この際思い切ってシミを取る。

美容レーザーによる気になるシミ取りについてまとめてみました。

view667

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、シミはなぜできるのでしょうか?

  • シミの正体はメラニン色素
    シミの種類は医学的に分類すると、約20種類にも及ぶと言われています。
    そのうち一般的にシミと呼ばれているのは、はがれ落ちずに表皮の奥にとどまったメラニン色素が、そのまま色素沈着してしまったものを指しています。
    このメラニン色素とは、いったいなぜ作られるのでしょうか?

    紫外線を大量に浴びると、身体が酸化したり細胞が破壊されたりして、がんなどの病気を引き起こす原因になっていると言われています。人間の身体にとって、紫外線というのは害なのです。
    そこで人間の身体には、この紫外線の害から身体を守るためのバリア機能が兼ね備えられています。

    紫外線を浴びた皮膚は、表皮の一番奥にあるメラノサイトという細胞から黒褐色のメラニン色素を作り出し、表皮のさらに奥にある真皮の部分に紫外線が入り込まないようにブロックします。
    いわばメラニン色素というのは、身体のバリア機能が作り出す『天然の黒いカーテン』なのです。

    日焼けをすると肌が小麦色に焼けるのは、身体のバリア機能がちゃんと働いている証拠。
    このメラニン色素のおかげで、人間は紫外線の害から身を守られているのです。

    通常、メラニン色素は紫外線に当たることをやめれば、新しい細胞の生まれ変わりとともに上へと押し上げられ、最後はアカとなってはがれ落ちます。
    夏に小麦色に焼けた肌も、冬には元の白い肌に戻るのは、細胞が生まれ変わってメラニン色素がはがれ落ちたからなのです。

    しかし、メラニン色素がはがれ落ちずにシミになるという現象は、なぜ起きてしまうのでしょうか?
    その原因を次に見てみましょう。
    出典 :シミはなぜできる?:シミの正体はメラニン色素 (シミ対策・シミ治療のシミゼロサイト!)
  • やはり、メラニンのしわざですね。

  • メラニン色素がシミになるわけ
    メラニン色素がはがれ落ちずにシミになる原因のひとつとして、新陳代謝の低下が挙げられます。
    新陳代謝とは、細胞が新しく生まれ、古い細胞と取って代わること。

    人間の体は60兆個もの細胞からできています。その細胞が新陳代謝を繰り返すことで、人間の体は活動できているのです。
    新陳代謝は、内臓や骨などの各器官ごとに行われていますが、それぞれ生まれ変わりの周期というものが異なります。
    皮膚の場合、正常であれば28日周期で細胞は新しく生まれ変わります。(この周期のことをターンオーバーという)
    28日周期で新陳代謝が行われていれば、メラニン色素はシミになる前にアカとしてはがれ落ちます。
    しかし、年をとるにつれて新陳代謝は低下していき、ターンオーバーは長くなります。そうすると、表皮の奥にメラニン色素のとどまる時間が長くなり、そのまま色素沈着を起こしてしまってシミとなるのです。

    新陳代謝をうながす成長ホルモンは、だいたい18歳ころから減少してきます。
    「お肌の曲がり角は25歳」というのはよく聞きますが、本当は18歳から始まっているのですね。
    でも、お肌の老化現象として実際に目で見え始めるのは、20代後半から。
    まだまだ若いと思って紫外線対策をおこたっていると、あとで一気にシミとなって現れてきます。
    未来のお肌にシミを作らないためにも、紫外線対策は年令に関係なくしっかりと行うようにしましょう。
    出典 :シミはなぜできる?:メラニン色素がシミになるわけ (シミ対策・シミ治療のシミゼロサイト!)
  • 太陽とは

     

    ほどよくおつきあいしたいですね。

  • 紫外線対策がこれから、シミをつくらないためには大事なのはわかりました。
    でも、既にできてしまったシミ。
    これはどうしたらいいのでしょう。

  • にっくきシミはすっぱり取ってしまいたい。
    けれどレーザーっ大丈夫なのでしょうか?

  • シミ取り レーザー治療とは?

    早い話、レーザーを使って
    顔のシミを焼き切ろうというものです。

    レーザーをシミの部分に照射することで、
    シミの元メラニン色素を焼き切ることが出来ます。

    メラニン色素のみに反応するので、
    他の正常な皮膚に影響はありません。
    出典 :シミ取りレーザー治療とは?効果は?費用は? | 役立つ情報がいっぱい!
  • 焼く、といわれると少しこわい気もします。

  • 治療には多少の痛みが伴うようですね!

    もちろん個人差があって
    全く痛みを感じなかった人もいれば、
    もう二度とやりたくないくらいの痛みを
    感じる人もいるみたいです。

    一般的には、輪ゴムを弾いたくらいの
    痛みを感じるのだそうです。
    出典 :シミ取りレーザー治療とは?効果は?費用は? | 役立つ情報がいっぱい!
  • それくらいなら一応許容範囲のような気もします。

  • でも、

     

    弾き具合にもよるだろうなあ・・・

  • 実際の治療過程は

  • ①レーザーの熱がメラニンを分解する
    ②照射部分が軽い火傷状態になる
    ③暫くすると、かさぶたになって剥がれ落ちる
    ④剥がれた直後はピンク色の皮膚だが
    ⑤徐々に周りの皮膚と同化していく

    注意点としては、
    ①新しい皮膚が出来る前に
    かざぶたが剥がれないようにすること。
    ②治療部分に紫外線を当てないこと。
    (当てると色素沈着する可能性があります)
    の2点です。
    出典 :シミ取りレーザー治療とは?効果は?費用は? | 役立つ情報がいっぱい!
  • 絆創膏

     

    のお世話になる場合もあるそうです。

  • かさぶたをはがすことに無上の喜びを感じる人にはつらいかもしれませんね。
    しばらくは、顔がやけどした状態になるわけですから、
    周りの人がびっくりするかもしれません。

  • レーザー治療 費用は?

    基本的にレーザー治療の価格はシミの大きさで決まります。

    保険は適応出来ないので
    相場として5mm程度で一万円から一万五千円くらいと
    考えておけばいいでしょう。

    ただし、最近はレーザーの種類が増えているので
    そのレーザーにより価格が違う場合もあります。
    出典 :シミ取りレーザー治療とは?効果は?費用は? | 役立つ情報がいっぱい!
  • レーザーの

     

    種類もいろいろあるのですね。

  • シミを消すことのできるレーザー治療には、当サイトで紹介しているQスイッチルビーレーザーや炭酸ガスレーザーをはじめ、ほかにもアレキサンドラライトレーザー、ダイオードレーザーなどいくつか種類があります。

    それぞれ照射する光の種類や波長が違うため、どの程度の深さのシミに有効なのか、シミの種類などによって効果の高いレーザーは違うので、自分のシミのタイプを診断してもらって最も適したレーザーを使用することが1回できれいに治療するために必要なことです。
    出典 :レーザーが有効なシミの種類-美容皮膚科のしみ治療メニュー【期間・治療費・副作用等】
  • 治療期間も治療方法も同じレーザーといっても、その人のシミの症状によって違うわけですね。
    まずは、自分のシミの状態をきちんと把握することが大切なようです。

  • 紫外線対策は

     

    しっかりと・・・

  • 痛み、お金、時間、ときれいな肌を天秤にかけてゆっくり検討したいと思います。