知っておきたい睡眠薬とその副作用についてのまとめ

睡眠薬について、きちんと知っていますか? 服用する前に、その作用、副作用についてちゃんと理解しておくためのまとめです。

view483

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠薬について、あなたはちゃんと知っていますか?

  • 市販の薬に、安易に手を出していませんか?

  • 効果の持続時間など、薬によっても違うのです。

  • 何となく、睡眠薬を使うことに抵抗があったりする人もいますよね。

  • きちんと医師の診察を受けることが大切です。

  • 睡眠薬を使用する方法があります。
    日本では医師の処方箋がないと、睡眠薬を受け取ることは出来ません。
    不眠で悩んでいる人の中には、うつ病など他の病気により不眠が起こっている場合もあるため、医師の診察を受ける必要があるのです。
    不眠の症状や要因がわかっているのであれば、それを医師に伝えることで適切な睡眠薬を処方してもらえるでしょう
    出典 :睡眠障害と睡眠薬 :睡眠障害の基礎知識
  • 市販の睡眠薬を使っても大丈夫?

  • 友達も使っているから、試してみたいんです。

  • 薬剤師さんに相談してから使うことがベストです。

  • 病院は、何科に行けばいいの?

  • まずは精神科、精神神経科、心療内科で診てもらいましょう。

  • 睡眠外来についても知っておきましょう。

  • 最近は睡眠専門の外来も増えて来ました。

  • ストレスを抱えている人も多く、そのせいか不眠症と診断される人も増えてきています。そのため、睡眠に関するさまざまな問題について相談したり、治療を受けられる睡眠外来を設けている病院も増えてきました。専門的に睡眠障害を改善してくれる医師がいて、検査機器や設備なども整っていますので、正確な診断・適切な治療をしてくれます。

    睡眠薬は不眠の症状をやわらげてくれますが、改善してくれるものではありません。もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシー、特発性過眠症、周期性傾眠症などの特殊な睡眠障害かもしれません。その場合は、原因を追究するとともに適切な治療が必要です。
    出典 :睡眠薬のもらい方-どの病院(何科)で処方してくれる?
  • 睡眠薬の副作用は、どんなものがあるの?

  • おもな副作用は以下の通りです。

  • こるとされる副作用には次のようなものがあります。
    •眠気やめまい、覚醒と集中力の欠如
    •車の運転への支障
    •筋弛緩作用によるふらつきや転倒
    •睡眠薬の飲み過ぎやアルコールの併用による記憶障害
    •性欲や勃起の減衰
    出典 :睡眠薬の副作用とは?|眠りやすい体づくりでできること
  • 積極的に、眠りやすいからだを作りましょう!

  • ポイントは、セロトニン!

  • 眠りやすいからだ作りに欠かせないものに、セロトニンがあります。
    これは幸せ物質とも呼ばれる、精神をささえる神経伝達物質。
    セロトニンを出して、心の状態を整え、眠りやすいからだを作っていきましょう。

  • セロトニンを出す方法って?

  • 深呼吸、ウォーキング、朝の太陽光を浴びる、無理せず、ほどよい休息を心がける。
    こんなことを習慣にして、「眠れるからだ」へ整えていきましょう。

  • 飲む前に、学びましょう。

  • 睡眠障害(睡眠薬:睡眠導入剤):知識ゼロから薬を学ぶ(第一章) - YouTube