おすわり期の子供とどう遊んだらいいの?【親子遊び】

簡単に遊ぶといっても
どうやっておこなったらよいか
わからない人のためのまとめです

view294

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • この時期の赤ちゃんは

  •  

    おすわりはじめの赤ちゃんは、まだ体勢が不安定なので倒れても安全な環境で行いましょう。この時期に体を動かす経験が、丈夫な体づくりにつながります。赤ちゃんの機嫌のよいときに行い、名前を呼んだり、笑いかけたりしてコミュニケーションをとりながらあそびましょう。好きな音楽をかけてリズムにのって動くのもおすすめです。

  • 安全な場所であそぶ
    強く揺さぶらない、激しい動きは避ける
    赤ちゃんが喜ぶスピードで(赤ちゃんが目で追える速さで動く)
    腕や脚を強く引っぱらない、特に急に引っぱらない
    いやがるときはやめる
    出典 :おすわり期の遊び|【赤ちゃんと遊びながら産後エクササイズ】ベネッセ子育てインフォ
     

    この辺は気をつけたい所になると思います

  • ママに必要とされる事は

  • 骨盤を立てる
    左右対称(シンメトリー)な動きで行う
    基本的に左右同じ回数行う
    動かしにくさを感じる方向があれば、
    そちらを少し多めに動かしてもよい
    難易度を上げるのは基本の動作が
    無理せず行えるようになってから
    出典 :おすわり期の遊び|【赤ちゃんと遊びながら産後エクササイズ】ベネッセ子育てインフォ
     

    これらをチェックしておいてくださいね

  • より楽しく遊ぶ為のポイントはこれだ

  • 赤ちゃんの目を見て、語りかけるようにふれあいましょう。
    声のトーンは赤ちゃんの反応を見ながら変えるのがポイントです。
    「やらなくては」という気持ちではなく、おうちのかたもゆったりとした気持ちのときに触れ合いましょう。
    出典 :おすわり期のふれあい遊び|おやこでHAPPY♪ おむつがえ
     

    スキンシップがいやにならないようにね

  • 遊びはこんなのがある

  • 赤ちゃんと遊びながら産後エクササイズーおすわり期2

     

    だっこでぐるぐると遊びます

    ママにはエクササイズ効果も期待できますよ

  • 赤ちゃんと遊びながら産後エクササイズーおすわり期1

     

    平らな所でおこなうので
    骨盤のゆがみやずれが調節されます
    女性には嬉しい効果ですよね

    育児もエクササイズに取り入れちゃおう

  • パパも出来る遊びもある

  • 遊び方

     

    350mlの空のペットボトルに、軽く丸めたアルミホイル、 ちぎった折り紙、ビーズなどを入れてフタを閉めて。

    ボトルの中身やキャップを誤飲しないよう、フタをビニールテープなどでしっかり留めておきましょう。



    赤ちゃんの前に転がします。



    赤ちゃんが自分でペットボトルを転がしたら、おうちのかたが返してやりとり遊びを。

  • はいはいの準備もできちゃう遊びです
    いろいろな赤ちゃんの動きのきっかけにもなるので
    是非チャレンジを

  • 遊び方

     

    おうちのかたが床に座り、ももの上に赤ちゃんを乗せます。



    両脇をしっかり支え、「おうまさん、パッカパッカパッカ♪」とリズミカルに言い、それに合わせて脚を上下左右に揺らして。

  • 空間を意識できるようになります
    このような遊びを通して、育児を楽しんでくださいね