知っておこう妊婦のこむら返り

こむら返りは突然起きてコントロールの出来ない事。妊婦のこむら返りはもっと辛い!

view328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こむら返りとは?

  • 妊婦になると「こむら返り」と言う言葉をよく耳にします。普段はならなくても妊娠したらこむら返りを経験したと言う方が多くいます。
    私も妊娠して初めてこむら返りを経験しましたが、初めは何が起こったか分からずただ痛みに耐えました。
    そもそもこむら返りとは何か?どういう状態なのかをまとめました。

  •  

    「こむら返り」なんてなったことないから分からない…では症状が出た時焦ります!
    知っていたら落ち着いて対処できますよ。

  • こむら返りは、足の筋肉のけいれんです。正式には「ひふくけいれん」という、筋肉の異常収縮と診断されます。けいれんは一瞬で終わることは少なく、治まるまで痛みを伴います。
    出典 :こむら返りの応急処置
  • 妊娠中は運動不足・栄養不足・足への負担など、こむら返りにつながることが多々あります。実は出産時も足に力が入った時にこむら返りが起こる場合があり、妊婦にとっては知っておきたい症状です。
    出典 :こむら返りの応急処置
  • 「こむら返りの症状」
    ・ふくらはぎが硬くなり、強く圧迫されている状態が続く。
    ・治まるまで自由に動かすことができない。
    ・治まるまで数秒から数分かかることがある。
    ・足首の自由もきかなくなる。

  • 「こむら返りになりやすい人」
    ・運動不足
    ・久々に長時間の運動をする
    ・妊娠中で体への負担が大きい人。
    ・妊娠中カルシウム不足の人。

  • 足がつるのとは違って固まって動かないというイメージですね。
    痛い事には変わりないですが…

  • こむら返りになった時の応急処置

  •  

    すばやく応急処置をとれば辛さも軽減します。
    近くに自分以外の人がいる時は2人で試してみてください。

  • 【二人で応急処置】
    まずは可能なら、こむら返りを起こしている部分を冷やします。1人で移動は出来ないので、就寝中なら布団をどかすだけで大丈夫です。


    手伝ってくれる人がいる場合は、寝た状態でこむら返りの起こった足をゆっくり持ちあげてもらいます。
    足先は天井方面に向けて、かかとが地面につく状態です。それ以外は無理に足を動かすと傷みが増すので気を付けてください。スローモーションのようにゆっくり上げると傷みが軽減されます。

    足を持ち上げる時に、準備運動のように反動を付けると収縮している筋肉に刺激を与えてしまいます。反動は与えずにゆっくり持ちあげるのがコツです。

    足を持ち上げて痛くなる手前の高さで少しじっとします。じんわり、ふくらはぎが伸びていきます。ふくらはぎを叩いたり、力を込めないように気を付けてください。

    ふくらはぎが楽になってきたら、反動をつけずに最後まで手で支えながら、ゆっくり足を下ろします。

    出典:こむら返りの応急処置

  • 【一人で応急処置】
    人で応急処置をする時は上半身を起こして、こむら返りをしている足の親指を持ちます。

    こむら返りになっている足の指先が天井、かかとが地面で足裏は床と垂直になるようにします。痛みがある場合は無理せずできる体勢で行います。

    手でつまんだ足の親指先をゆっくり上に持ち上げます。頭に向けて持ちあげるので、ふくらはぎの裏がゆっくり伸びます。一気に伸ばそうとしたり、反動をつけていると肉離れを起こすこともあるので勢いはつけません。

    妊婦は足を上げる時にお腹に力が入ります。枕やクッションで足を高くしたり、椅子に足をかける方法もあるので、1人で無理をしないでください。

    こむら返りの応急処置を1人で行う時は、就寝中なら布団や枕を活用します。その場しのぎですが、布団や枕を足首付近にまとめて、万が一足が降りても負担がかからないようにします。

    出典:こむら返りの応急処置

  • 予防方法

  • 対策としては、骨盤を適度に閉めるのが効果的です。妊婦も骨盤を調整することと、適切にお腹を支える腹帯が良いそうです。
    出典 :妊娠中に足がつる、こむら返り - 足がつる、こむら返り 原因・対処法
  • こむら返りの原因は運動などで筋肉に疲れがたまっている場合やミネラルやビタミンの栄養素が不足している場合などがあります。予防法としては、まずは筋肉に疲れを貯めないことこです。
    出典 :妊婦さんのこむらがえり【☆ハッピー妊娠ライフ☆】
     

    疲れたなと思ったら身体をしっかり休めてバランスの良い食事を摂りましょう。