あなたは知っていますか?体内時計は25時間ということを・・・

1日は24時間・・・常識です。しかし、体内時計は25時間という説をご存知でしょうか?なぜ、25時間なのか、サイクル等についてまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/01/23

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体内時計は25時間?

  • 生物は体の中に時間を刻む仕組みを持っています。これを体内時計といい、人間の体内時計の周期は25時間だそうです。 一日は24時間ですので、普通に考えれば毎日1時間ずつずれていきそうです。しかし毎日朝になり、体に光が浴びることで体内時計はリセットされ、またゼロからカウントされます。規則正しい生活をしていれば体内時計が大きくずれることはありません。
    出典 :人の一日は25時間!?体内時計の雑学を話のネタにした雑談の話し方
  • 人間には1日25時間の体内時計(サーカディアンリズム)が備わっています。よくテレビで時計のない状態で生活させる番組がありますが、普通に生活していると多少のずれはあります。人間は朝の日の光で1日24時間の生活に調節されます。

    普通、体温が低いときに眠くなり、体温が高いときに活動的になります。体内時計は睡眠時間だけでなく、体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しています。

    知力が高まる時間や体重が一番少ない時間というのもあるんですよ。
    出典 :体内時計【体に優しい睡眠法】
  • 体内時計は普通1日をおよそ25時間とする周期を持っています。
    実際の1日24時間よりも長い、この1時間の狂いを私たちはほとんど意識していません。
    このような周期の体内時計がある以上、私たちの生活時間は、本来なら、毎日、一時間ずつ後ろへずれていくはずです。
    しかし、実際には、この「ずれ」はあまり感じられませんし、重大な問題にはなっていません。なぜ体内時計のズレは重大な問題にならないのでしょうか。
    出典 :睡眠なんでもサイト
  • 寝つきとの関係

  • 1日が25時間という事は、寝る時間にもズレがでてきそうです。

  • 寝つきが悪い夜というのは、毎日規則正しく快眠している人でもあるでしょう。でも、この「寝つきの悪い夜」も当たり前の事なのです。体内時計では「まだ寝る時間ではない」のに、無理やりにでも寝ようとしているわけですから、寝つきが悪くなって当然なのです。
    出典 :体内時計は25時間リズムで繰り返されている | うつ病にならないための知識
  • 光を浴びると体内時計はリセット?

  • 太陽の光

     

    朝起きて、太陽の光を浴びると気持ちよく目が覚めます。
    光でリセットされているということでしょうか。

    太陽の光と目覚めには深い関わりがありそうです。

  • 朝の眩しい光によって行われます。朝の光が体内時計のリセットボタンです。
    朝、目覚めてから2、3時間以内に、太陽の眩しい、明るい光を浴びると、起きてから約15時間後に、メラントニンなどの睡眠物質の分泌が促進され、自然に眠くなるのです。
    朝の眩しい光を浴びることによって、毎日、朝の同じ時間に起きて夜の同じ時刻に眠くなって眠るという規則正しいリズムが確立されるのです。
    出典 :睡眠なんでもサイト
  • 夜更かししても、朝決まった時間に目が覚めるは体内時計のおかげです。
    出典 :人の一日は25時間!?体内時計の雑学を話のネタにした雑談の話し方
  • 地球の1日が24時間なのに対し、人間の本来持っている1日の単位は25時間。もし光も音も温度も1日中変わらない条件の中で生活すると、ヒトは25時間ごとに寝たり、起きたりすることになる。
    この25時間1周期を1時間早めて、24時間で1日の周期に合わせることができるのはヒトに備わる体内時計のおかげだといえる。
    体内時計とは「視交叉上核」(しこうさじょうかく)のことで、左右の眼の網膜から伸びた視神経が、視床の下部で交叉している所のすぐ上にある。体内時計は、朝、眼から入る太陽の強い光を感知すると、松果体に信号を送る。すると、松果体からは約14時間後に「時計ホルモン」と呼ばれるメラトニンが分泌される。メラトニンは睡眠を促すホルモンで、血流によって、カラダのすみずみまで時間の情報を運んでいく。
    私たちは太陽の光を浴びることで、体内時計を1時間早めるリセット・ボタンを毎日押しているのだといえる
    出典 :体内時計のネジをまこう!|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 体内時計の仕組みとは?

  • 1日24時間の生活に調節する体内時計はどこにあるのかというと、視交叉上核といって視床下部にある神経細胞が、光を感じると松果体に信号を送ります。

    松果体からはメラトニンという睡眠を誘うホルモンが分泌されます。メラトニンは夜明かりを消したとき、たくさん分泌します。夜更かしをしていると、夜になってもメラトニンは分泌されず、体温が低いままで眠くなりません
    出典 :体内時計【体に優しい睡眠法】
  • 体内時計セルフチェック

  • 体内時計を正常に保つために・・・

  • •朝日を浴びると、目覚まし時計より目覚めすっきり
    •朝食を摂ってエネルギー補充
    •朝のちょっとした時間に好きな音楽をかけながら掃除
    •朝の仕事は1日の計画を立てたり、企画・戦略を考える
    •日中は外に出て体を動かす
    •運動をしたり、人に会って刺激を受ける
    •光を受け取りやすい場所にベッドを配置する


    出典 :体内時計【体に優しい睡眠法】
  • ●朝、まずは決まった時間に太陽の光を浴びるようにする

    朝の光には、生活が夜型にずれていくのを防ぐ作用がある。
    目が覚めたら、1日のスタートとして、まずはカーテンを開けよう。

    ●規則正しい時間に食事をとる

    特に朝食をとることで、1日のリズムが作りやすくなる。
    脳に補給された糖分は、エネルギー源として昼間の活動を活発にさせる。

    ●昼間、なるべく外に出る機会を作る

    昼間に明るい所で活動すると、夜にメラトニンが多く生成されるようになる。
    散歩などで運動もすると、寝付きも良くなる。

    ●夜は明るい光をあまり浴びないようにする

    夜に光を浴びることは、体内時計を遅らせるもとになる。
    照明の色は、白色に近い寒色系より、オレンジ色に近い暖色系のほうが望ましい。
    出典 :体内時計のネジをまこう!|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック