お肌の“漂白剤”!?「新安定型ハイドロキノン」の美肌効果とは

お肌の“漂白剤”!?「新安定型ハイドロキノン」の美肌効果とは

「もっと肌を白くさせたい!」
美白を求める女性のその探究心も日々レベルアップしています!
そんな女性達にオススメしたいのが新たな成分、
「新安定型ハイドロキノン」です。
肌の漂白剤とまで言われるその力!
まとめてみましたので是非参考に。

view684

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『新安定型ハイドロキノン』とは?

  • その効果は一般的美白成分の約100倍

     

    ハイドロキノンとは美白成分開発の際には効果目標とされる「究極の美白成分」で、シミの原因であるメラニン生成の際に働くチロシナーゼ酵素の活性を抑える効果が非常に高い成分です。 一般的な美白成分に比べ、チロシナーゼの活性において約100倍の抑制力があるという研究結果が出ています。(右図) さらに、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用により、薄くする働きがあるので、まさに最強の成分と言えます。しかし、その高い美白効果の反面、酸素や光に対して不安定であること等の理由により2001年の薬事法改正まで、日本では医師の処方箋が必要でした。

    引用)http://www.ampleur.jp/hydroquinone.do

  • ひ・・・百倍?そんなに効果が?

  • 「新安定型」になるまで問題があった「ハイドロキノン」

  • ハイドロキノンと言えば、別名「シミの漂白剤」と言われるほど強力な美白成分。紫外線によるシミ・そばかすだけでなく、ホルモンバランスの乱れによるシミ特に肝斑(かんぱん)やニキビ跡、ヤケドによる色素沈着を起こしてできたシミにも効果がある大変強力な美白成分です。その美白効果は一般的な美白成分の100倍とか・・ただ、欠点もないわけではありません。酸素や光に対して不安定というのも知られています。これは、皮膚に塗った時にアレルギーや発赤を起こす恐れがあります。
    出典 :新安定型ハイドロキノン配合美容液でシミを撃退!
     

    アレルギーや発赤の恐れがあったんですね~。

  •  

    実際、従来型のハイドロキノンでは、劇的な美白効果が期待できるだけに、お肌につけると「かぶれ」「赤み」「ピリピリする」「肌の色が白く抜ける(白斑)」といった症状が出るケース…。これは、安定しにくい物質であるというハイドロキノンの弱点にも関係しています。ハイドロキノンはとても酸化しやすく、紫外線や熱によるダメージを受けると、肌に悪影響を与える成分に変質してしまうのです。そのため、従来ドクターが処方していたハイドロキノンは「変色に気がついたらもう使わず、捨てて下さい」「冷蔵庫で保管して、2ヶ月ぐらいしかもちません」など、かなり慎重に使用しなければなりませんでした。

    引用)http://ハイドロキノン化粧品rank.com/point/quality.html

  • 以前のものは使うだけで神経を使っちゃう代物だったみたい・・・新しくなって良かった♪

  • どうやった“新しく”生まれ変わったのか?

  •  

    ハイドロキノンの効果をそのまま活かし、弱点であった変質しやすい、不安定であるとい性質を克服したのが、BCDACという物質です。熱・光・酸素から直接影響を受けないように、BCDACでハイドロキノンを包み込み、安定性の高い物質に変えることができました。これが、新安定型ハイドロキノンと言われているものです。

    引用)http://ryousitu.info/entry2.html

  • 安定型ハイドロキノンとは?

  • 「BCDAC」という物質と合成することで性質を安定化させた「安定型ハイドロキノン」が登場し、通常のハイドロキノンの欠点だった「酸化・劣化しやすい」といった問題点が解消され、多くの化粧品で使用されるようになりました。 安定型のハイドロキノンは、東京工業大学と新潟薬科大学の研究グループが開発し、「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」「新・安定型ハイドロキノン」などの名称で使用されています。
    出典 :ハイドロキノンによる「シミ治療」美白効果・副作用・危険性とは?
     

    今は多くの化粧品で使われているんですね~♪

  • 妊娠や授乳中でも安心して使える!

  • 通常のハイドロキノンと違い、「新安定型ハイドロキノン」はお肌への刺激を少なくしてありますので、お肌が敏感な妊娠中や授乳中でも安心して使うことができます。産婦人科でも取り扱っているところがあるそうですよ!妊婦でも使えるくらいですから、かなり低刺激でシミを薄くすることができるすごい成分だといえます!すべての方が反応しないとは言えませんが、アンプルールの「新安定型ハイドロキノン」の副作用はほとんどないと考えていいでしょう!
    出典 :新安定型ハイドロキノンの副作用
     

    マタママさんにも優しいんですね!

  • 漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)の使用法

  • ◎ 夜の洗顔後、ローションをお顔全体に塗った後、しみの部分に直接漂白クリームをうすく塗ってください。
    ◎ 保湿クリームや乳液は、漂白クリームを塗った以外の部分にご使用下さい。
    ◎ 朝は洗顔しクリーム成分を洗い流しましょう。
    ◎ 漂白クリームを使用後にお化粧して外出することはやめましょう。
    ◎ 漂白クリームを塗って顔が日に当たることは避けてください。
    ◎ 色素沈着(しみ)の部分はカバーマーク(コンシーラー)等で黒い部分が肌色になるようにしましょう。日焼けによって黒い部分は余計に黒くなります。特に紫外線の強い季節(5~9月)は要注意です。
    出典 :漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)|ニキビ・皮膚のお悩みは世田谷区用賀の皮膚科へ【用賀皮膚科】
     

    とは言っても、やっぱり注意は必要なよう。配合された化粧品を使う時は気をつけて!