妊娠14週のお腹の張りで気をつけることとは?

妊娠14週のお腹の張り

ちょっとお腹が目立ち始めたころでしょうか・・・
赤ちゃん育ってるって実感もどんどん出てきますよね!
でも、この頃にお腹が張ることってあるのでしょうか?
あるなら、その張りで気をつけることって?

気になりますよね。
ちょっとまとめてみました♪

view42632

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠14週目って・・・?

  • 妊娠14週目は、ちょうどおなかの中に赤ちゃんが宿ってから4か月目になります。
    このころになると、つわりなども収まっているので、食欲が出てくるママもいるのではないでしょうか。
    今まで妊娠していることが外見ではわからなかった方でも、おなかが少し前にふっくらと出てくるので、周囲に気付かれることもあります。

    汗をかきやすくなったり、おりものの量も増えてくる頃なので、下着をこまめに換えましょう。
    また身体にむくみを感じ始める頃でもあるので、むくみ対策も必要です。
    むくみの原因はおなかの中の羊水の量が増えたり、赤ちゃんに大量の血液が送られることによって起こります。

    足を高く上げて休んだり、ふくらはぎなどをボディクリームなどを使ってマッサージするのもいいですね。

    またこのころになると、おなかの張りを感じ始める妊婦さんも多くなってきます。


    妊娠14週のおなかの張りはひとまず安心・・・って感じなのかな?でも油断は禁物。

  •  

    初めての妊娠だと、いろいろ心配なことがたくさんでてきますよね。


     妊娠14週のお腹の張りって・・・
     どんな感じ?
     原因は?
     もしかして・・・病気のサインなんじゃ?

  • 妊娠すると、「おなかが痛い」「つるように痛む」「ぱんぱんに張る」というのは、みなさんよく経験することだと思います。妊娠すると子宮はどんどん大きくなり、40週の間に、重さがなんと約20倍にもなります。子宮は筋肉でできているので、急激に膨らむと元に戻ろうとする力が働いて、それが張りや痛みとなって感じられるのです。最初のうちは下腹部が痛み、子宮が大きくなるにつれて、だんだん上の方が痛むようになってきます。しかし、人によって子宮の位置が少しずつ違うので、痛くなる場所も微妙に違います。子宮の下のほうを支えている子宮円索(しきゅうえんさく)という組織も引っ張られます。足の付け根あたりが痛むことが多いのですが、姿勢を変えたりしたときに背中の方まで痛みが走ることがあります。
    出典 :妊娠中のおなかの張り、痛み、出血の判断基準|プレママタウン
  •  

    妊娠14週のお腹の張りで病院に行かなきゃいけないような「張り」ってある?

  • お腹の張りや痛みには充分注意を!便秘になりがちですが、市販の薬などは服用しないよう繊維質の多い野菜や海産物をたっぷりと採るように心がけましょう。出血もなくお腹がひっぱられるようにキリキリと痛むなどの症状があった時、卵巣のう腫、虫垂炎などの疑いも。また、出血して下腹部が痛むなどの時は、切迫流産の可能性もあります。この場合まったく痛みがなく出血することもあり、量はごく少量で、暗褐色であったり、薄いおりものに混じっている程度のものだったりします。いずれにしても、病院で適切な処置を受けるようにしましょう
    出典 :妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週) | べびとら[Baby*trust]
     

    便秘薬は飲まない方が良いみたい。色んな病気のサインってこともあるようです。注意しましょうね。

  • 妊娠中の便秘対策

     

    妊娠中の便秘対策はどうしたらいいの?

    妊娠中は、おなかの中にいる赤ちゃんのことを考えると市販の便秘薬はあまり使いたくありませんよね。

    でも、おなかが張って苦しい……。

    こんなときはどうしたらいいの?

