【世界一受けたい授業】で話題!疲れを取る「イミダゾールジペプチド」とは

疲れたな~・・・
毎日のようにそう感じてる人、多いですよね。
アナタはどうですか?
精神的にも、肉体的にも疲れてしまってるアナタに朗報です!
10/26にTV【世界一受けたい授業】で紹介された、
「イミダゾールジペプチド」って成分に効果があるそうです。
それって、どんなものなのでしょうか?

view876

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「渡り鳥」にヒントが!

     

    渡り鳥、そしてカツオやマグロの驚異的な運動は、何故、可能なのか? これを支える物質のひとつが動物の体内のアミノ酸で作られるイミダゾール・ジペプチドだ。イミダゾール・ジペプチドは激しい運動で発生する体内の活性酸素を消去する強力な抗酸化作用を持つ。これが運動する筋肉組織で作られることで、カツオやマグロ、そして渡り鳥の驚異的な運動能力を支えていると考えられている。

    引用)http://www.e-expo.net/information/imida/

  • 1万キロを飛んでも疲れ知らずの渡り鳥。なぜ、そんな力があるのでしょうか?

  • 渡り鳥の力の源は「イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)」だった!

  • 発見当時は生命維持する栄養素として着目

     

    ところで、カルノシンが牛肉エキスの中から発見されたのは、実に19世紀の世紀末、1900年のことである。極めて古い研究の歴史をもつアミノ酸であるが、当時は生命を維持する栄養素ではないかと考えられていたようである。しかし、その真実は謎であった。それから100年以上がたち、このイミダゾール・ジペプチドは動物の寿命を決定するアミノ酸ではないかという観点から、再び脚光を浴びるようになった。

    引用)http://www.e-expo.net/information/imida/

  • 昔は「アンセリン-カルノシン」と呼ばれていたそうです。それにしても、“生命を維持する栄養素”なんて、重要なものだってことは分かっていたようです。

  • イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、「カルノシン」と「アンセリン」という2つのペプチドで構成された物質。イミダペプチドは渡り鳥のムネ肉などの羽を動かす筋肉や、カツオやマグロといった回遊魚の尾びれ部分に多く含まれていて、クジラや牛、豚の肉、人間の脳や骨格筋などにも含まれていることがわかっています。その中で最も鳥のムネ肉にはイミダペプチドが牛や豚の2〜3倍以上含まれていることがわかり、この成分が渡り鳥の長距離飛行に深く関わっていることが明らかになってきたのです。
    出典 :研究者も驚いたイミダペプチドの力
     

    鳥の胸肉に多く含まれているんですね!

  • 「イミダゾールジペプチド」が多く含まれている食材は・・・

     

    牛でも、豚でもない・・・

    『鳥の胸肉』

  • これまで、「疲労対策に効果がありそう」といわれてきた食材はたくさんありましたが、それらの効果が科学的に分析される機会はなかなかありませんでした。しかし、近年、疲れにまつわる様々な研究が行われています。例えば最近、産官学が手を取り合い、”本当に疲労対策に効果がある医薬品や食品”を開発すべく、「健康予防医療産業振興プロジェクト」というプロジェクトが行われていました。 構成メンバーは、大阪市を中心に、大阪市立大学などの5大学、そして、大手食品メーカーや医薬品メーカーなどの計18社です。このプロジェクトの中で、様々な食品成分が分析されました。その結果、疲労回復の救世主として、ある食品が注目され始めているのです。

    それは・・・「鶏の胸肉」です!
    出典 :驚きの疲労回復効果!「鶏の胸肉」の料理でイミダペプチドを摂ろう! | 薬剤師マキの調剤なる日々
     

    なるほど、ニワトリでも同じ“鳥”だからタップリ含まれているんですね。

  • どのぐらい摂取すれば良いのか?

  •  

    様々な実験結果から、「イミダゾールジペプチド」が最も力を発揮するのは摂取開始数日後から、継続摂取した2週間後以降ということが分かってきました。疲れた時にすぐ取るだけでは、せっかくの抗疲労効果もその力が存分に発揮されないのです。「疲労」に打ち克つ体になりたい! そう思われた方、ぜひ2週間『イミダゾールジペプチド』を摂取し続けてください。そうすれば、きっと「疲労」に負けない強いあなたに変われるハズ……。

    引用)http://imidapeptide.jp/details/take.html

  •  

    鶏胸肉のおよそ約100gに、200mg分の『イミダゾールジペプチド』が含まれているのです。しかし、どんな食べ方でも『イミダゾールジペプチド』を摂取できるかというと、そうではありません。『イミダゾールジペプチド』を摂取するのに一番適したメニューは鶏胸肉をじっくり煮込んだ「スープ」です。鶏胸肉を熱水で約30分煮込むことで『イミダゾールジペプチド』がスープに抽出されます。

    引用)http://imidapeptide.jp/details/take.html

  • 現在、「疲労」は、体内で発生した活性酸素による酸化ストレスが、細胞の機能を低下させる(ATP産生が低下する)ことに原因があると考えられています。つまり、この酸化ストレスを軽減できれば日常生活で生じる様々な疲労を解決できると考えられます。『イミダゾールジペプチド』には、活性酸素を除去する効果がある抗酸化成分であるということも今までの研究で分かってきました。 肉体疲労、精神疲労ともに細胞の酸化ストレスが深く関わっているなら、『イミダゾールジペプチド』はそのどちらにも効果があるといってもよいのかもしれません。
    出典 :イミダゾールジペプチドで疲れ知らずに!?|疲労回復・疲れ対策にイミダペプチド
     

    肉体、精神、どちらの疲労にも効果があるなんて、素晴らしいことですね!

  • 抗疲労や抗老化に有効な“究極の抗酸化剤”とは?

     

    チキンエキスやマグロ、シャケエキスに含まれるイミダゾール・ジペプチド単独でも、体内で生産される活性酸素の有害作用を抑える効果は期待出来る。しかし全てのタイプの活性酸素を抑制するのは、一種および同系統の抗酸化剤を摂取することでは不十分。イミダゾール・ジペプチドの効果が弱い水酸化ラジカルや亜硝酸ラジカルに備えるために、それに最も強い抗酸化剤と組み合わせることが理想的である。これは抗疲労や抗老化という目的においては、究極的な抗酸化剤の配合といえるかもしれない。

    引用)http://www.e-expo.net/information/imida/

  • 「鳥の胸肉」単体で摂るよりも、ビタミンC、ビタミンE、クルクミンなどと一緒に摂ると効果が更にパワーアップするってことでしょうか?