高齢出産の年齢は何歳なの?【高齢出産と妊娠について】

高齢出産の年齢は何歳か知っていますか?女性の社会進出とともに、高齢出産率も高まってきています。高齢出産と妊娠について勉強をしましょう。

  • green 更新日:2014/04/19

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産の年齢は何歳??

  • 日本産婦人科学会によると高齢初産とは、35歳以上の初産婦と定義されている。1993年以前は30歳以上の初産婦であったが初産が40歳以上になると特にリスクが高まることから変更された。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 高齢出産の中でもおよそ50歳以降の出産を、特に「超高齢出産」と呼ぶこともある。この年齢になると大部分の女性は排卵が終了して、自然妊娠が出来なくなっていることが多いが、非常に少数の例外として自然妊娠して出産する事例はあり、過去に自分の卵子を凍結しておいたり他の人の卵子を使うことによって妊娠して出産する事例もある。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
     

    卵子の凍結による妊娠についてですが、卵子が凍結されたときの年齢が卵子の年齢となるため、高齢出産リスクである卵子の老化を防ぐことができます。

  •  

    高齢出産にはどのようなリスクがあるのでしょうか?高齢出産のリスクは大きく分けて2つあります。高齢妊娠に関するリスクと、高齢分娩に関するリスクです。この2つに関して、もう少し詳しくみていきましょう。

  • 【高齢妊娠に関するリスク】

  • 年齢が高まるほど卵子の質が劣化または老化し、染色体異常などが起こりやすくなる。(加齢からの精子のDNA損傷による影響も確認されている。)
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
     

    卵子の老化によって、染色体異常が起こり、その結果流産などの心配が増えます。

  • 新生児のダウン症の発症率が増加する。(ダウン症も一種の染色体異常である。)
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 【高齢分娩に関するリスク】

  • 高齢分娩の最大のリスクはその妊産婦死亡の高さである。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
     

    妊産婦の死亡率が40歳以上の出産で、5.3倍にもなると言われています。

  • 高齢出産では、高血圧、心疾患、血液疾患など脳出血に関わる問題をかかええるリスクが高まります。
    出典 :4/4 「脳出血」実は妊産婦死亡のトップか [妊娠の基礎知識] All About
     

    妊産婦の死亡原因の第一位が脳出血です。

  •  

    35歳以上の女性と、20代の女性では赤ちゃんを授かる能力に差がでてくるのが現状です。高齢出産では、規則正しい生活を心がけることや、ストレスをためないように生活をすることが大切です。

  • 高齢出産と分娩について

  • 高齢出産の分娩事情についてもみていきましょう。高齢出産をすると帝王切開率が高いのでしょうか?

  • 高齢出産には帝王切開が多いといわれています。実際、35歳未満の帝王切開率が15.5%なのに対し、35歳以上では46.1%という報告もあります。
    出典 :高齢妊娠・出産-妊娠出産のお金大辞典-
     

    高齢出産の帝王切開は緊急的なものではなく、予定されたものが多いようです。

  • 高齢出産では、帝王切開(あるいは吸引分娩)になる可能性が高いとされています。しかし、それは「高齢」という不安から医師ならびに産む人が強気になれず、早めに医療介入を行うためかも知れません。
    出典 :【どんな分娩になるの?】 - 35歳からの高齢出産