軽くみてはいけない!日焼けの危険性

日焼けの危険性から、日焼け止めの選び方、日光を浴びた後の対策まで、夏に役立つ情報をまとめました。

view1606

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    外で楽しみたいけれど、気になるのは日焼け。

  • 「日焼け」は2種類ある??

  • 日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があります。日本ではサンタンニングもサンバーンも区別することなく、一緒に「日焼け」といっていますが、肌に与える影響はまったく違います。
    出典 :良い日焼けと、悪い日焼け
     

    聞き慣れない言葉ですが…。

  • 夏、海辺などで肌を黒く焼く作用を「サンタン」といい、UVAが表皮中のメラノサイトに働きかけた結果起こります。一方、真っ赤になって水ぶくれを起こす作用は「サンバーン」といい、UVBのしわざです。
    紫外線はある一定量を超えると皮膚の細胞を破壊するという恐ろしい一面がありますから注意が必要です。
    出典 :日焼け | 紫外線って2種類あるって聞きますが? : 対策・ケア - セルフドクターネット
     

    さ、細胞を破壊!!???

  • ○サンタンニング(小麦色の肌)
    サンタンニングは皮膚が「褐色に色づいた状態」の日焼けをいいます。褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。メラニン色素は、紫外線が皮膚の深部に浸透するのを防いで、紫外線のエネルギーから、皮膚の細胞とそのDNA(遺伝子)を保護する役目をします。
    上手にサンタンニングするには、初めは日差し(紫外線)の弱い時間帯を利用し、日差しの強い時には一回の照射時間を短めにして、間隔をあけながら徐々に肌色を作っていきます。
    出典 :良い日焼けと、悪い日焼け
     

    紫外線の浴び方をコントロールしなくてはならないのですね。

  • ×サンバーン(ヤケド日焼け)
    サンバーンは皮膚が「ヤケド」した日焼けをいい、皮膚にマイナスな日焼けです。肌色が白く、角質の薄い人は、紫外線に対する皮膚の防衛能力が低いために、急に日焼けすると肌がヤケドして炎症を起こします。
    ヤケドで死んだ表皮細胞は、やがて剥がれ落ちますが、サンバーンはシミの原因にもなります。また炎症を起こしたままで、強い日差しを繰り返して浴びると、皮膚ガンのリスクが生じる恐れがあります。
    出典 :良い日焼けと、悪い日焼け
     

    皮膚がんは怖いですね。

  • 日焼けは想像以上に肌に負担を与えていた!

  • 日焼けとは、紫外線によるやけどのことです。通常は赤くほてり(サンバーン)、ほてりがおさまってくると黒く色素沈着したり(サンタン)、皮がむけたりします。敏感肌の場合、このほてりが激しかったり、ひどい肌荒れを起こしたりして深刻な肌トラブルを招き、免疫系も傷つけることがわかってきています。
    出典 :日焼け | 肌悩み別対策 | 敏感肌のケア情報 - Avene
     

    甘く見てはいけない!!

  • タンニング能力(色素生成能力)には、肌質による個人差があります。その個人差は4分類されます。

    肌タイプ1    肌の色が非常に白く、敏感肌。
             日光を浴びるといつも赤くヤケド日焼けしてしまう。
             また、シミ、ソバカスができやすい。日光を浴びてもほとんど褐色にならない。
             (メラニン色素が沈着しない)

    肌タイプ2    肌の色が白く、少し敏感肌。
             日光を浴びるとヤケド日焼けするが、その後、わずかに褐色になる。

    肌タイプ3    肌色がいくぶん茶系。敏感肌ではない。
             日光を浴びても軽いヤケド日焼けする程度。
             数回の日光浴で肌色が褐色に変わる。

    肌タイプ4    普段の肌色がこげ茶色。
             日光を浴びるとすぐに褐色になり、きれいな肌色に焼けて、なかなかさめない。
    出典 :日焼け能力は肌質に左右されます
     

    人によって度合いが違う!あなたはどのタイプ??

  • 肌タイプ

  • よく耳にする紫外線とは一体??

