女性だけじゃない「男性の膀胱炎」を知ろう

男性の膀胱炎も、もちろんあるのです。滅多にありませんが、なってしまうとやっかいなのです

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男性の膀胱炎

  • 女性の膀胱炎はポピューラなのに対し、男性の膀胱炎はめったありません。しかし、男性の膀胱炎は、女性に比べやっかいな病気といわれています
    出典 :男性の膀胱炎 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 女性は、尿道が男性の3分の1程の長さしかないので、外部の細菌がダイレクトに膀胱に侵入しやすくなっていますが、男性の尿道は長いので、外部の細菌が直接侵入してくる前に、排尿によって洗い出されるので、普通に生活している分には、男性が膀胱炎になることはほとんどありません。
    出典 :男性の膀胱炎 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    女性が膀胱炎を多発するのはここが関係しているのです

  • 男性の場合は

  • 男性の場合、膀胱炎は女性ほど一般的ではないようです。男性の場合は、まず尿道が感染します。そして、その感染が前立腺から膀胱に広がってしまい膀胱炎が起こります。男性が膀胱炎を繰り返してしまう原因として最も多いのは、前立腺の細菌感染が長期化していたり慢性化している点です。
    出典 :男性の膀胱炎について | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    男性にしかない前立腺が関係しているのです

  • 抗生物質の大半は前立腺の内部にまでは十分に届きません。そのためその部分の感染はなかなか完全には治らないのです。その結果、薬物療法を中止してしまうと前立腺内部に残っていた細菌により、膀胱が再び感染を起こしてしまいがちです。
    出典 :男性の膀胱炎について | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    これがやっかいと言われる起因ですね

  • 前立腺炎も関係する

     

    そして男性特有の膀胱炎の発症リスクが、前立腺炎からの経路なのです。男性のみにある前立腺という器官ならば、膀胱とも密接に関わっており、前立腺に感染した細菌が、膀胱にまで感染するという事態も充分に考えられます

  • 前立腺との関係は

  • 前立腺は男性のみにある男性機能司る特殊な器官です。その役割は陰茎や排尿に大きく関わり、特に膀胱などの排尿器官に密接に関わっています 膀胱癌なども前立腺癌に大きく関わっているように、膀胱の炎症もまた前立腺の炎症と無関係ではいられないのです。
    出典 :男性の膀胱炎は前立腺炎が原因かも -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    否定はできませんね

  • 一番多いのは無菌性膀胱炎

  • 男性の膀胱炎は、子供にも見られますので注意が必要です。その多くは無菌性膀胱炎で、超音波検査や膀胱鏡所見で、膀胱がんだと誤診する若い医師もいます。無菌性ですので、抗生物質を使用しても症状は改善されず、副腎皮質ホルモンに反応します
    出典 :男性の膀胱炎や前立腺炎・前立腺肥大 - 【膀胱炎撃退ガイド】
  • 原因となる細菌が見当たらないから、必ずしも無菌性膀胱炎であるとは言い切れず、結核性膀胱炎や間質性膀胱炎の場合もありますので、治療しても中々症状が改善されない場合は、一度、膀胱鏡で膀胱の内部を検査する必要があります。
    出典 :男性の膀胱炎や前立腺炎・前立腺肥大 - 【膀胱炎撃退ガイド】
  • 抗生物質を使う

  • 抗生物質によって膀胱の中の細菌には、すぐに効果があり、細菌を取り除くことは容易です。しかし、前立腺の中までは、薬が届きにくく、細菌が残りやすいのです。その結果、抗生物質を止めると、前立腺に残っていた細菌が再び膀胱に感染を起こします。
    出典 :男性の膀胱炎 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 男性の膀胱炎は慢性化することが多いのです。女性の膀胱炎は細菌性の急性膀胱炎の場合が多いですが、男性の場合は、他の基礎疾患が隠れていたり、急性前立腺炎の合併症であることがありますので、膀胱炎の症状が出た時は、早めに病院で診察を受けることが大切です。
    出典 :男性の膀胱炎 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 男性でも

     

    膀胱炎にはかかります。また、治療が難航する場合があるのを覚えておきましょう。前立腺炎になったら膀胱炎にも注意するのが一番よいですね