短期間で痩せたいなら、睡眠時間もムダにはできない!!!!【3・3・7睡眠法】のススメ★

短期間でダイエットしたいなら、睡眠時間もムダにはできない!睡眠時間も痩せ痩せ痩せ!【寝るだけダイエット法】をプラスして、ダイエットプログラムを強化しましょう。

view366

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「寝るだけで痩せる」ダイエット法が世の中にはあるんです…

  • 正しく眠るだけで1カ月に1キロダウン

     

    私たちの体は正しく眠るだけで毎日300キロカロリーを消費します。これは1カ月強で1キロの計算。カロリー消費を促しているのが「成長ホルモン」。寝ている間に体のダメージを修復する働きがあるため、若返りホルモンとしておなじみですが、実は脂肪を分解する「痩せホルモン」としての役割もあるんです。痩せホルモンの働きを活発にすれば、無理なく自然に痩せられる!というわけです。

  • では、【正しく寝る】とは…

  • 「3・3・7睡眠法」

     

    寝るだけで痩せるなんて信じられないという人もいるでしょう。
    そんな人は、騙されたと思って「3・3・7睡眠法」を試してみてください。

  • やり方

     

    「3」:夜中の3時には寝ている

    「3」:眠りはじめの「3」時間はまとめて寝る

    「7」:1日トータルで「7時間」の睡眠を目指す

  • 最初の「3」

     

    痩せホルモンは22~3時の間が最も分泌されやすい時間帯。夜ふかししがちな人でも、3時には眠っていたらぎりぎりやせホルモンの分泌タイムに間に合います!

  • 次の「3」

     

    痩せホルモンが分泌されるのは、眠りについた直後の3時間。この時間はぐっすり深い眠りにつけるようにすることが大切です。

  • 最後の「7」

     

    1日のトータルの睡眠時間が短い人ほど太りやすくなるというデータがあります。心身の健康に好ましい睡眠時間が7時間です。

  • この睡眠法をやるだけで、痩せホルモンが活発になり
    美しく健康的に痩せれるようになります。
    寝るだけダイエットを実践する上で、欠かせない要素というわけです。
    出典 :キレイに寝て痩せる睡眠方法
  • 睡眠時間が7時間の人に比べて
    ・5時間睡眠の人は肥満率が52%高く
    ・4時間睡眠の人は肥満率が73%高い
    こういうデータが出ており、
    睡眠時間が少ない人ほど、太りやすくなるということがわかります。
    適正な睡眠をとることが健康に痩せる秘訣です。
    出典 :キレイに寝て痩せる睡眠方法
  • 眠りの質を上げるには? 日々気をつけたい6つのポイント

  • (1)寝室・寝具はいつもキレイに

     

    ホコリだらけの汚い部屋では、快適に熟睡できません。1日1回、目についたホコリをティッシュなどで軽く取る程度でもいいので、部屋にホコリをためないように。ついつい放っておきがちな枕カバーやシーツも、週に1度は洗濯するようにしましょう。

    (出典)http://news.livedoor.com/article/detail/8429304/

  • (2)「寝床内気候」を整える

     

    聞きなれない言葉ですが、布団の中の温度や湿度のこと。温度は32~34度、湿度は40~60%にすると、寝心地がよく感じられるそう。冷暖房を効かせすぎても逆に寝付きが悪くなるので、タイマーなどを活用し、できるだけ自分の体温と寝具で調整するようにしましょう。

    (出典)http://news.livedoor.com/article/detail/8429304/

  • (3)顔の位置は床上30センチ以上に

     

    空気中のホコリなどは、時間の経過とともに下へと溜まっていきます。もっとも空気が汚いとされているのは床から約30センチの高さ。寝ている間に汚れた空気を吸わないよう、布団で寝ている人は、マットレスなどで高さを調整して30センチより高い位置に顔が来るようにしましょう。どうしても難しい場合には、空気清浄機を活用して。

    (出典)http://news.livedoor.com/article/detail/8429304/

  • (4)真っ暗な部屋で眠る

     

    明るい環境では眠りを誘う「メラトニン」というホルモンの分泌量が減り、深い睡眠が得られにくくなります。遮光カーテンを利用するなど、工夫してみて。

    (出典)http://news.livedoor.com/article/detail/8429304/

  • (5)テレビ・パソコン・スマホには要注意

     

    最近よく聞く「ブルーライト」は、PCやスマホなどの画面から出ている光で、メラトニンの生成を抑制し、睡眠を妨げるといわれています。寝る2~3時間前には、PCやスマホの画面を見ないようにしてぐっすり眠る準備を。

    (出典)http://news.livedoor.com/article/detail/8429304/

  • (6)湯船に浸かって快眠!

     

    お風呂では湯船に浸かりましょう。体の表面温度を上げ熱を放出させることで、内臓の体温を下げ、眠りを誘います。理想的なのは、就寝1時間前、約38~40度のぬるめのお湯に最低10分間、ゆっくりと浸かること。時間がない人は、39~42度のお湯に、足や手を3分間浸けるだけでも同じ効果があります。手軽にできるので、寝付けないときにもおすすめです。

    (出典)http://news.livedoor.com/article/detail/8429304/

  • しっかり良い睡眠をとることが、ダイエットにつながる!短期間ダイエットを目指すなら、ぜひ寝ている間も集中痩せ!にトライしてみては?