今さらですがヒアルロン酸って、何がいいの?

美容成分としてメジャーなヒアルロン酸。でも、一体何?食べ物だと何に含まれるの?肌にどんな作用をもたらすの?

view281

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ヒアルロン酸とは

  • ヒアルロン酸は1934年米国の大学教授によって発見されたものです。アミノ酸の一種であり、水を吸収しやすい構造です(ヒアルロン酸1グラムにつき6リットルの水分を保持できるものです)
    出典 :ヒアルロン酸の効能、安全性、副作用、効果的な使い方
  • 効能
    軟骨の保護…軟骨周りの滑液はヒアルロン酸が主成分です。
    美肌効果…肌の真皮層にヒアルロン酸とコラーゲンが含まれています
    白内障改善…目にもヒアルロン酸がたくさん存在しています
    出典 :ヒアルロン酸の効能、安全性、副作用、効果的な使い方
  • ヒアルロン酸が欠乏すると、、、

  • 乾燥肌 関節痛になります。ヒアルロン酸は元々身体に含まれているので、欠乏してしまうとやはり身体に様々な異常が表れてきてしまいます。ドライアイなどもその症状の一つです。注意しましょう。
    出典 :ヒアルロン酸の効能、安全性、副作用、効果的な使い方
  • ヒアルロン酸が不足すると体内の水分が不足するようになり、軟骨の動きが悪くなり関節痛、腰痛やリュウマチが発症したり、肌の老化が進みシワが出来やすくなったりするなどの症状がでるようになります。
    出典 :ヒアルロン酸の効果・副作用と含まれる食品・食べ物・サプリメント
  • 体の中のヒアルロン酸の働き

  • からだの中にはヒアルロン酸があり、体内でとても重要な働きをしています。
    脳、目、心臓、皮膚、血管、関節、へその緒、卵巣・精液などにヒアルロン酸はあります。


    関節
    骨と骨の間の関節液の関節腔や関節軟骨に含まれていて、関節の動きをよくする働きや、衝撃を吸収する役割があります。


    皮膚
    肌が乾燥したり、ハリを与えるような役割があります。



     硝子体に含まれていて、目の形を維持してくれています。
    出典 :ヒアルロン酸の効能、安全性、副作用、効果的な使い方
  • 高い保湿力

  • ヒアルロン酸(タンパク質)は、1gで約6ℓの水分を保持することができると
    いわれているほど、「保湿力」が高いことは、ご存知の方が多いのではないでしょうか
    出典 :★ヒアルロン酸を体内で作るときに必要な栄養素★ |*・・ココロのビタミン・・*
  • ヒアルロン酸を体内で作るには?

  • では・・、ヒアルロン酸の体内での合成を助けるには、
    何を摂ればよいのでしょう?

    医学博士の佐藤章夫氏の説によると、
    「マグネシウムと亜鉛が重要」だとのこと。
    亜鉛は、人体の60兆個の細胞すべてに存在しているもので、
    細胞膜を作っているタンパク質の成分となって、膜の形を整えています。
    そういうわけで、亜鉛が不測すると、細胞膜の形が乱れてしまい、
    活性酸素が細胞を酸化させてしまい、老化が進行・・ということもあるようです。
    出典 :★ヒアルロン酸を体内で作るときに必要な栄養素★ |*・・ココロのビタミン・・*
  • 亜鉛とマグネシウムの多い食べ物!

     

    亜鉛を多く含んだ食品は、ワカメ、昆布、レバー、
    カニ、するめ、カキ、ノリなどですラブラブ
    これらの食物から摂取された亜鉛は、小腸で吸収されますが、
    吸収率は30%と言われています。

    マグネシウムを多く含んだ食品は、緑色野菜、
    牛乳、豆類、魚介類に多く含まれます。

  • ヒアルロン酸が含まれているといわれる食べ物、他にも!

  • ヒアルロン酸は、食品では、動物の骨や軟骨、魚の目玉、フカヒレ、ニワトリのトサカなどに含まれています。しかし、これらの食品を安定的に食事に取り入れていくことは難しいこと。そのため、効率的に摂取するためにはサプリメントが有効な手段といえます。

    ヒアルロン酸自体に副作用はないと言われていますが、薬の処方を受けている方やアレルギーがある方は服用に際にしてはご注意ください。

    また、ヒアルロン酸はコラーゲンと同時に摂ると効果的と言われています。
    出典 :ヒアルロン酸の効果・副作用と含まれる食品・食べ物・サプリメント
  • みんなの声

  • ウィキペディアによると、ヒアルロン酸は皮膚の水分量増加及び膝関節痛改善効果と、そのメカニズムが報告されている。更に経口摂取されたヒアルロン酸は腸菅から吸収され、皮膚や関節の結合組織に移行し利用されるとある。つまり、ヒアルロン酸の経口摂取は有効だという事!
  • 【黒クマ】

    年齢とともに下まぶたがたるみ
    できる影が主な原因!

    ☆解消法

    ★ビタミン補給
    ★美容成分(ヒアルロン酸・コラーゲン)の補給
    ★アイケアクリームでしっかり保湿が大切 http://t.co/bTlv8jjHsn
  • ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンは、美肌をつくることに互いに手を結んでいる存在ですので、コラーゲンだけ、ヒアルロン酸だけ、エラスチンだけを飲むというのではなく、バランス良く一緒に摂ることが美肌づくりへの近道だと考えます。
  • <まとめ>カキ鍋たべたーい!!

     


    美肌の有効成分”ヒアルロン酸”は、経口摂取が有効、つまり食べ物として口から取り入れられるってこと!!

    なんでオイスターバーがあるのにホタテバーはないんだろう??
    って思ってたけど、健康&美しくなるために、カキをたくさん食べようぜ!ってことだったのね!!

    乾燥が気になるこの時期は、カキ鍋で決まりかなー!?あーお腹すいた。。。