メタボの規準と改善方法を調べてみました

腹部肥満=メタボではありません。正しい診断基準の内容を調べてみました。

view349

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メタボとは

  • 動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群を「メタボリックシンドローム」という概念のもとに統一しようとする世界的な流れの中、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準をまとめ、2005年4月に公表しました。
    出典 :メタボリックシンドローム - メタボリックシンドロームの診断基準
     

    正式名称は「メタボリックシンドローム」です。

  • メタボリックシンドロームの診断基準

  •  

    ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とし、 ①血清脂質異常、②血圧高値、③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断すると規定しています。

  • メタボリックシンドロームの診断基準

  • 内臓脂肪型肥満とは

  •  

    皮下組織よりも内臓の周囲に脂肪が多く蓄積するタイプの肥満のことです。
    BMIが25以上で、腹囲が男性85センチ、女性90センチ以上で内臓脂肪型肥満と判定されます。
    BMIとは、体重(キログラム)を身長(メートル)で二度割った数値。日本肥満学会では、18.5未満を「やせ」、18.5以上~25.0未満を「ふつう」、25.0以上を「肥満」とし、

  • MBIの計算方法

  • 肥満を改善する方法

  • 血清脂質異常とは

  • 血清脂質値とは、血液の中の脂肪分の濃度(濃さ)のこと。血液の中の脂肪分はいくつかのタイプに分けられ、健康な人は、LDL-コレステロールが140未満、HDL-コレステロールが40以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150未満です。この三つの値のいずれかがその範囲を超えた状態が、脂質異常症です。


    出典 :脂質異常症(高脂血症):病気別ガイド
     

    LDL-コレステロールは、悪玉コレステロールとも呼ばれます。
    HDL-コレステロールは、善玉コレステロールと呼ばれます。

  • コレステロール異常の改善法

  • 心臓の冠動脈の病気などの明らかな動脈硬化の病気がない場合には、脂質異常症の治療は生活習慣の改善と薬物療法が基本です。
    出典 :脂質異常症の治療法|厚生労働省
     

    厚生労働省のホームページが参考になります。
    http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kousi/treatment.html

  • 血圧高値(高血圧)とは

  • 高血圧とは上が140<159 mmHg、下が90< 99 mmHg

     

    上の血圧(収縮期血圧)が140<159 mmHg、下の血圧(拡張期血圧が90< 99 mmHg の場合、「高血圧症」と診断されます。血圧が、上(収縮期血圧)でも、下(拡張期血圧)でも、この分類にひっかかっていれば、高血圧症です。

  • 高血圧の改善方法

  • 高血糖とは

  • 食事の後など、食べ物の摂取後は、血糖値が上がります。すると、インスリンというホルモンが膵臓から分泌され、血糖値を下げるような仕組みになっています。
    このときインスリンの分泌が足りなかったり、あるいはしっかり機能しないと血糖値は高くなったまま! ということになってしまいます。
    出典 :高すぎても低すぎても危険!!血糖値の話
     

    適正な血糖値は、空腹時60~110㎎/dl、食後100~140mg/dlです。この範囲内ならば正常です。

  • 高血糖の改善方法