妊活してる!?妊娠しやすいからだづくりとは

妊娠しやすいからだと、妊娠しにくいからだとあるようです。どういう体が妊娠しやすいのでしょうか?

  • kei 更新日:2014/10/01

view107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊活って?

  • そもそも妊活とはどういうことでしょうか?

  • 妊活」とは何かを説明すると、妊娠をするために前向きな活動すること。将来、自然に妊娠しやすくするためのカラダ作りや生活スタイルを整えることです。
    出典 :妊娠するための基礎知識をつけよう!「妊活」って何? | パピマミ
     

    妊娠するための活動のことですね!

  • 妊活をすることで妊娠しやすいからだ作りを目指すんですね!!

  • 妊娠しやすいからだとは?

  •  

    妊娠しやすいからだと、妊娠しにくいからだがあるようですが・・・妊娠しやすいからだの状態とは?

  • 現代社会はストレス社会と言われていますが、ストレスは女性ホルモンの天敵で、脳の視床下部や脳下垂体はストレスに非常に弱いと言われています。そのため、なるべくリラックスして過ごすよう心がけるのも大切です。
    出典 :妊娠しやすい体づくり | 診療内容 | 北見産婦人科の愛成病院
     

    ストレスが少ない、もしくは発散している人は妊娠しやすいそうです。

  • 適度な運動によって血液の循環をよくすると、女性の場合は骨盤内の血流の滞りが解消され、生殖器官の働きがよくなります。一方、男性も適度な運動を心がけることで体の機能が向上し、勃起力、射精能力が高まります。どのような運動をするかは、自分の体力に合わせて選ぶとよいでしょう。
    出典 :妊娠しやすい体づくり | 診療内容 | 北見産婦人科の愛成病院
     

    適度の運動を日頃から行っている人は妊娠しやすいようですね。

  • 冷え性は妊娠しやすい体づくりの大敵です。血行が悪いと卵巣に酸素や栄養が十分に届かず、卵巣機能の低下を招くのです。食事や日常生活を見直して冷え性を改善し、妊娠しやすい体づくりをしましょう
    出典 :妊娠しやすい体づくり | 診療内容 | 北見産婦人科の愛成病院
     

    冷えしらずな人は妊娠しやすいようです。冷え性は万病の元であり、女性の敵でもあります。冷え対策をしましょう。

  • 脳が働き卵巣が機能するのも、食べ物から得た栄養の おかげです。ダイエットによる無月経は、視床下部からのホルモン分泌を障害して、難治性の排卵障害の原因になります。そのため、ダイエットのために食事を抜くのは逆効果です。 1日3食が基本であり、できるだけ朝食・昼食・夕食の時間帯を規則正しくすることです。
    出典 :妊娠しやすい体づくり | 診療内容 | 北見産婦人科の愛成病院
     

    基本的にバランスのとれた食事を心がけている人は妊娠しやすいようです。産まれてくる赤ちゃんのことも考えてバランスのいい食事を心がけましょう。

  • 痩せすぎの場合は、女性ホルモンの分泌量が少なくなる場合もあります。逆に太り過ぎの場合は、女性ホルモンの分泌量が増えますが、体重に対してホルモンの量が追いつかないため、こちらもホルモンバランスが崩れる要因です。無理なダイエットはよくありません。
    出典 :妊娠しやすい体づくり | 診療内容 | 北見産婦人科の愛成病院
     

    ダイエットしすぎは不妊に近づくようです。太り過ぎも良くないようですので、自分にとって適切な体重を目指しましょう。

  •  

    タバコや、お酒も控えましょう!

  • 妊娠前と妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である神経管閉鎖障害のリスクを低減できることが分かっています。日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。
    出典 :妊娠しやすい体作り
     

    葉酸を摂取するように心がけましょう!

  • 自分は妊娠しやすいかどうかを調べてみる!!

  • 生理不順や不正出血を起こしていると妊娠しにくくなると言われます。自分に正常な生理周期で生理が来ているか確かめてみましょう。生理周期は、基礎体温を付けると分かるようになります。基礎体温表を付けることで、妊娠しやすい日と言われる排卵日の目安も分かるようになるので記録してみてください。
    出典 :妊娠しやすい体作り
     

    異常があればすぐに産婦人科で受診しましょう!