胆嚢癌の【治療】は癌の進行状況によって変わります。発見が早いほど手術もラクになります。

胆嚢癌の【治療】は癌の進行状況(0期~Ⅳ期)によって、手術治療、化学療法、放射線治療とに大別されます。
信頼のおける医師の元で十分な検査を行い、医師とも相談して納得のいく【治療】をしてもらう事がとても重要です。
また、【治療】の一環として、医師から術後の生活指導なども受けるようにしましょう。

view580

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胆嚢癌の進行のステージ

  • 胆嚢癌のステージ分類には国際的標準であるTNM分類と日本国内で使用される胆道癌取扱い規約がありますが、主に使用されるのは後者の方です。
    ●胆道癌取扱い規約による胆嚢癌のステージ分類
    Ⅰ期:胆嚢癌が胆嚢内部にとどまっている場合で、リンパ節および胆管などへの浸潤が見られない場合。
    Ⅱ期:胆嚢癌は胆嚢内部にとどまっているが、Ⅰよりも進行している場合。胆嚢壁や周囲の組織への浸潤の程度、リンパ節への転移の有無などによってさらに細かく規定されています。
    Ⅲ期:胆嚢癌が胆嚢の壁を越えて露出している場合です。多くはリンパ節への転移を伴っており、肝臓や胆管側への浸潤も見られます。
    Ⅳ期:胆嚢の他の臓器への浸潤があり、主要な血管への浸潤や、肝臓、胆管側への浸潤がさらに進行している場合です。
    Ⅳ期ではリンパ節への転移や他の臓器への転移の状況によってⅣa期とⅣb期とに分かれています。
    などとなっています。
    胆嚢癌の場合、現時点では手術以外の有効な治療法はまだ確立されていません。そのためⅠ期などの早期の胆嚢癌以外では完治させることは困難で、手術が行われない場合には化学療法や放射線療法で生存期間の延長が図られたり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)の向上を高める方に治療の方針が移されます。胆嚢癌におけるステージごとの生存率は以下のようになっています。
    ●胆嚢癌の患部切除後の生存率
    Ⅰ期:患部切除後5年生存率 90%以上
    Ⅱ期:患部切除後5年生存率 35~45%
    Ⅲ期:患部切除後5年生存率 15~20%
    Ⅳ期:患部切除後5年生存率 5~7%
    出典 :胆嚢癌の専門サイト
  • 胆嚢がんの検査方法

  •  

    血液検査では初期の胆嚢癌は発見できません。

  • 胆嚢癌の進行状況による治療法

  • 胆嚢癌の放射線治療

  • 胆嚢癌の放射線療法

    これは、高エネルギー X 線やその他の梁、がんのがん細胞を殺すために焦点を当てたが含まれます。放射線療法は、通常外科手術後の残存癌細胞を殺すために実施されます。これはアジュバント放射線療法と呼ばれます。

    放射線療法オフィス訪問に一定の間隔で行われます。それか外部放射線治療のマシンから、または内部的放射性物質 (線量) 腫瘍の近くに配置することによって指定できます。

    症状を緩和する進行胆嚢癌の放射線療法を使用するも可能性があります。これは、緩和的放射線療法と呼ばれます。
    出典 :胆嚢癌の治療
  • 胆嚢がんは遺伝するのか?

  • 胆嚢癌の術後