女性に多いうつ!睡眠の質が悪くなったらチェックしてみたい

女性のほうが圧倒的に多いうつ病。大丈夫と思わないで、睡眠の質が悪くなっていたら要チェックです。睡眠の質を上げる工夫をしたり、心の不安を解消しましょう。

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本では約15人に1人が生涯に一度は経験する

  • うつ病は日本ではそれほど珍しいものではなくなってきています。一生涯のなかで15人に1人が経験するともいわれているのです。その症状の一つとして睡眠障害が見られています。

  • 女性は30代以降が危険

  • 女性のうつ病は30代以降が危険だともいわれています。この年齢になったら予防法を見つけたり、睡眠の質もチェックしてみましょう。

  • 女性は男性より睡眠時間が必要

  • うつ病の症状の一つ睡眠障害ですが、そもそも女性は男性より睡眠時間を長くとらなければならない性質があります。

  • 210人の健康な中年男女を対象とした実験では、睡眠が不足している状態の女性はうつになったり怒りっぽくなったりし、中には体内でひどい炎症を起こして夜中に体の痛みで目が覚める人もいたとか。
    出典 :女性は男性よりも睡眠が必要との調査結果 理由は日頃からマルチタスクで脳が疲れているから - IRORIO(イロリオ)
     

    女性の睡眠時間が長くても仕方がないわけですね。

  • 研究を行った米ワシントン大学Nathaniel Watson准教授は「睡眠時間が短くても過剰に長くても、うつ病状に関連する遺伝子が活性化されるようである」と説明。最適な睡眠を取ることが、うつ病患者の治療効果を向上させる1つの方法になる、とその可能性を示唆しています。
    出典 :短くても長くてもダメ?睡眠時間とうつ病リスクの関係が明らかに by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)
     

    睡眠時間は短くても長すぎてもダメ。

  • 睡眠の質を見直してみましょう

  • 日本人の睡眠時間は減少してる

     

    うつ病の発症原因とも関係している睡眠不足、改めて見直してみたいですね。

  • 10~60代の男女に行った「睡眠に関する調査(2013)」でも、日本人の1日の平均睡眠時間が判明。30代の睡眠時間を覗いてみると、その時間はなんと6.3時間。
    出典 :短くても長くてもダメ?睡眠時間とうつ病リスクの関係が明らかに by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)
     

    あくまでも平均ですから、もっと短い人もいるかも。

  • 女性のうつはホルモンバランスとも関係が

     

    女性は1ヶ月のうちにホルモンが変化したり、一生の間でもホルモンが変わってきます。だからこそ女性のほうがうつリスクがあります。

  • まとめ

  • 女性はホルモンの影響や脳を常に使っているということから、うつ病リスクが上がりやすく、睡眠障害を発症してしまうこともあるようです。