妊娠中気をつけたいこと・・・妊婦の低血圧について

妊娠中に心配な症状に、妊婦の低血圧が挙げられます。
妊婦が低血圧になる原因は、妊娠初期と妊娠後期で違いがあるようです。
それぞれ、どんな原因があるのでしょうか?
また、妊婦の低血圧の対策についてもまとめました。

view8534

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の低血圧の原因

  • 妊娠初期には、つわりなどにより水分の摂取量が少なくなり、血圧が低下することがあり、めまいや立ちくらみがある起立性低血圧。
    出典 :低血圧の妊婦さんに注意してほしい良い情報|低血圧改善のための効果的レシピ
     

    妊娠初期に多いのが起立性低血圧です。
    妊娠初期はつわりがピークを迎える時期なので、食べ物どころか飲み物すらも受け付けない状態になってしまいます。
    このように水分が不足してしまうと、低血圧の症状が表れてしまうのです。
    妊娠初期の起立性低血圧は珍しいことではなく、病院でも特に治療は行わないようです。
    そのため、日常生活の中で低血圧の改善を心がけることが重要となります。

  •  

    妊娠中期から妊娠後期にかけての低血圧は、仰臥位低血圧症候群が原因となっていることが多いようです。
    仰臥位低血圧症候群は、仰向けに寝た際に症状を感じることが多いようです。
    これは、仰向けの姿勢になるとお腹の中の赤ちゃんが下大静脈を圧迫してしまうからだそうです。
    症状は、めまい、気が遠くなるような感覚、呼吸困難、嘔吐、発汗などがあります。
    このような症状を感じたら、仰臥位低血圧症候群を疑いましょう。
    対策としては、左側を下にして横になると良いそうです。
    左側を下にして安静にすることで、徐々に症状は治まっていくかと思います。
    万が一、症状が治まらない場合はすぐに病院へ行きましょう。

  • 血圧が低いと思っている人が実は貧血であったり、逆に貧血だと思っていた人は低血圧だったという例もあります。
    出典 :妊婦の血圧が低い症状と改善法
     

    前述したように妊婦の低血圧は珍しいことではありませんが、妊娠中は貧血にもなりやすいのです。
    貧血でもめまいや立ちくらみといった低血圧のような症状が表れるため、低血圧なのか貧血なのかを自分で判断することは難しいと言えるでしょう。
    しかし、低血圧にしても貧血にしても、症状が辛いことには違いありません。
    そのため、まずは病院で診察を受けることが望ましいでしょう。
    それぞれ対処法が違うため、まずはハッキリとした原因を知る必要がありますね。

  • 妊婦の低血圧の対策!

  •  

    前述したように、仰臥位低血圧症候群は仰向けで寝た時に症状が表れます。
    そのため、仰向けに寝ないように心がければ症状が表れることもありません。
    日常的に仰向けに寝る癖がある場合、クッションや抱き枕を使って横向きに寝るように工夫をしてみましょう。
    また、注意したいのが美容室での洗髪時です。
    たいていの美容室では仰向けで洗髪してもらうため、この時に症状が表れる人も少なくないそうです。
    そのため、気分が悪くなったらすぐに美容師さんに伝えて、休ませてもらうようにしましょう。
    事前に美容師さんに仰臥位低血圧症候群であることを相談しておくのも良いかも知れませんね。

  •  

    起立性低血圧はどんな時でも起こりやすいという特徴があります。
    例えば、立ち上がった時に注意が必要です。
    椅子から立ち上がった時、寝起きなどは十分注意しましょう。
    また、それ以外にも食後、トイレ、お風呂上がりなどでも症状が表れます。
    人によっては、スーパーのレジを待っている時やマタニティスポーツの後にも起こりやすいようです。
    このように、起立性低血圧は様々な時に起こる危険性があります。
    症状としては、耳鳴り、吐き気、嘔吐、立ちくらみなどがあります。
    これらの症状が表れたら、すぐに横になることが大切です。
    外出先で症状が表れた場合は、しゃがむか椅子に座るなどしてまずは休みましょう。

  • 妊娠中の低血圧を改善するには、つわりのときでも水分をしっかりと摂ることです。
    また、血液の循環を良くするために、散歩などの軽い運動を心掛け、足を高くして寝ると良いですよ。
    出典 :妊娠中の低血圧|妊活中に奇形児出産のリスクを減らす方法とは?
     

    つわりの時は、何も口にしたくないですよね。
    しかし、それでは症状が更に悪化するばかりなので、できるだけ水分を摂るように心がけましょう。
    つわりの時は、飲みにくいものと飲みやすいものがあるかと思います。
    自分が飲みやすいと感じるもので良いので、しっかりと水分を補給しましょう。
    また、つわりの症状がなく気分が良いときには軽い運動も効果的です。
    ただし、運動は体調と相談しながら行うことが大切です。