ダイエットにおける有酸素運動の威力

摂取カロリー<消費カロリー これがダイエットの鉄則。効果的かつ持続できるダイエットはやはり有酸素運動なんです。

view708

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 有酸素運動とは

  • 有酸素運動(ゆうさんそうんどう、Aerobic exercise)とは、生理学、スポーツ医学などの領域で、主に酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいう。
    出典 :有酸素運動 - Wikipedia
  • 無酸素運動とは

  • 無酸素運動(むさんそうんどう、Anaerobics)とは、有酸素運動ではない運動であり、以下の2種類を含む。
    乳酸系 - 解糖系により、グリコーゲンを酸素を使わずに乳酸に分解し、エネルギーを生成させる。陸上競技のロングスプリントと呼ばれる400メートル競走や中距離走は主にこれをエネルギー源とする。
    非乳酸系 - ATP-CP系代謝により、ATPをエネルギー源とする瞬発力。陸上競技の100メートル競走では、主にこれをエネルギー源とする。
    出典 :無酸素運動 - Wikipedia
     

    ひとことでいうと酸素を使わない強度な負荷を持つ運動のことです

  • 脂肪を落とすには有酸素運動が効果的

  • 脂肪を燃やすためには酸素が必要だと言う事です

    ジョギングなどを行うときに『息が上がるほどの負荷』で運動した場合
    酸素を補給しづらくなり、結果的に脂肪が燃えづらい運動となってしまうのです
    出典 :有酸素運動で痩せる理由? | 肉体改造への道パート2 - 楽天ブログ
     

    脂肪を燃やすには酸素が必要なのです

  • 筋トレとの組み合わせが最強!

  • 筋トレと一緒に有酸素運動を行うことで、リバウンドしにくいからだを作ることができます。

  • 一番効果のある有酸素運動は

  • カロリー消費量の効率を考えると、間違いなく水泳がオススメです。陸上で行うウォーキングと比較しても、効果の差は歴然としています。
    出典 :消費カロリーの高い運動ランキング
     

    1時間あたりの消費カロリーではクロールがダントツです。ですが1時間続けるのは中々辛い…という人もいるのではないでしょうか。

  • 有酸素運動はできたら毎日やりましょう

  • また有酸素運動は、毎日することが本当に重要です。

    燃焼効果の資料では、1日おきにした場合の効果は90%、2日おきの場合70%、3日おきの場合50%と、どんどん効果が落ちていき、1週間おきになると20%程度の効果しか得られないという結果になっています。
    出典 :失敗しないダイエット - 効率の良い脂肪の燃焼「運動編」
     

    無酸素運動は毎日やるのは逆効果なのですが、有酸素運動は毎日やるがいいのです。

  • 一番やり易い有酸素運動とは

  • 水泳、ジョギング、ウオーキングなどがありますが、最初はウォーキングがおすすめ

  • もっとも一般的な有酸素運動がウォーキングです。ウォーキングはお金もかからず特別な器具もいらず、手軽に今すぐにでも始められる有酸素運動です。
    出典 :有酸素運動-ウォーキング
     

    手軽で気軽。これがウォーキングがオススメの理由です

  • ジョギングはひざに負担がかかるが、ウォーキングはひざへの負担が小さいので高齢者でも出来る
    出典 :骨盤らくらくウォーキング | ダイエッター主婦の事件簿♪ - 楽天ブログ
     

    おすすめの理由その2です。

  • 正しい姿勢と歩き方教室(※2010年7月24日再アップ) - YouTube

     

    正しい姿勢と歩き方って意外にきついのです

  • ウオーキングからはじめて徐々に負荷の強い運動に

  • スイミング

  • 例えば、
    30代、体重55kgの女性が1時間、平泳ぎをしたとすると
    55(体重)x0.1968x60(分)x0.87(補正係数)=565kcal
    となります。
    出典 :運動で消費 カロリー一覧 | 運動で消費するカロリー一覧
     

    水泳はバツグンの消費カロリーです

  • ランニング

  • ウオーキングよりも消費カロリーの効率はいいですが、からだへの負荷が大きいので気をつけましょう

  • 正しいランニングフォームを身につけるためのポイント〜足の運び〜 - YouTube

     

    正しいランニングフォームで、からだへの負担を軽くしましょう