妊娠する前から飲もう!美肌効果も期待できる♡葉酸♡

妊娠期に必要な栄養素として注目されている“葉酸”♪
実は妊娠してからでは遅いという事がわかりました!
若い女性や妊娠の可能性がある場合であれば、
日常的に摂る必要があるのです!

view365

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 葉酸は本当に必要なの?

  • 葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、代謝との関わりがとても深い栄養素です。
    DNAが合成する時に働くので、細胞の生産を助け、発育を促してくれる効果があります。
    また、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。
    葉酸はその名の通り、葉もの野菜に多く含まれています。1日の推奨量は、
    成人女性で240μgですが、妊婦は、その倍である480μgが必要とのことです。
    出典 :妊娠してからでは遅い!美肌にも必要不可欠な“葉酸”の正しい摂り方| Life & Beauty Report(LBR)
     

    必要な量が倍になるのですね♪

  • 妊娠初期(2週~4週)は、胎児の成長において最も細胞分裂が盛んな時期でもあります。
    ですので、この時期に葉酸が不足すると先天性の疾患や神経管閉鎖障害の発症を招くリスクが高まります。
    2週~4週目となると、妊娠に気がついていない可能性が高いので、気がついた時には葉酸が1番必要で大切な時期が終了している場合も。この事から、いつ赤ちゃんを授かっても良いように体の準備を整えておく必要性があると言えます。
    出典 :妊娠してからでは遅い!美肌にも必要不可欠な“葉酸”の正しい摂り方| Life & Beauty Report(LBR)
  • 葉酸の美肌効果は一体!?

  • 妊娠初期でなくとも葉酸を摂りたいもう1つの理由に“美肌効果”が
    高い事が上げられます。葉酸は、タンパク質の生成や合成にも
    関わっている栄養素ですので、しっかり摂取する事により肌の
    代謝が促進され、健康的で健やかな肌状態を保つ事ができます。
    また、若々しさを保つコラーゲンの生成を促してくれる嬉しい効果も。
    出典 :妊娠してからでは遅い!美肌にも必要不可欠な“葉酸”の正しい摂り方| Life & Beauty Report(LBR)
  • 葉酸は粘膜に関わるビタミンで、不足すると肌荒れを招くことがあります。
    葉酸はバランスの摂れた食生活を送っていれば不足する心配のない栄養素ですが、
    外食が多く栄養が偏りがちな食生活を送っている場合は、サプリメントなどの健康食品で補うことができます。
    とくに、お酒をたくさん飲まれる方や、野菜が不足している方は注意が必要です。
    出典 :葉酸
  • たんぱく質の生成や合成に関わっている葉酸ですから、当然、コラーゲン繊維にも関わっています。
    肌に弾力を与えてくれる効果が期待できるということです!ちなみに、葉酸が不足すると
    口内炎や食欲不振、下痢、顔色が悪くなるなど、様々な症状を引き起こすようです。
    出典 :妊婦でなくても必要。美肌作りの葉酸 | 軟骨成分で膝の痛み解消!
  • 葉酸は、たんぱく質の新陳代謝を良好にし、血液を作りますから、
    「コラーゲン繊維や周辺細胞の活性化」により肌をプルプルにします。
    それから、「水分や栄養を運ぶ軟骨成分コンドロイチンと連携」して
    血液から水分や栄養を肌の細胞に送り込んでくれるという、
    美肌にとってなくてはならない成分ということがわかります!
    出典 :妊婦でなくても必要。美肌作りの葉酸 | 軟骨成分で膝の痛み解消!
  • 葉酸の摂取の仕方

  • 妊娠に備えて今から摂取を始めたい葉酸。妊娠の1ヶ月以上前から
    妊娠3ヶ月までは、通常の食事に加えてサプリメントや栄養補助食品から摂取しましょう。
    また、日常的に摂りたい葉酸の多い食品は、ほうれん草や春菊などの
    葉ものや、モロヘイヤやパセリ、ブロッコリーなどの野菜。
    また、枝豆や昆布にも多く含まれるので、これらを積極的に食べましょう。
    出典 :妊娠してからでは遅い!美肌にも必要不可欠な“葉酸”の正しい摂り方| Life & Beauty Report(LBR)
  • 葉酸には健康効果もばっちりある★

  • 葉酸は、新しい細胞や血液を作る働きをサポートする栄養素です。
    このため、不足すると悪性の貧血を起こすことがあります。
    ただし、バランスのいい食生活をしていれば、葉酸不足による
    貧血を起こす心配はありません。
    出典 :葉酸
  • また、葉酸は胃や腸といった消化器系や口の中の粘膜とも関わりがあり、必要な量を摂取することで
    胃腸や口内の健康維持に役立ちます。不足すると胃潰瘍や食欲の低下、
    口内炎といったトラブルを招くこともあり、人によっては疲れやすくなることもあるようです。
    葉酸は心臓病や脳梗塞といった動脈硬化が原因とされる病気の予防に効果があるとされています。
    ビタミンB群と合わせて摂ることで、さらに相乗効果が期待できるという説もあります
    出典 :葉酸
  • 葉酸と妊婦は切っても切れない関係になる♡

  •  

    葉酸は、日々バランスの整った食事を食べていれば不足する心配はありませんが、このビタミンは胎児の脳や神経の成長に関わることから、妊娠中の女性は不足しないようとくに注意したい栄養素です。
    妊娠中は葉酸の消耗が増すため、不足してしまうとお腹の胎児に先天性の異常が起こる場合があると言われています。

  • 葉酸の主な効果としては、「DNAなどの遺伝物質を構成している
    核酸が合成させる」「赤血球を合成させる」「アミノ酸やたんぱく質を生成あるいは合成させる」
    といったものがあります。妊婦に必要とされる理由は、葉酸不足が胎児に神経管閉鎖障害などを
    引き起こす可能性があるからです。葉酸不足による赤血球の不足や遺伝物質への影響などが、
    何やら関わっていそうですね。
    出典 :妊婦でなくても必要。美肌作りの葉酸 | 軟骨成分で膝の痛み解消!
  • 葉酸を多く含む食品

  •  

    葉酸を多く含む食品には、鶏肉、牛肉、豚肉(レバーなど)、うに、たたみいわし、すじこ、桜えび、わかめ、のり、卵黄、牛乳、豆類(大豆、白いんげん豆、うずら豆、納豆など)、くるみ、枝豆、そら豆、ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ、とうもろこし、菜の花、モロヘイヤ、レタス、さつまいも、アスパラガス、オクラなどがあります。