突然くる激痛!!【ぎっくり腰】の対処法

何かのきっかけで急激に発症します
気をつけてくださいね
まとめてみました

view302

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぎっくり腰ってなに?

  • ぎっくり腰は、何かのきっかけで急激に(ギクッと)発症した腰痛のことで、医学 的な診断名ではなく、一般的な名称です。ですから、ぎっくり腰といっても人によっ て傷めた場所は違います。とはいっても傷めやすい場所の傾向はあります。
    出典 :ぎっくり腰
  • ぎっくり腰とは、重いものを持ち上げたり、スポーツなどの運動によって突然発症する腰痛で、急性腰痛症とも呼ばれています。過度の負荷が引き金になることはもちろん、くしゃみや椅子から立ち上がるなど、日常のちょっとした動作が引き金になる場合もあります。
    出典 :ぎっくり腰|ファーストエイド|eo健康
  •  

    また、腰痛は背骨の異常が原因でおこるものや、血管や内臓の病気が原因でおこるものもあります。慢性の腰痛がある人でも別の原因で急性の腰痛が起こっている場合があるので、原因をはっきりさせるためにも必ず医師の診察を受けましょう。
    特に、痛みが激しい、しびれがある、呼吸が弱い、熱がある、尿が出ないなどの場合はすぐに救急受診しましょう。

  • 痛めやすい場所

  • 1)仙腸関節の損傷(捻挫)
     この場合は、一般的に云うところの腰というより臀部(尻えくぼのあたり)に痛みがでます。また仙腸関節の損傷は骨盤の上にある背筋 (専門的には脊柱起立筋、腰方形筋などと呼ばれる筋です)を緊張させて痛みを出させたり、太もも後ろ側やふくらはぎに痛み (専門的には関連痛と呼ばれます)やしびれを出させることもあります。

    2) 腰椎の損傷
     この場合は、骨盤の上にある腰椎(背骨)したがって腰の中心部が痛みます。また背骨沿いの背筋(脊柱起立筋や回旋筋などです)を 緊張させて痛みを出させたり、下肢に痛み(専門的には関連痛の場合と根性痛の両方があります)を出させたりします。

    3)背筋や筋膜(筋は線維性の膜で包まれていますが、それのことです)の損傷
     この場合は傷害された背筋やその筋膜が一番痛むことになりますが、私たちの見る限り腰椎や仙腸関節にまったく問題がないのに 筋・筋膜を損傷した例をほとんど知りませんから、大なり小なり1)あるいは2)が合併しているものです (と私たちは思っていますが、現代医学で認められた考え方ではありません)。
    出典 :ぎっくり腰
  • •筋肉や神経、関節への急激な負荷や過度の緊張、疲れ
    •長時間の無理な姿勢、筋肉疲労
    •デスクワークで長時間椅子に座っている方
    •長時間、椅子に浅く座って仕事をしている方
    •冷え性の方

    出典 :ぎっくり腰|ファーストエイド|eo健康
  • 症状の観察

  • 動くと激しい痛みがあるため、比較的分かりやすいですが、代表的なものとして、以下のような症状が現れます。
    •激痛で、上半身を少し前かがみにしないと歩けない
    •上半身をそらすことができない
    •歩く振動で痛みが増すため静かにしか歩けない
    •激痛で立てない、歩けない、寝返りできない
    出典 :ぎっくり腰|ファーストエイド|eo健康
  • こんな動作が危ない


  • 1.急に布団から起き上がろうとした時。

    2.目覚めてすぐに伸びをした瞬間。

    3.布団や物を持ち上げる時。

    4.顔を洗う時。

    5.靴下を履こうと立って、前かがみになった時。

    出典 :ぎっくり腰対処法・家庭編 [ぎっくり腰] All About
     

    ご家庭で良くあるこの動作が危ない

  • 6.背伸びをして高いところのものを取ろうとした時。

    7.子供を抱きかかえようとした時。
    出典 :ぎっくり腰対処法・家庭編 [ぎっくり腰] All About
     

    この辺も要注意したい所ですね

  • 家庭での対処法

  • 氷水で冷やす。
     温めはだめです。ですからお風呂もやめておくのが無難です。ぎっくり腰は捻挫や肉離れのようなものと考えていただければ、 おのずと冷やすことが大切なのはわかっていただけると思います。冷やすことがなぜ良くて、温めるとなぜいけないのかの詳しい説明は 別の機会にいたします。ぎっくり腰は炎症ですから熱を発生していますので冷やすと今は云っておくにとどめます。
    出典 :ぎっくり腰
  • •本人の楽な姿勢をとる
    •横向きに寝てひざをまげ、エビのように背中を丸めた姿勢をとる
    •仰向けに寝て、背中や腰、ひざの下などに支えとなるクッションや枕、座布団などを当てる
    出典 :ぎっくり腰|ファーストエイド|eo健康
  • さらしやゴムベルトを使う。
     お尻の痛いタイプは骨盤をさらしやゴムベルトで締めると仙腸関節が早く治ります。腰椎や背筋の痛みがつよい場合はさらしを巻くのがいいでしょう。 テーピングができる人がまわりにいるならその人にお願いしてもいいでしょう。
    出典 :ぎっくり腰
  • 家事をしなくてはならない場合などは、腰を固定させ腰の負担を減らすことが必要です。腰痛用のベルトを持っている場合は、それを使用しますが、持っていない場合は、家にあるもので代用します
    出典 :ぎっくり腰対処法・家庭編 [ぎっくり腰] All About
  • 画像はクリックで拡大

     

    「ぎっくり腰体操」
    第1段階:よつばいになります。

    第2段階:よつばいのまま、手とひざの位置を動かさずに、体を前後にゆすります。

  • 画像はクリックで拡大

     

    第3段階:よつばいのまま、左右にお尻をふります。
    ■注意:急激に動かすと痛みがぶり返すことがありますのでゆっくりと動かして下さい。
    第4段階:よつばいでゆっくり歩きます。

    第5段階:柱などにつかまりながら、ゆっくり立ちます。

    第6段階: まっすぐ立てるようになったら、柱につかまったまま上半身を垂直に保ったまま、 膝を軽く曲げたりのばしたりします。

    第7段階:そろそろと歩きます。

     第7段階までくれば、後は、中腰やくしゃみ、トイレや洗面などの動作で再度傷めることのないように注意して生活していれば、 日に日に回復していくことでしょう。