とても重要な「口腔ケアの方法」をしっかりと身に着けよう!介護には必要です!

口腔ケアの方法をしっかりと身につけましょう!介護ではとても大切な要素になるのです。

view180

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口腔ケアの方法

  • 歯ブラシは鉛筆を持つように持ちます。
    歯の汚れの残りやすい部分を丁寧に磨きます。
    歯ブラシの当て方はソフトタッチ、揺らすように。
    一度に、1〜2本ずつ磨きます。
    出典 :口腔ケアの方法|口腔ケアの実際|口腔ケア|福祉ナビ|サラヤ株式会社 企業法人向け
  • 口腔ケアの方法は

     

    こちらの画像のようになっています。見えずらい場合はクリックすると拡大しますので有効的に活用してみてくださいね。声がけを中心にコミュニケーションをとり、無理がないようにしましょう。

  • 口唇をしっかり閉じて
    大きく頬を膨らませて
    口に含んだ水を勢いよく動かします。
    出典 :口腔ケアの方法|口腔ケアの実際|口腔ケア|福祉ナビ|サラヤ株式会社 企業法人向け
  • 体を起こすことができない時
    水を口に含めない時
    歯ブラシが歯肉を傷つける時
    出典 :口腔ケアの方法|口腔ケアの実際|口腔ケア|福祉ナビ|サラヤ株式会社 企業法人向け
  • 舌のケアも忘れないように

  • 舌ブラシで舌表面の汚れを落とすと口臭がやわらぎます。舌の清掃は忘れがちですが、細菌の繁殖を抑制するのに有効なケアです。
    出典 :気持ちのいい口腔ケア!その2 -お口のケア方法- | 川本産業株式会社-えがおを、ずっと。えがおに、ずっと。
  • 口の中は

     

    思った以上に汚れているものなのです。また、乾燥している為細菌が多くなりがちなのできちんと綺麗にしてあげなくてはいけない部分といえますね。

  • 義歯の管理と清掃も忘れずに

  • 高齢になると、う蝕や歯周疾患の悪化から多数歯欠損が起こり、義歯の装着を余儀なくされる。義歯は口腔内装着時間も長く、口腔内の適度な温度、湿度により、細菌の増殖に適した環境であるため、細菌の温床となりやすい。とくに義歯内面は粗雑であるために増殖しやすく、口臭や誤嚥性肺炎を引き起こす原因となる。
    出典 :口腔ケアの手順
  • 義歯の清掃方法で注意しなければならないことは、義歯はプラスチック(レジン)や金属の部分(クラスプなど)で精密に作られているために、清掃の際に変形や破損しやすく取り扱いは丁寧にしなくてはならない。とくに義歯のクラスプの部分は破損しやすいので義歯専用の義歯用ブラシを用いる方が手入れがしやすい。
    出典 :口腔ケアの手順
     

    ここは気をつけておかなくてはいけないのです。

  • 義歯の管理では、夜間など長時間使用しない場合は、義歯の乾燥防止のため、水などの入った容器に保管する。ただし義歯洗浄剤を使用した際に痴呆症状のある方は、その中に入っているものを誤飲しまうこともあるので、湯のみなどの容器は使用せず、専用の義歯保管容器を必ず利用する。
    出典 :口腔ケアの手順
  • 誤嚥に気をつけて

  • 口腔介護を行っている最中に、誤嚥があっては元も子もありません。誤嚥がおきにくい姿勢でケアすることが重要です。誤嚥しにくく疲れにくい姿勢を、医師・専門家と相談した上、要介護者のレベルに合わせた姿勢を見つけて下さい
    出典 :口腔ケアの方法
  • 誤嚥の可能性があればこのような工夫も効果があります。 認知症の方は歯ブラシを噛んでしまうことがあります。各社の歯ブラシはJIS強度をクリアをしておりますが、噛む力にはあまり強く設計されておりません。噛むことによってブラシが脱落することも考えられますので、介護者は十分注意して下さい。
    出典 :口腔ケアの方法
     

    行う場合は十分に注意してみてくださいね。