薬物依存から抜け出す方法は?

薬物依存に一度なったら抜け出すのは至難の業です。今回は薬物依存から抜け出す方法を探してみました。

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薬物依存とは?

  •  

    まずは定義からです。

  • 薬物依存症とは、自分の意志では薬物の使用をコントロールできなくなってしまう障害です。薬物のせいで仕事や信用を失ったり、家族がバラバラになったり、逮捕されて刑務所に服役したり、あるいは精神科病院に入院したりしても、なかなか薬物をやめることができません。「もう二度と使わない」と何回も誓い、「これが最後の一回」と何十回も決意しながらも、また手を出してしまう。つまり、「わかってはいるけどやめられない」、それが薬物依存症なのです。
    出典 :薬物依存症|独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院
     

    わかっているけどやめられないとは的を得た言葉ですね。

  • 改善法

  • 薬物依存症は、正しい治療を行えば回復する「病気」です。一方、未治療のまま放置すれば死に至ることもあります。また、その治療は、病院にまかせておけば自然に治癒するものではなく、本人が「薬物をやめよう」と思うことが最も大切なことです。治療の目標は、薬物によって蝕まれた心身の健康を取り戻し、それらに依存することなく、断酒・断薬を続けながら、家庭や地域社会の一員として復帰し、新たな生活を切り開いていくことです。
    出典 :治療の進め方 | せりがや病院 神奈川県立精神医療センター
     

    最後は本人の意志の力です。

  •  

    本人の強い意志がなければ、周りがいくら努力しても焼け石に水です。

  • 外来治療が基本です。一時的に薬物が手に入らない環境をつくる必要がある場合には、入院も必要になります。「治す」というよりは、薬物依存症を糖尿病や高血圧症のような慢性疾患としてとらえて、薬物を使わない生活を続けるという自己コントロールの継続が目標となります。そのためには、それまでの薬物使用に関係していた状況(人間関係、場所、お金、感情、ストレスなど)を整理・清算し、薬物を使わない生活を持続させることが必要です。
    出典 :薬物依存症|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    コントロールして薬物を使わせないようにするのですね。

  •  

    悪循環を断ち切るのが主目的です。

  • 薬物依存症の治療ゴールである「2度と原因薬物を体内に入れない状態」をキープする上で必要なのは、最終的には本人のモチベーション。モチベーションを維持する上で、家族や友人など周囲からのサポート、交流は大きな励ましになります。
    出典 :薬物依存症の治療法 [依存症] All About
     

    本人だけでは無理でも家族や友人などのサポートがあれば上手くいく可能性が上昇します。

  • 断薬継続のためには、NA(ナルコティクス・アノニマス)などの自助グループのミーティングに参加することが有効です。
    出典 :薬物依存 治療方法 - goo ヘルスケア
     

    同じ目的の人達と一緒にいるのが効果的のようです。

  •  

    日本各地にあるようですね。

  • 薬物療法は、別に合併している心の問題があるとき、必要に応じて行います。例えば不眠に対しては睡眠薬、気持ちの激しい落ち込みに対しては抗うつ薬、強いイライラに対しては精神安定剤などで適切に対処し、原因薬物に再び手を出したくなるような心的状態に陥るのを防ぎます。
    出典 :薬物依存症の治療法 [依存症] All About
     

    薬物療法が治療のメインになることはあんまりないようです。

  •  

    ただし将来的には特効薬ができて、薬物療法が治療のメインになる日が来るかもしれませんね。

  • 薬物依存症に対する集団精神療法: 患者さん数名~十数名程度のグループを対象として、集団認知行動療法による治療を行います。
    出典 :薬物依存症|独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院
     

    このような治療を行う医療機関もあるようです。

  •  

    様々な治療法が確立されはじめているのですね。

  • 治療法としては、薬物の使用を避けることが重要ですが、薬物の使用を止めると激しい禁断症状が生じ、その症状に耐えきれず再度薬物を使用するため、治療が難しいのが現状です。最近の研究では、薬物耐性や離脱症状の原因究明が進み、脳や中枢のグリア細胞が関与していることがわかってきました。その研究の過程で、イブジラスト(MN-166・AV-411)が、グリア細胞の働きを抑制し、薬物耐性の移行や離脱症状の緩和に効果があることがわかってきました。
    出典 :多発性硬化症治療薬MN-166 | MediciNova,Inc
     

    現在は治療薬の開発も進んでいるようです。

  •  

    研究も進んでいるみたいです。