【プレママ向け】妊娠14週で出血が!考えられる原因は…?

安定期に入る直前の妊娠14週。こんな時期に出血してしまうと不安ですよね…。考えられる原因についてまとめました。(が、心配であればすぐに病院へ相談するのが一番ですよ~!)

  • MUMMY 更新日:2014/05/09

view9394

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠14週で出血!!

     

    考えられる原因は…?

  • 切迫流産

  • 妊娠21週までに胎児が育たなかったり、途中で流れ出てしまうことを「流産」といい、「切迫流産」はその手前の状態をいいます。
    出典 :切迫流産|プレママタウン
  • 切迫流産を経験しましたか?

     

    15%以上の人が切迫流産を経験しています。

    出典:http://www.premama.jp/jiten/pregnancy/preg23.html

  • 出血があっても、胎芽や胎児心拍が見えない場合は、確かにその後に流産となるケースが多くても、胎児心拍を認める場合は、ほとんどのケースで妊娠継続ができることがわかってきたのです。
    出典 :切迫流産 [流産の基礎知識] All About
  • 妊娠10週を超えても、少量の出血や軽いおなかの張りのみであれば、安静を指示されるだけで特に薬なども使わないことがほとんど。安静の程度は症状にもよりますが、仕事は休んで家事も最低限にし、入浴や食事など自分の身の回りのことをするとき以外は横になっておくのが基本です。
    出典 :切迫流産の原因・症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • 前置胎盤・低置胎盤

  • 胎盤の一部または大部分が、子宮下部(子宮の入り口近く)に付着し、内子宮口(ないしきゅうこう)におよぶものが前置胎盤で、子宮口の近くに付着していても、内子宮口におよばないものが低置胎盤です。
    出典 :前置胎盤/低置胎盤 とは - コトバンク
  • 妊娠中期以降に、おなかはほとんど痛くないのに、突然、新鮮な大量の出血をおこします。
    出典 :前置胎盤/低置胎盤 とは - コトバンク
     

    基本的には胎盤が完成する中期以降と言われていますが、早い人だと4ヵ月時点で出血をする人も。

  • 前置胎盤・低置胎盤には下記のようなリスクがあります。

    ・妊娠中~分娩時に大量出血を起こす可能性があり、命に関わる危険性がある
    ・子宮口の入口を胎盤がふさいでいるため、帝王切開での分娩が多くなる
    ・癒着胎盤(子宮に胎盤が癒着し産後もはがれず排出されない)などの合併症がある
    出典 :ハイリスク妊娠…前置胎盤・低置胎盤って? | ラルーン
  • 前置胎盤の程度にもよりますが、出血を起こさないよう出来る限り安静にする必要があります。

    出血がある場合には入院になることがほとんどですが、出血がない場合でも普段から出血の可能性を考えて入院の準備等をしておくことが大切です。
    出典 :ハイリスク妊娠…前置胎盤・低置胎盤って? | ラルーン
  • 排便の時の出血や痛みは痔の可能性も。妊娠中は便秘になりやすく痔になる可能性も高くなります。
    出典 :妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週) | べびとら[Baby*trust]
  • 妊娠中の女性には、「いぼ痔」と「切れ痔」が圧倒的に多いと言われています。病院で「痔」になってしまった事を相談する事が恥ずかしいと感じている方も多いようですが、妊娠中8割ものママさんが「痔」を経験している事が分かっています。
    出典 :妊娠中の痔について-赤ちゃんの部屋
     

    産道と近いので妊婦は痔になりやすいんだそう。

  • その他の原因も…出血をしたら自己診断することなく病院で相談を!

     

    突然出血をすると不安になってしまうのは当然のこと。気になるようであれば、自己診断をする前にすぐに病院で相談を!