりに限界があるといわれています。

    埋没法の最大のデメリットは、二重まぶた埋没法は元の状態に戻りやすいということがあげられます。最近は元に戻らないようにいろいろと工夫されていますが、完全な保証はありません。クリニックによって元に戻ってしまった時の対応が変わります。手術がやり直しできるか?その際の料金は?などを予め確認しておくことが必要です。
    出典 :二重埋没法のメリットとデメリット
  • 目頭切開法のデメリット
    失敗した場合、修正が難しい…
    目頭切開によって二重になるわけではない…
    印象が変わりすぎるので、整形を隠すのは困難…
    蒙古ひだを切除してしまうので、失敗した場合でも修正するのは難しくなります。蒙古ひだ再形成も不可能ではありませんが、かなり大がかりになると思って下さい。
    また、目頭切開を二重手術だと勘違いされている方が多いですが、目頭を切開しただけでは二重になりません。ですから、大きな目にした上でさらに二重にしたいのであれば、他の二重手術と同時に行うことになります。当然、予算は上乗せでかかってくるでしょう。
    出典 :目頭切開法とは?気になるデメリットを紹介
  • 手術は痛みがあるの???

  • 目頭切開の痛み・麻酔
    一般的には、局所麻酔で手術を行います。希望に応じて、静脈麻酔での手術が可能なクリニックもあります。静脈麻酔の場合、手術中の意識はありません。
    術後は、軽い鈍痛を感じる場合があります。

    埋没法(二重形成)の痛み・麻酔
    埋没法の麻酔は、注射による局所麻酔が一般的です。麻酔クリームや点眼麻酔などを組み合わせるケースもあります。
    手術中は、麻酔を注射する際に痛みが伴います。痛みの程度、感じ方には個人差がありますが、技術レベルの高い医師であれば、それほど強い痛みは感じないでしょう。

    出典 :埋没法(二重形成)とは~口コミ&体験談もあり!-目・目元・二重形成