知らないと危険!【実はNG】なスキンケア

お肌のための毎日のスキンケア…その方法が間違っていると、逆効果!あなたは大丈夫ですか?

view382

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 長時間のクレンジング

  • 1分以上はNG!

     

    メイクを強力に落とすクレンジング。ついじっくり時間をかけたくなるけど、長い時間のクレンジングは肌の保湿成分まで洗い流してしまうことも。短い時間で、ササッと落とす!これがクレンジングの鉄則です。

  • ゴシゴシ洗い

  • “泡”洗顔が基本です

     

    ゴシゴシこすってしまうと肌に負担がかかり、乾燥肌の原因に。洗顔料で洗い流す時は泡をしっかり作り、けしてこすらず、スポンジのようにふわふわとあてて、たっぷりの水(ぬるま湯がおすすめ)で流しましょう。力は一切かけなくて大丈夫です。

  • お肌の手入れを後回し!

  • 入浴後についついリラックス…の前にスキンケア

     

    お風呂上りの水分をたっぷり含んだ肌を、そのまま自然乾燥させるのはNGです。大切な保湿成分を蒸発させるので、肌が乾燥してしまいます。タオルで優しく拭いたら、すぐに化粧水や乳液で保湿!軽く水分が残っている状態で保湿するのがベストです。コットンパックなどの保湿ケアの後も同じく、すぐにクリームなどで“蓋”をして下さい。

  • 強めのマッサージ

  • 手のひらで優しく!が基本

     

    マッサージは新陳代謝を活発にするので、乾燥肌にも効果があります。でも強い力でのマッサージは肌を痛めてしまうことも。マッサージの際は必ずクリームなどを塗って、手のひらでやさしくゆっくり行いましょう。

  • 熱めのお風呂

  • デトックスを期待してしまいますが…

     

    肌の保湿成分であるセラミドは、42℃以上になると機能が崩れてしまいます。さらに熱いお湯で長風呂するとダメージ大。お風呂はなるべく、38~39℃のぬるめのお湯につかりましょう。

  • 長時間の保湿パック

  • 時間はしっかり守りましょう

     

    手軽に保湿できるシートマスク。長時間つけたままにするのはNGです!マスクが乾燥してくると、肌の水分まで蒸発してしまうので、逆効果!潤いの残っているうちに、終わらせてクリームなどでしっかり潤いに蓋を!

  • シャワーで洗い流す

  • 水圧にご注意!

     

    シャワーの水圧は思っているよりも肌の負担になっています。これを繰り返すと、皮脂が取れやすくなり乾燥の原因に。

  • 1日に2回以上の洗顔

  • 必要なものまで洗い流してしまいます!

     

    クレンジングや洗顔は肌の汚れを落とすことが目的ですが、1日に何度も洗うと必要な皮脂や油分まで取り過ぎてしまいます。すると肌は外部からの刺激を受けやすくなり、肌荒れを引き起こしやすくなります。洗顔は多くても1日2回まで。それ以上行いたい場合は洗顔料などを使わずに。