境界性パーソナリティ障害のことについて

境界性パーソナリティ障害という病気についてご存じでしょうか?今回はこの病気についてまとめてみました。

view320

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 境界性パーソナリティ障害とは?

  •  

    まずは定義です。

  • 青年期または成人初期から多く生じる、不安定な自己 - 他者のイメージ、感情・思考の制御不全、衝動的な自己破壊行為などを特徴とする障害である。一般では英名からボーダーラインと呼称されることもある。旧来の疾患概念である境界例と混同されやすい。
    出典 :境界性パーソナリティ障害 - Wikipedia
     

    自己をコントロールできなくなるのですね。

  • 原因は?

  • 本人の気質、遺伝的な要因や育ち方などに問題がある場合、思春期、青年期の過ごし方で発症するかしないかが左右されると考えられています。親子関係だけでなく友人関係なども大切な要素です。
    出典 :境界性人格障害の原因
     

    環境も影響するということですね。

  • なりやすい人は?

  • アメリカの統計では、境界性人格障害の約8割が女性であると報告されています。日本の調査報告は少ないですが、確かに男性より女性の方が多いそうです。
    出典 :境界性人格障害は女性に多い
     

    若年の女性がなりやすいみたいです。

  •  

    歳をとるとなりにくいみたいです。

  • 症状は?

  • 気分の波が激しく感情が極めて不安定なので、さっきまで理想化して褒めていたような人に対しても、何か自分に否定的な発言などがあると急に怒り出して、攻撃的な罵倒が止まらないほどに興奮してしまうこともあります。
    出典 :境界性人格障害の“認知・感情・行動”のパターン
     

    急に変わってしまうのですね。

  • ・慢性的な空虚感を感じる ・一人きりになることに耐えられない
    ・衝動的に飲酒、大食、買い物などをしやすい  ・自己イメージが混乱する
    ・他者を良い・悪いの両極端で評価し、評価自体も簡単に反転してしまう
    ・現実認識が低下する ・リストカットなどの自傷行為をする ・自殺をほのめかす
    出典 :境界性パーソナリティ障害の特徴・原因・症状 [メンタルヘルス] All About
     

    適切な対応をしないといけない症状ばかりですね。

  •  

    周りの人間に害を及ぼす場合があります。

  • 見捨てられ不安が強い

     周囲の人から見捨てられることを極度に恐れます。嫌われないように異常な努力をします。
    出典 :境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の診断、症状、治療
     

    これだけだと病気とは思いませんね。

  •  

    不安感が払しょくできなくなるのですね。

  • 改善法は?

  • 薬物療法、カウンセリングが行われます。薬物療法では個々の患者さんの問題となっている精神症状(抑うつ感、感情の激しい起伏、衝動性、etc)をターゲットにします。カウンセリングでは認知行動療法、弁証的行動療法などの手法を用いて心が安定するようトレーニングします。
    出典 :境界性パーソナリティ障害はどう治す? [メンタルヘルス] All About
     

    いくつかを組み合わせる方法がよく用いられています。

  •  

    病気をいっきに治す薬はまだありませんが、カウンセリングとの組み合わせで効果が出ることが実証されているようです。

  • 境界性人格障害の治療法である社会療法では、デイケアなどに通い、社会との関わりを持ちます。
    患者が対人関係などでトラブルを起こしやすいのは、社会生活を円滑に営むための技能が身についていないからでもあります。患者たちが集い、ともに活動するデイケアの利用は、実社会に戻るための良い練習になります。

    出典 :境界性人格障害の治療法:社会療法
     

    経験を積んで、慣れさせるのですね。

  •  

    少しづつ慣れていくことが大切です。

  • 一番大事なことは、本人の「治りたい・治したい」という気持ちです。
    治療では、過去のつらい出来事やできれば知らぬふりをしたい事ともきちんと向き合わなければいけません。
    また、治療期間も人によっては長期にわたることもあります。境界性人格障害の特徴である、対人関係の不安定さは 医師や心理士との間にも起こると考えられますが、医師や心理士を信頼し、「治りたい・治したい」気持ちを忘れずに 長い目で治療に取り組みましょう。
    出典 :大阪市中央区日本橋 精神科・心療内科(カウンセリング) いちメンタルクリニック
     

    時間がかける必要があるということです。

  •  

    先生は信頼し、また治りたいという気持ちを忘れないようにしましょう。