妊婦さんは注意!妊娠中に動脈瘤が!                                 

妊娠中に動脈瘤が…!
脳卒中と妊娠との関係は?                                                                                                                               

view950

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも動脈とは何でしょう?

  • 動脈とは

     

    動物の血管系において、心臓から押し出される血液の流れる血管のことである。
    動脈は、その高い圧力に耐えるため、たとえば脊椎動物では外膜・中膜・内膜の3層からなる丈夫な構造を持つ。また、柔軟性に富むため心臓の収縮時と拡張時の血圧の差を吸収できるようになっている。

  • 動脈瘤とは?

  • 高血圧、動脈硬化、外傷、動脈炎などによりこの血管の組織が弱くなり、動脈が血圧により内から外へ拡張しようとする力と、血管の筋肉や繊維による外から内への拮抗力の釣り合いが取れず、内から外へ拡張しようとする力が強くなった時に、本来の形状を維持できなくなり動脈にコブが出来たり膨張しりします。
    出典 :医療法人社団 愛心館 » 動脈瘤と静脈瘤
  • 脳卒中とは?

  •  

    脳梗塞 
    脳の血管がつまったり狭くなったりして血流が悪くなります。

    脳血栓症
    脳の比較的太い血管が動脈硬化によって狭くなり、血のかたまりによってすこしずつつまります。また高血圧が原因で脳の細い血管が変性して、血管がつまります。

    脳塞栓症
    脳の血管に心臓などでできた血のかたまりが流れてきて血管をふさぎます。

    一過性脳虚血発作
    一時的に脳の血管がつまりますがすぐに血流が再開します。脳梗塞の前ぶれとして現れることがあります。

  • 脳出血
    脳の中の細かい血管が破れて出血します。

    くも膜下出血
    脳の表面の大きな血管にできたコブが破れてくも膜の下に出血します。

    出典 :脳卒中とは?|NO!梗塞.net-脳梗塞ネット|脳梗塞の前兆から対策、診断、症状、治療など
  • 脳卒中と動脈瘤

  •  

    脳動脈瘤は一般にその形状から2つに分けられます。
    嚢状動脈瘤と紡錘状動脈瘤です。

  • 嚢状動脈瘤
    図左のように、普通血管の分かれ目にできることが多く、本幹から部分的に出っぱった形をしています。破裂してくも膜下出血を起こすものの多くはこのタイプです。
    出典 :紡錘状動脈瘤について - 脳卒中をやっつけろ!
  • 紡錘状(ぼうすいじょう)動脈瘤
    図の右のように血管全体がふくらんだ形をしています。
    この紡錘状動脈瘤には血管の壁が裂けてできる解離性動脈瘤と普通の動脈瘤があると言われています。
    出典 :紡錘状動脈瘤について - 脳卒中をやっつけろ!
  • 妊婦と脳卒中の関係

  • 妊娠自身が脳卒中の危険因子であることは、古くから知られています。

     

    原因は?
    母体の循環動態の変化
    (循環血液量の増加、心拍出量の増加)
    妊娠によるホルモン作用
    (血管拡張、血管壁の変化など)
    妊娠による凝固系の亢進
    などが挙げられます。

    また、最近の研究では妊娠中の脳卒中のリスクは、非妊娠時と大きな違いがなく産褥期のみに高いという報告もあります。

  •  

    厚生労働省研究班の全国調査では2006年度の1年間に妊娠・出産に関連して少なくとも日本中の妊婦で脳出血が39人、脳梗塞が25人、クモ膜下出血が18人が発症したと報告され、うち10人の妊婦が死亡したと報告されました。死亡した10人のうち7人は脳出血であったということです。

  • 高血圧で嘔吐や意識障害がおこる高血圧性脳症という病気まで含めますと妊婦1万人に1~2人程度が脳卒中を発症するという頻度で、決して頻度は多くありません。しかし脳卒中は死亡率も高く、からだの障害も残るために大変重要な問題です。
    出典 :池田脳神経外科 | 院長コラム:妊婦の脳卒中について
  •  

    1.妊婦は脳卒中になりやすいわけではありません。
    2.脳卒中をおこしやすい時期としては妊娠後半期です。
    3.妊娠高血圧症候群の人におこりやすいようです。
    4.症状発現から診断までに時間がかかるケースが多いので注意が必要です。

  • 妊娠とくも膜下出血

  • 脳動脈の一部がふくらんでできた動脈瘤の破裂によるものがほとんどです。また、脳動静脈奇形からの出血でもくも膜下出血になることがあります。
    脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血は妊娠1万例に対して1例といわれ、同世代の非妊娠女性と比べると、5倍の頻度で起こっています。
    出典 :くも膜下出血|東邦大学医療センター大橋病院 脳神経外科
  • くも膜下出血は、突然死に原因になったり、約20%の人は数時間以内に死亡するといわれる重篤な病気です。妊婦さんが発症してしまった場合は、母体の命が危なくなってしまうため、母体の治療を優先して行うことが一般的です。初産婦より経産婦に、そして妊娠第3期に多いとされています。
    出典 :くも膜下出血|東邦大学医療センター大橋病院 脳神経外科