コレステロールを減らそう!紅花油☆

コレステロールを減らす働きのある油の
紅花油を使って健康に過ごそう☆

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 紅花油

  • 紅花油は原料となる種の種類によってハイオレイック種とハイリノール種に大別できる。ハイオレイック種はオレイン酸を多く含み、ハイリノール種はリノール酸を多く含む。近年多く販売されている紅花油は、オレイン酸を多く含むオレイック種である。
    出典 :紅花油 - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
  • 紅花油

     

    リノール酸とオレイン酸にはコレステロールを減らす働きがあるようで、生活習慣病や動脈硬化を予防する効果が期待できるのす!
    オレイン酸には便通を改善する効果があり、リノール酸には高血圧を予防する効果があるのです!!
    紅花油は健康効果の高い油ですが、過剰に摂取すると中性脂肪を増やすため、摂取量には注意して下さいね!

  • 健康成分

  • オレイン酸
    □紅花油(ベニバナ油)に含まれる成分(オレイン酸)の効果があると思われるもの
    心臓病(心疾患)/便秘/アンチエイジング/痴呆症/コレステロール/高血圧/抗酸化作用
    出典 :紅花油(ベニバナ油) - 健康マトリックス
  • ビタミンE
    □紅花油(ベニバナ油)に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
    肝臓/過敏性腸症候群(IBS)/バストアップ/血液サラサラ/生理痛(月経痛)/風邪/加齢黄斑変性症
    出典 :紅花油(ベニバナ油) - 健康マトリックス
  • リノール酸
    □紅花油(ベニバナ油)に含まれる成分(リノール酸)の効果があると思われるもの
    高血圧/コレステロール/動脈硬化/痴呆症/アンチエイジング/十二指腸潰瘍
    出典 :紅花油(ベニバナ油) - 健康マトリックス
  • ピュアオイルと混合オイル

  • 調合油も植物油どうしの混合だから悪いものとはいえないが、その油特有の風味や健康効果を期待する場合は、ピュアオイルを選ぶこと。 また、搾ったままの油にはほんの少量混じっている爽雑物のなかに健康によい成分がある場合もあるので、精製していない油を選ぶのが賢明。
    出典 :紅花油 効能
  • 紅花油は不飽和脂肪酸のリノール酸が油脂類のなかで最も多く、血中コレステロール値を下げる効果が注目されている油です。ベニバナ油は酸化されやすく、揚げものには不向きです。ただ最近は品種改良でオレイン酸の多いベニバナが作られ、酸化されにくいベニバナが主流になっています。
    出典 :紅花油(ベニバナ油) - 健康マトリックス
  • 紅花自体

  • 婦人病を改善する効果

     

    紅花茶は「女性に優しい健康茶」として有名なのです!
    紅花は血液の流れを良くし体を温め、冷えを改善する効果があります!
    血液をきれいにし、流れを良くする働きから血液の不調が原因の月経痛や月経異常の改善に用いられているようです!
    アンチエイジングや更年期障害の軽減などに効果があるのです!

  • ●生活習慣病の予防・改善効果  植物油脂に多く含まれる不飽和脂肪酸は、体の生理活性作用を担っており、健康に様々な効用をもたらします。また不飽和脂肪酸の一部は人間の体内で合成できないため、植物性油脂から摂取する必要があります。
    出典 :紅花(こうか) | 成分情報 | わかさの秘密
  • ●便秘を解消する効果  オレイン酸は血中の悪玉(LDL)コレステロールを減少させるとともに、胃酸の分泌を調整して胃酸過多や胃潰瘍を防いだり、腸内環境を整えて便秘を予防・解消するなどの効果があります。また、紅花の色素成分やカルコンにも整腸作用があり、便秘や下痢の解消に役立ちます。
    出典 :紅花(こうか) | 成分情報 | わかさの秘密
  • こんな人へおすすめ

  • ○婦人病でお悩みの方○冷え性の方
    ○生活習慣病を予防したい方
    ○コレステロール値が気になる方○動脈硬化・心臓病を予防したい方○血圧が高い方○便秘でお悩みの方
    出典 :紅花(こうか) | 成分情報 | わかさの秘密
     

    普段の油を変えてみるのも良いかもしれませんね