  • 妊娠中は便秘になりやすい傾向があるので、注意をしましょう。
    妊娠14週のお腹の張りは便秘が原因ということもあります。
    妊娠する前までは、便秘とは無縁という方でも、便秘になってしまうことがあります。


    そこで妊娠中の便秘対策をお教えします

    ①食物繊維が豊富に含まれている寒天を食べる。
     寒天ゼリーを手作りしたり、市販品もいろいろ売られていますよ。

    ②なるべく散歩などをしてよく歩くようにする。
     買い物は、車ではなく歩きで行くようにするといいかもしれません。
     妊娠中のストレス解消としてデパート内を歩きまわりウィンドーショッピングしても楽しそうですね。

    ③さつまいもを食べる。
     蒸したり、やきいもにしても。余裕があればスイートポテトを手作りしてもいいですね。

    ④かかりつけの産婦人科医に相談をしてみる。
    最近では、妊娠中でも服用できる便秘薬があります。
    また、漢方を処方してくれる産婦人科もあります。

    以上の方法を試してみてくださいね。

  • ちょっと怖い病気が隠れていることも!!

  • 妊娠中は超音波などで、赤ちゃんの様子や子宮の様子などを定期的に観察します。
    そうした検診の機会に、子宮内の病気に初めて気がつくこともあります。

  • 卵巣のう腫

  • 妊娠中の手術は、ちょっとやっかいです

    妊娠中に卵巣のう腫が見つかる場合もあります。基本的に妊娠中は手術を行いませんが、のう腫が5~6cm以上ある場合は茎捻転を起こすことがあるので、やむなく妊娠中期に手術をすることがあります。妊娠初期は、赤ちゃんに影響があるので麻酔をかけられませんし、胎盤がまだ不安定なので、流産につながるおそれがあります。また妊娠後期になると子宮が大きくなるため、卵巣が骨盤の奥に入ってしまい手術がしにくくなります。さらに子宮が大きくなるときに、卵巣がひっぱられて茎捻転を起こす危険もでてきます。そのため、手術を行う場合には妊娠14週~16週くらいに手術をするのが一般的です。この場合は、腹腔鏡手術は行えませんから、開腹手術になります。
    出典 :若い世代に多い、卵巣のう腫 | 産・婦人科 | +Wellness プラスウェルネス
     

    14週が手術できる時期ってことだそうです。でも・・・お腹を開いて手術しないといけないって・・・。

  • 虫垂炎

  • Q.私は今、妊娠14周目なんですが、おへその右のあたりか゛すごく痛くなります。昨日も病院に行きましたが赤ちゃんは元気でした。昔、盲腸になって薬で散らした事があるんですけど、妊娠中にも盲腸にはなるんですか?

    A.妊娠中でも虫垂炎になることがあります。妊娠中は虫垂の場所が上に移動するので、妊娠4~5カ月では痛みの場所がちょうどへその右横位になります。また、妊娠中の虫垂炎は少し診断が難しいので診断が遅れることがあります。もし、本当に妊娠中に虫垂炎になると大変です。診断が遅れると手術がやりにくくなって傷も大きくなりますし、炎症がおなかの中に拡がって流産することもあります。痛みが強くなったり吐き気がでてきたら我慢せずにすぐに病院へ行って下さい。軽い痛みでも自然に収まらないようなら早めにもう一度病院へ行きましょう。へその横から足の付け根にかけてチクチクする突っ張るような痛みなら妊娠中によくあるので心配ありません。
    出典 :Qー妊娠
     

    流産の危険性も・・・注意しましょう!

  • 子宮筋腫

  • 子宮筋腫を持っている人は、女性ホルモンの影響でさらに大きくなり、子宮に圧迫されて痛むことがあります。筋腫は大きさや場所によっては、流産や早産、分娩障害などのリスクが高くなるので、超音波検査で筋腫があると診断された人は、経過を注意深く診ていく必要があります。
    出典 :妊娠中のおなかの張り、痛み、出血の判断基準|プレママタウン
  •  

    妊娠14週のお腹の張りは、「張り」だけじゃなく、痛みが伴う場合は特に注意が必要です。
    切迫流産の危険性にも注意しましょう。
    赤ちゃんのためにも、「張り」があったら病院へ。