早期発見で脳腫瘍の完治に繫げる

種類や経過によって脳腫瘍の完治率はそれぞれですが、より早い発見で完治に繋がる可能性も高い病気です。

view241

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳腫瘍の原因は

  • 脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現在でも不明です。ただし、腫瘍の進行を助長するものとして、高たんぱく・高脂肪食品の過剰摂取、過度のストレス、喫煙などがあげられています。また、ほかの臓器にがんがある場合、身内に脳腫瘍を発症した人がいる場合は、脳腫瘍のリスクが高くなると考えられます。
    出典 :脳腫瘍|種類|原因|症状|検査
     

    原因はまだはっきりしていませんが、普段の生活で防げるかもしれません。

  • 脳腫瘍の原因は、いまだ研究段階ではっきりとわかっていないのが現状です。

    特に携帯電話やパソコンの電波に長時間接していると、脳腫瘍の発生リスクが上がるということが言われていますが、因果関係はまだはっきりとはしていません。
    出典 :脳腫瘍の原因とリスクをご解説!
     

    現代の生活習慣がもたらすかもしれません。

  • 脳腫瘍の発生頻度

  • 脳腫瘍(中枢神経を含む)の発生率は、1年間に人口10万人に対して約3.5人です。
    出典 :脳腫瘍(成人):[がん情報サービス]
     

    発生率は高くはありませんが、生活習慣などこれから見直していきましょう。

  • 小児の悪性腫瘍のうち脳腫瘍は白血病に次いで多くみられる腫瘍です。1年間に発生する小児脳腫瘍は,人口10万人あたり2人弱といわれています。
    出典 :小児の脳腫瘍について
  • 脳腫瘍患者のうち15歳未満の発生率は13~14パーセント、65歳以上の高齢者になると11パーセント程度、残りの約75パーセントは45~55歳という働き盛りに集中しています。
    出典 :≪脳腫瘍≫ 75パーセントが45~55歳の働き盛りに。ガンが脳に転移することもある | 縁処日記
  • 脳腫瘍の完治率

  • みなさんのなかには、病名を聞いただけで「不治の病」や「怖い病気」というイメージを抱く方がいらっしゃるかもしれません。
     しかし、決してマイナスイメージばかりではなく、脳腫瘍は、きちんと治療すれば完治する可能性の高い病気でもあるのです。
    出典 :脳腫瘍|種類|原因|症状|検査
     

    病気は早期発見が大事といわれています。脳腫瘍も早期発見、早期治療で治せるかもしれません。

  • 脳腫瘍全体の5年生存率は、平均して約75%です。これは他のがんと比べても良好な結果となっています。

    ただし、脳腫瘍といっても良性・悪性などさまざまで、種類により5年生存率は大きく異なります。
    出典 :脳腫瘍の予後と5年生存率〜医学的な病状の見通し〜
     

    種類にもよりますが、脳腫瘍は他のがんよりも生存率が高いです。

  • 脳腫瘍全国集計調査報告によれば良性の脳腫瘍である髄膜種では93%、下垂体腺腫は96%、神経鞘腫は97%です。
    出典 :脳腫瘍について
     

    悪性の場合は完治率も低いですが、良性の場合はとても高く、また医療研究が進められています。

  • 脳腫瘍は全体として悪性のものが多く、その細胞の形や性質により細かく分類されています。治療法、完治の可能性や予後は、この脳腫瘍の種類と全身状態によりほぼ決められます。
    出典 :脳腫瘍(成人):[がん情報サービス]
     

    悪性の可能性が高いのは残念ですが、早期発見で完治の可能性もあるはずです。

  • 原発性脳腫瘍は大きく良性と悪性に分けられます。良性腫瘍の多くは、摘出手術により、治癒する可能性が高いものです。髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などがこれに相当します(これらの腫瘍でも一部、悪性のものがあります)。ただし、腫瘍の部位によっては手術で全部取りきることが、かえって障害を大きくする場合があり、その際は、手術で全摘出しないこともあります。また、手術で全摘出した場合でも、ときに再発することもあります。しかし、再発する場合、何年も後のことがほとんどです。
    出典 :脳腫瘍 | がんプロ.com