肩こりは寝ている間の歯ぎしりのせい?改善すれば美肌効果も

view262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝てる間の歯ぎしりは肩こり、顎関節症の原因になります。美肌にも影響しますから、改善していきましょう。

  • デメリットの多い歯ぎしり。改善すれば心も体もスッキリ

  • 睡眠不足、頭痛、肩こり、肌荒れなど寝ている間の歯ぎしりはさまざまな悪影響を及ぼします。その原因と改善方法を紹介しましょう。

  •  
     

    寝てる間に歯ぎしりをしていると、力が入ることで肩こりや頭痛、顎関節症に。さらに血行が悪くなり肌荒れの原因にもなります。

  •  

    歯ぎしりは隣で寝ている人の睡眠も邪魔してしまいます。

  •  

    歯にも圧力がかかるので、歯を傷める原因にもなります。

  •  
     

    歯ぎしりを甘くみていると健康に影響が出るかもしれません。

  •  
     

    歯ぎしりの原因はストレス、アルコール、悩み、さらに逆流性食道炎なども原因の一つと考えられています。

  •  

    姿勢の悪さも歯ぎしりに影響するかもしれませんね。

  •  

    子どももストレスをためている場合がありますからね。

  •  
     

    逆流性食道炎の原因の一つはストレスです。

  •  
     

    改善方法としてはストレスや不安感を失くすこと。リラックスして睡眠を取れるようにしましょう。

  •  

    自分に合ったマウスピースなども予防法の一つです。

  •  

    歯ぎしりを直す治療法は確立されていないようです。

  •  
     

    1. 就寝前の1時間はリラックスタイムにして、自分の好きなことを楽しむ。
    2. 顎や頬の筋肉をよく揉みほぐすようにマッサージをして、筋肉をリラックスさせる。
    3. 枕を低くして、枕の上に首の付け根までのせ、上を向いた姿勢で寝るようにする。
    4. 布団に入ったら「明日はきっと楽しい1日になる」と自己暗示をかけてみる。
    5. 昼間、歯と歯を噛みしめていると気が付いた時は、深呼吸をするようにする。
    6. 日常生活でなるべく笑うように心がける。そうすることで歯と歯の接触が少なくなる。
    7. 歯ぎしりの治療を行っている歯科医院で、正確に合わせたマウスピースを作ってもらう。

    できることから始めてみるのがいいようです。

  • 歯ぎしりを放置しておくと、肩こりや頭痛、顔のたるみなどにもつながります。原因となっているかもしれないストレスを解消し、リラックスして眠れる環境づくりをして熟睡できると、改善につながるでしょう。