肺癌の手術についてのまとめ

肺癌にかかってしまったとき、手術する際に心がけておきたいこと、またその注意点などについてまとめました。

view588

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺癌の原因は何?

  • 非喫煙者でも、肺癌になってしまうのです。

  • 実は、喫煙が原因での発症は約20%。
    残りの80%は原因不明である上に、タバコを吸わない人というデータがあります。

  • 肺がんの死亡者数はますます高くなる一方とみられています。

  • 病気について、自分で勉強することも大切なことです。

  • 肺がんは自覚症状に乏しいため、早期発見が難しいことが原因と言われています。
     

  • 進行が速い肺癌

  • 肺がんは癌の中でも1、2を争う進行度合いと言われています。

  • 肺癌を早期発見するための方法は?

  • 肺癌の検査方法には、CT・レントゲン・超音波エコー・生検などがあります。
    このなかでも肺癌をより早期に発見できるといわれている検査は、CTと呼ばれている検査です。

  • 肺癌の手術はどんなふうにするの?

  • 肺がんの手術は、肺にできたがんを完全に取り除くことを目的に行われます。手術は治療効果の高い方法ですが、切除する範囲が大きい場合は、手術のあと息切れなどが起こることがあり、手術によって患者さんの状態がかえって悪化してしまうと考えられる場合は、手術以外の方法を検討します。

    肺は大きく右肺うはいと左肺さはいにわかれていますが、右肺はさらに3つ(上葉じょうよう、中葉ちゅうよう、下葉かよう)、左肺は2つ(上葉、下葉)の肺葉はいようにわかれています。

    通常は、がんが含まれている肺葉の切除(肺葉切除)、もしくは片側の肺全ての切除(片肺全摘かたはいぜんてき)を行います。ただし、患者さんの体力が通常の手術には耐えられないと考えられる場合や、早期のがんの場合には、肺葉の一部のみを切除することもあります(縮小手術)。また、ほとんどの手術でリンパ節を切除し(リンパ節郭清りんぱせつかくせい)、がんがリンパ節に転移しているかどうかを調べます。
    出典 :外科療法(手術)と副作用 | 肺がんの治療と副作用 | がんを学ぶ
  • 手術にあたっては、必ず禁煙を。
    十分な基礎体力をつけて臨みます。

  • 肺癌の手術・治療の名医と言われているドクターたち

  • 早期発見で、現場復帰した芸能人は?

  • 柴田恭平さん。復活されました。

  • 俳優の峰岸徹さんも早期発見により、抗がん剤と放射線での治療を行い、手術にまで至らなかったとのことです。

  • 肺癌の術後に気を付けたいこと

  • 不安は医師や看護婦に相談。あるいは家族に胸のうちを聞いてもらうなどして、心のケアにもつとめましょう。

  • 苦痛なく、速やかに治療したいものです。

  • 肺癌 難病請負人 中村司の最も早い治療法 - YouTube