  • 紫外線とは太陽の光に含まれる電磁波のことで、波長の長い紫外線Aと波長が短い紫外線Bとがあります。波長の短いものほど大気中の酸素やオゾン層に吸収されてしまい、紫外線Bも大部分がそうなるため、人間が浴びている紫外線の90%以上は紫外線Aで、残りの10%弱が紫外線Bになります。その中で地上に届く紫外線A波とB波が主に「日光皮膚炎」の原因となります。
    出典 :うっかり日焼けしてしまったら? 日焼け後のお手入れと日光皮膚炎
     

    最近はオゾン層の破壊も気になるところ…

  • 必需品!日焼け止めの選び方

  • [サンスクリーンの利用]
    日焼け止めにはさまざまな種類があり、日焼け止めのパッケージに記されているSPF値(紫外線防護係数)が高いほど効果があると思っている人も少なくないようです。しかし、SPF値が高すぎるとアレルギー反応が起きる恐れもあるので、普段の生活で使う場合はSPF値15程度のもの、海水浴などのときはSPF値30前後のものが適当です。
    出典 :うっかり日焼けしてしまったら? 日焼け後のお手入れと日光皮膚炎
     

    てっきりSPF50が一番良いのかと。

  • 肌に合わない日焼け止めを使ってしまう、使用目的と使用シーンにあったSPF・PA値のものをきちんとつけていないなど、日焼けによる肌のトラブルの原因は様々です。また、どんなに高いSPF値のものをつけていてもこすったり汗をかいたりして、日焼け止めがとれてしまい、日焼け止めの効果が発揮されないこともあります。
    出典 :日焼け | 肌悩み別対策 | 敏感肌のケア情報 - Avene
     

    こまめに塗りなおすことが大事!

  • SPF値
    0~12 … UVB防止効果がある 
    13~29 … UVB防止効果が高い
    30以上 … UVB防止効果が非常に高い
    ※注意 SPF値が高いと、肌がかぶれたりアレルギー反応を起こしたりする場合があります。

    PA値
    PA+ … UVA防止効果がある
    PA++ … UVA防止効果が高い
    PA+++ … UVA防止効果が非常に高い
    ※注意 PA値が高いと、肌が乾燥しやすくなります。
    出典 :うっかり日焼けしてしまったら? 日焼け後のお手入れと日光皮膚炎
     

    数値が高いから良いわけではない!自分に合った日焼け止めを見つけよう。

  • 紫外線を浴びてしまった後の対策

  • 紫外線を浴びてほてってしまったらまずは、鎮静化をはかるのが一番です。汗やメーキャップも含めた表面の汚れをていねいに落とした後、冷水や冷えたタオル、氷などで冷やすといいでしょう。しばらく冷えた状態にして肌を落ちつかせます。シミがこわいからと美白化粧品などはあわてて使わずに、少し間をおいて赤みなどが引いてから使用しましょう。通常は、数日たってからがいいでしょう。
    出典 :日焼け | 肌悩み別対策 | 敏感肌のケア情報 - Avene
     

    日焼けは皮膚の火傷。冷やすのが一番ですね。

  • [ビタミンC,E,βカロチンが含まれる食品を摂取する]
    紫外線によるシミやしわ、皮膚がんなどにならないようにするには、活性酸素の働きを抑えるような食材を食べると効果的です。活性酸素の働きを抑える食材には、果物などに豊富に含まれるビタミンC、大豆などに多く含まれるビタミンE、ほうれん草などに多いβカロチンなどがあります。普段の食事で不足しがちなら、サプリメントで補うのも賢い方法です。
    出典 :うっかり日焼けしてしまったら? 日焼け後のお手入れと日光皮膚炎
     

    内側からも対策しよう。

  •  日光浴によるダメージを少なくするためには、食物の栄養成分を利用する方法があります。 よく知られているように、ビタミンCやベータカロチンには、肌のダメージを修復してシミを予防する力があります。日光浴の後のメラニン色素の過剰な増加を抑制する働きもあるので、ぜひ摂るように心がけましょう。
     また、タンパク質とビタミンB群を豊富に含む食べ物をコンスタントに摂ることも大切です。具体的には、牛肉やレバー、腎臓などのモツ類が有効。これらがあまり得意じゃなくて…という人には、手軽に服用できるタブレットも強い味方になってくれます。ビタミンB2はじめ、ニコチン酸を主としたビタミンB群を常用タブレットとして愛用すると皮膚の抵抗力が格段にアップします。
    出典 :紫外線から肌を守る食事
     

    タブレットは手軽で便利かも!