必見!コレステロールを下げる方法

動脈硬化など、上がり過ぎると健康に害を及ぼすコレステロールを下げる方法をまとめます。

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールが上がり過ぎるとどんな事が?

  • TVなどで、「コレステロールが上がると危ない」と効きますが、実際、どんな事が起きるのでしょう?

  • 定期検診などで「コレステロール値が高い」と判定される人が増えていますが、自覚症状がないためにたいしたことがないと放置している人が多いようです。しかし、血液中のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎる状態を脂質異常症(高脂血症)といい、動脈硬化を引き起こす大きな要因に。
    出典 :コレステロール | コレステロールが高いといわれたら : 原因・予防 - セルフドクターネット
  • コレステロールは比率を見ましょう。

  • 「総コレステロール値」だけでなく、その比率を見ましょう(総コレステロール値が多少高くても、比率が3倍未満ならそれほど心配ない、とされます)!
    出典 :「コレステロール値を下げすぎると死亡危険度が上がる。」というのはほんとうか?|糖尿病を完治させる。
  • コレステロールは下げすぎてもいけません。
    死亡率があがるという報告があります。

  • 下げる必要のある場合の対処方法

  • 一般的に、次のような方法があります。
    1、医師の処方による薬
    2、食生活の改善
    3、特定保健用食品

  • ■LDLコレステロールを下げる
    よく使用されるのは、強力なコレステロール低下作用のあるブラバスタチンやシンバスタチンなど肝臓でのコレステロールの合成を抑えるもの、肝臓へのLDLの取り込みを促進するプロブコールなどです。
    ■HDLコレステロールを上げる
    禁煙や運動療法、肥満解消などで改善するのが基本ですが、ベザフィブラートという薬を使うことがあります。
    ■中性脂肪を下げる
    LDLの処理を促進させる作用のあるフィブラート系薬やニコチン酸誘導体、EPA製剤などがよく使われます。
    ほかに、コレステロールと中性脂肪の両方を下げたいときには、フィブラート系薬やニコチン酸誘導体がよく使用されます。
    出典 :コレステロールを治療する薬 | コレステロールを治療するための薬方法
  • これらの薬には副作用もあり、医師と相談の上処方してもらってください。

  • コレスレロール値を下げるために重要なことは、まずカロリーを減らすこと。食べ過ぎないことが大切です。
    そして食事を摂る時に気をつけなければならないことが、摂取栄養素の配分。栄養素の中には、炭水化物、脂質、たんぱく質という三大栄養素があります。LDLコレステロール値を下げたいのなら、この三大栄養素をバランス良く摂りましょう。
    三大栄養素の理想的な配分は、炭水化物60%、脂質20%、たんぱく質20%です。この配分に近づけるように気をつけて食べましょう。
    出典 :たくさん食べたい!LDLコレステロールを下げる食品
  • 脂肪は動物性のものより、植物性を多くとるようにしましょう

  • 特定保健用とは食品からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている(国に科学的根拠を示して、有効性や安全性の審査を受けています。)ということです。
    出典 :トクホ(特定保健用食品)とか栄養機能食品って何?|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
  • 以上のことを踏まえ、バランスを見ながら上手にコントロールしてください。