質の良い睡眠は美しさの秘訣。

睡眠の質を向上させる方法色々。

睡眠は美容にも健康にも効果のある万能薬。精神衛生上に良いのもやっぱり睡眠。

view431

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠の質を上げるには?

  • ポイントは「起床時間」にあり。

  • 睡眠だって量より質が大事! 毎朝同じ時間に起きよう!

     

    睡眠で重要なのは、実は睡眠時間ではなく睡眠の質。
    長時間寝たからといって、スッキリしないのは、熟睡できていないからなんです。
    睡眠の質を改善するためには、毎朝同じ時間に起きることが重要。
    眠る時間が不規則でも毎朝同じ時間に起きていれば、睡眠の質は向上します。
    何時に寝ようが、少々睡眠時間が短くなろうが、起きる時間を一定に保つことが
    良質な睡眠を得て、睡眠障害を解消できる大切なポイント。


    http://www.karadakara.com/col/suimin.html

  • 眠くなる時間は朝の光のタイミングで決まります。朝、光をいっぱい浴びて「起きた」ことをカラダが感じてから、およそ15時間後にカラダは休息する体勢に向かいます。カラダが休息体勢になれば、自然と安らかな眠りにつくことができ、睡眠の質を上げることができるのです。だからこそ、毎日同じ時間に「起きる」ことに意識を持っていくことが重要です。何時に寝ようと、朝起きる時間を一定にしておけば、眠りの質は良好に保たれます。たとえ睡眠時間が短くなったとしても、起きる時間を一定に保つ方が、睡眠の質は良くなり、熟睡度は向上します。これが睡眠障害を解消するひとつのヒケツでもあるのです。

    長時間睡眠をとっても、朝スッキリと起きることができない人は、思い切って、睡眠時間を減らして、毎朝同じ時間に起きることを心がけてみましょう。そうすることで、夜の熟睡度を上げることができるはずです。慣れるまではつらいかもしれませんが、そのうち、その生活にも慣れて、ぐっすり眠ることができるようになるはずです。くれぐれも、休みの日に、寝取り戻しをして、せっかくなれた生活リズムを崩さないようにしてくださいね。


    出典 :睡眠だって量より質が大事! ~健康の診断サイト カラダカラ
  • 午後10時~午前2時までの間がゴールデンタイム

     

    夜の時間帯の中でも、特に午後10時~午前2時までの4時間の間に、肌の生まれ変わりが最も活発化するため、この時間帯に睡眠をとることをオススメします。

  • 毎日の睡眠の質を向上させるための7つの方法

  • <1> 毎日3食を規則正しい時間で食べる

     

    夕食は腹8分目に抑え、寝る前の3時間は何も食べないこと。
    遅い夕食や食べ過ぎの場合には、消化器官が活動してしまっているため、寝付きが悪かったり、眠りが浅くなったりします

  • <2> 寝る前の刺激物の摂取を避ける。

     

    カフェインを含む、コーヒーや紅茶などは、寝る2時間前には飲まないこと。煙草も副交換神経を刺激し、快眠を妨げてしまうので、寝る前の一服は避けましょう。寝酒は睡眠を促しますが、眠りが浅くなるため、夜中に目が覚めたりします。

  • <3> ぬるめのお風呂にゆったりと入る

     

    お風呂に浸かることで、体が暖まり、血行も促進され、睡眠には効果的です。

  • <4> 寝る前に軽くストレッチ

     

    適度な運動は快眠を誘いますので、お風呂後の柔らかくなった体でストレッチをするのも良いでしょう。

  • <5> 毎日の寝る時間を1時間以上ずれないようにする

     

    質の良い睡眠のためにも、肌質を保つためにも、規則正しい生活習慣は大事です。

  • <6> ホットミルクを飲む

     

    眠れない時には、程良く温めたホットミルクを飲むのが効果的です。牛乳には精神安定作用のあるトリプトファンが含まれているので、睡眠を促してくれて、体も温めてくれて、一石二鳥です。

  • <7> 朝に太陽の光を浴びる

     

    太陽の光を浴びることで、睡眠と覚醒のリズム、体内時計を調整してくれます。太陽の光を浴びると体は覚醒されるので、眠くても起き上がって太陽の光を浴びるようにしましょう。早く寝るためには、早起きをして生活リズムを崩さないことが大事です。