コレステロールを下げてハツラツボディ まとめ

コレステロールと聞くと、体に悪い。
カロリーの高い食品を取るとよくないという大まかな知識があります。

実際にはどんなもので、コレステロール値が高いとどうしてよくないのか。

減らす場合、どうすると普段の生活に取り入れていけるか。

考えてみたいと思います。

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 分かりやすい動画でまずは確認!

  • コレステロールの正体を解明せよ - YouTube

  • 健康番組などの情報も得ましょう!

  • 分かりやすい図解で理解して、自分の体の現状把握を!

  • コレステロール

     

    簡単な図解で理解してみましょう。

  • いろいろな、健康方法を試してみるのもおすすめです。
    健康管理へのモチベーションを高めましょう。

  • コレステロールを分解する健康酢の作り方 - YouTube

  • ■椎茸には、コレステロールを下げる作用もあります!!現代人には欠かせない食べ物です(*^_^*)
    http://t.co/5nrbyImHh5
  • 【ダイエットにオススメのお茶ベスト5】
    ①プーアル茶(中性脂肪やコレステロールを吸収して排出)
    ②烏龍茶(脂肪分解)
    ③ゴーヤ茶(脂肪燃焼を活性化)
    ④マテ茶(ビタミンが豊富)
    ⑤ギムネマ茶(メタボ対策に最適)
  • 高血糖/メタボ予防料理たまねぎとこんにゃくのガーリックステーキ - YouTube

  • コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。

    名称は1784年に研究者が胆石からコレステロールの固体を初めて同定した際、ギリシア語の chole-(胆汁)と stereos(固体)から名付けられた。加えて化学構造がアルコール体であるため、化学命名接尾辞 "-ol" が付けられる。

    いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体を示し、コレステロール分子自体を指すものではない。善玉と悪玉の違いは複合体を作るリポタンパク質の違いであり、これにより血管内での振る舞いが変わることに由来する。これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • コレステロール対策 2 - YouTube

  • コレステロールとは血液内の油・・と考えると分かりやすいと思います。

    食品などによって摂取されたコレステロールは血管の中に溜まっていきます。

    溜まっていけば、その分血管の中は狭くなってしまうわけです。

    それによって体のあらゆる部位に不調が出てしまうのです。

  • コレステロール②予防法について! - YouTube

  • コレステロール① - YouTube

  • 分かりやすいメカニズム